金を貸してる女社長に、彼氏がいるのを承知で中出ししてみた1

会社のWEB関係の仕事を数社に出していたんだけど、その中に女の子の社長がいた。
麻耶ちゃんとしておこう。
25歳で170cmくらい。
学生時代に仲間数人で立ち上げた会社の代表。
ちょっと好き嫌いがあって、背も高く気が強く自己主張もある変わった子。
若くして社長をするだけに、少し普通ではない。

可愛いけど、敬遠する男も多いと思う。
それに彼氏がいると公言していた。
仕事は女性ばかりで可愛く作ってくれる。
俺より若いのに、よほどしっかりしている。
 
別にひいきもしていなかったし関係も至って普通。
麻耶の会社の取引は、こちらにしてみれば大した額ではない。
車の話で気があったくらいかな。
ちょうど彼女が車を探している時に、
俺が勧めた車に買ってくれたりなど話が合った。

で、いつの頃からか深刻そうになってきた。
話を聞くと大口がなくなるらしい。

調子のいい時に買ったお洒落な輸入車は、今はローンを組んで支払いが苦しいとか。
上手くいっていた頃は良かったが、金回りが悪くなると人が離れてゆく。
ボーナスも減額していて、仲間だった会社の人間関係も悪くなり始めた。
いつも明るく前向きなので、愚痴も混ざった雑談は意外だった。

そして、随意契約で長期契約を頼まれた。
随意といってもこっちは民間企業なんだけどね。
麻耶はかなり切羽詰っている。

これまでの契約は半年更新で合見積とって決めていたが、実は半年毎に稟議を上げるのも面倒だったりもする。
同情を誘った手かもしれないが、契約更新時の合見積で麻耶の会社が取れるように価格調整をした。
背任だと思っていたが、面倒な更新の度に見積もりを取る手間も省ける。
もともと麻耶の会社に出す契約分だ。
契約先がかわったら、一から説明しないといけない。

稟議書いて3年更新に変えた。
契約額だけ見ると麻耶にとって大きな契約になる。
印紙の額がいつもと違った。

個人的に融資をした。
麻耶の車は法人所有だったのを、麻耶の個人所有に変えて高く買い取る。
会社の自己資本を増やすために迂回したような形になる。
原価償却やローンの支払いなどを心配をして車に乗るのって嫌なものだ。

車が好きな俺は、かわいそうな気がしてローンの残金を出したくなった。
これはさすがに断られた。

車好きということで話をする。
最終的に車のためにということで説得した。
ローン残金は80万くらいのようだったが、100万振り込んだ。
20万でオイルやらタイヤやら買うよう勧めた。
それまでの人生で一番熱意のある行動だった思う。

麻耶から何度も礼を言われた。
契約の件については、麻耶もしてはいけないことをしている自覚はある。
ただ、彼女の会社には後がない。
少人数なので、麻耶は制作もなんでもしているようだ。
休日もあんまりないらしい。
儲けが出ている頃は休みなく働いても楽しいが、
給料が下がるなかでの残業は辛いだろう。
せめて車にのる時間だけも、楽しければいいという話をしたら麻耶は言葉に詰まっていた。
麻耶自身、役員報酬を減額していて月によっては生活費ギリギリだったりと大変そうだった。

ベンチャーといっても零細企業。
俺は忙しくても暇でも、定額の給料貰っている。
出てくる文句は、有給が取り辛いというくらい。
幸せな悩みだ。

麻耶には他の会社をいくつか紹介してあげるよといいつつ、
雰囲気がよかったので「手見せて」と言ってみる。

「はい」と目の前で開いてきたので、「ちょっといい?」と返事を確認せずに、人差し指と中指をまとめて強めに握った。

「うっ」

と声が漏れる。
これ、疲れた時に人にされると気持ちいいものだ。
セクハラかもしれないが、今の麻耶には断れないだろう。
順番に二本ずつ指を握った後は一本ずつ握り、最後に指先を強めに摘まむ。

「反対の手」と言ったら、素直に出してきた。

その日はそれで終わり。

「すっきりしました」だって。

しばらくして、紹介した他社からも契約が取れたようだった。
営業経験のない俺にはきっかけを作っただけで、何もしてない気がしたが、めちゃめちゃ感謝された。

お礼に食事に誘われたが断った。
俺は接待される覚えはないし、つまらないことで会社に便宜供与を疑われたくない。
小心者の俺にしては、今回の契約に関して十分危ない橋を渡ったつもりだ。

バレないように他社には件数を増やし小口の仕事を主にした。
あんまり美味しくないだろうが、額は2割弱の減といったところだろうか。
仮に4社あったとして2割減になれば、その減った分が麻耶の会社に入っている訳だ。
疑ってみれば怪しい。

ただ、もともと発注は均等ではないし、件数もバラバラ。
グレーだけど決定的なことはない。

それより、麻耶の会社が解散したり自己破産する方が目覚めが悪い。
期待はしてないが、俺の貸した分がなくなっても困る。
別の機会に麻耶だけ誘うことにした。割り勘ということで。

6月頃だったとおもう。
割り勘での飲み会の席。
個室で話をしていたが、酒もかなり入ったので俺もエロくなった。
それまでに手のマッサージは数回している。
親指の付け根が気持ちいいようだ。
特に抵抗もなく、麻耶の手を一通りマッサージした後におしぼりで指を拭いた。

そして俺は麻耶の指をくわえた。

「キャっ」と短い悲鳴と思いっきり手を引くが予想していたので両手で手首を握って離さない。

「汚いよ」
「やめて下さい」、
そんなこと言われても、ぐっと掴んで離さず無視。
指先から根本の方まで舐めたり噛んだりしていると、
抵抗がなくなってきた。
上目遣いで麻耶の顔を覗くと、目を逸らす。

カワイイ。

顔は真っ赤。
息もハァハァいってる。

口を離して、丁寧におしぼりで拭いた。

「反対」
「え~、するんですか?」

といいつつ、反対の手を素直に出してくる。
高い身長に比例した大きい手が嫌いだと聞いたことあった。
その細い指を丁寧に舐める。
肘裏から手を這わせて二の腕辺りの袖から手を入れて、肩口まで侵入する。

ビクビクと震えが伝わってくる。
鳥肌がものすごい。
ブラかキャミか、肩紐を指で確認する。

女の華奢な肩が大好きな俺は、何度も撫でた。
肩甲骨や首元の辺りまで手を伸ばす。
脇や胸の方には手を入れない。

細くて長い体を小動物のように縮こまらせる。
ゾクゾクが止まらないのだろう。
蚊の泣くような悲鳴のタイミングでビクビクと震える体。

「服が伸びます…」

泣きそうな声が帰ってきたので、袖から手を出した。
腕を胸の前で交差して縮こまり、
蔑んだ涙目で俺を見つめてくる。
俺に舐められた手は、しっかりとグーで握られている。
少し震えているようにも見える。

マジで勃った。
瞳がキラキラと輝いて見えた。

「なんでこんなことするのですか?」

「俺も何かあってもいいじゃない?」

しばらくの沈黙すると、雰囲気が元に戻った。
あんまり覚えてないけど、会計して解散。
麻耶も許してくれたのか、なかったことにされた。
強気で押せば、最後までできたと思う。
麻耶には年下の彼氏がいると聞いていたので、俺はイタズラのつもりだった。
このくらいいいよね。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2016/10/10 21:02 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在298人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング