このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

普段からレイプされるのを妄想していた私ですが、現実は悲惨でした

29歳の会社員、既婚です。夫は大学の工学部の助教で、月に何度か帰宅しますが実験や学会の出張やらで忙しく、付き合ってた頃お互い忙しい時間を都合して愛し合っていたのが嘘のように、夫婦生活は途切れています。子供もいません。
住まいは夫の実家ですが、義父は早くに亡くなり、義母も若いのに既に認知症で施設に入っていますので、広い家に私一人でいることがほとんです。
そんな状態なので、私は独身の時と同じように会社勤めを続けています。
結婚してこの家に入ってすぐ、裏の家の男の人に興味をもたれ、つけ狙われ続けていました。その人はEさんといい50代後半、古い家の一人息子とのことですが、両親も亡くなって一人で住んでいます。親の残したお金で暮らしており、仕事はしていません。ずっと家にいます。女性からすれば生理的に受け付けないタイプの男性です。よれよれのスエットの上下にサンダルで周囲をうろつき、すれ違うと悪臭がします。

私は最初当然怖くて、夫も十分以上に気をつけてくれていました。でも最近は少し慣れて、特に危害を加えられるわけでもないし、暇だから周りの事に興味がある変人くらいに思うようになりました。逆に、私は夫とのセックスが満たされていない思いからか、少しずつEさんの気を引くような行動をとるようになりました。私が会社からの帰りに駅前のスーパーで買い物をしていると、Eさんも待ち伏せしていたように買い物をします。


最初はなるべく遭遇しないよう、電車の時間をかえたり降りる駅を一つ向こうにしたりしていましたが、わざと同じ時間の電車で同じ時間に買い物をして、狙われやすいようにしました。スーパーから家までは後ろからずっとついてきますが、気付かないふりをして歩きました。スカートの短いスーツにハイヒールを履き、脚やお尻に視線が突き刺さるような感覚に興奮を感じながら歩くようになりました。

Eさんのような汚い男にレイプされる自分を想像すると興奮しました。本当に襲われるのはさすがに怖すぎますが、行動は少しずつエスカレートしていきました。ゴミの日にはEさんは必ずウチの後にゴミを出します。私は伝線したストッキングを、わざと見えるように半透明のゴミ袋に入れて出しました。窓のカーテンの隙間からゴミ置き場を伺っているとEさんが出てきてゴミを捨て、ゴソゴソとウチのゴミを漁っている様子でした。

出勤時に確認するとウチのゴミ袋に破いた穴があって、ストッキングはなくなっていました。Eさんが私のストッキングの匂いをかいだりして自慰行為をしていると思うと会社でも仕事に集中できず、トイレで少しだけオナニーしてしまいました。

ゴミの日の前日は、スーパーからの帰りにわざとストッキングを少し伝線させて、ついてくるEさんにわかるようにしました。次の日の朝ゴミを出すと、Eさんは待っていたようにすぐに出てきて、私の伝線したストッキングを持ち帰りました。その日は会社からの帰りスーパーにEさんはいませんでした。家に着くと、玄関の門の内側にストッキングが落ちていました。唾液と精液ですごく汚れていて、Eさんの悪臭がしました。


私が気味悪がるのを期待しながらEさんが覗いているに違いないので、ストッキングをつまんで気味悪そうにしながら外のゴミ箱に捨て、逃げ込むように家に入りました。次の日の朝、出勤時にEさんと出くわしました。きっと私の反応を確かめるためでした。私は犯人がEさんであることに気付かないふりをして「おはようございます。」と少し笑顔であいさつをして通り過ぎました。Eさんは何も言わず私の背中を見送っているようでした。

犯人がEさんだと確信してる風に、怖がって逃げた方が良かったかなと思いましたが、警戒していないように見せる方がいいと思ってしまいました。そして、その数日後、とうとうEさんに襲われてしまいました。その日もEさんはスーパーには現れず、もうすぐ家というところでEさんに「Sさん」と呼び止められました。私が「あ、こんばんは。」と会釈するとEさんは「あなたのお家からウチの方に洗濯物が落ちてきたから、取りに来て。」とぶっきらぼうに言い、サンダルを引きずりながら自分の家に戻って行きました。

確かに洗濯物はEさんの家側の2階のベランダに干していますので、Eさんの家の方に落ちても不思議ではありません。少しスリルを感じ胸の鼓動が高鳴りましたが、体格の割に気の小さそうなEさんは捨てたストッキングにいたずらする位しか度胸がないという勝手な思い込みもあり、まさかという思いで後ろからついてEさんの家に行きました。


Eさんの家の玄関は電気もつけず、すでに日も落ちていたので中は暗くてよく見えませんでした。何とも言えない悪臭が充満して、洗濯物を返してもらったらすぐに立ち去ろうと思いました。中からEさんがYシャツを手に出てきました。確かに夫のYシャツのようでした。差し出されたシャツに「すみません」と手を伸ばしたとたん、手首をものすごい力で掴まれて、中に引きずり込まれました。

玄関の上り口や靴箱に思いっきり脚や腰を打ち付け、抵抗することもままならず腰が抜けたように奥の部屋に引きずられて行きました。ゴミ屋敷のような部屋で、Eさんは私の上に馬乗りになり、首を絞められました。血走った目に殺されると思いバタバタと抵抗しましたが、すぐに意識が遠のいてもう死ぬんだと感じました。そのまま気を失いました。

体中の痛苦しさで目が覚めると、自分の家ではない古い天井が見えました。自分がまだ生きているとわかりましたが、体は全然動きませんでした。意識が少しずつはっきりしてくると、口には何か詰め込まれてガムテープがべったりと貼りつき、両腕は背中の後ろで手首が括られ、胸ごと縛られていて全く動かせず、両足首は1メートル位の金属の棒で開いて縛られていました。


太股から股にかけて生温かい気味の悪い感触があり脚を閉じようとしましたが全く動かず、なんとか首を持ち上げて下の方を見ると、Eさんの巨体が目に入りました。Eさんは私のタイトスカートの中に潜り込むように頭を入れていました。あまりの異常な光景に恐怖で気が狂いそうになり、喉が潰れるように悲鳴を上げながら後ずさりしようとしましたが、悲鳴はくぐもって声にならず、身動きもできず、Eさんが私の下半身に襲いかかるのを止める方法はありませんでした。

私が意識を取り戻して抵抗しようとするほどにEさんは興奮したようで息遣いが荒くなり、うひひひと気持ち悪い低い笑い声を出しながらストッキングやショーツの上から脚や股を執拗に舐められました。細い棒のようなもので股間を突かれ、乱暴に押し込もうとするのが痛くてたまらず何度も声にならない悲鳴を上げながら、脚を突っ張りました。Eさんは立ち上がり、部屋の電気をつけました。小さい丸い蛍光灯がつき、洗濯物やゴミが散乱した、擦り切れた畳の部屋の様子がわかりました。

私がここにいることを誰も知らないと思うと生きた心地がせず、誰かに知らせなきゃと何度も叫び声を出しましたが、外に聞こえるような声にはならず、それでもぎゃーぎゃー言うのでEさんにまた首を絞められました。「うるさくしたら殺してやる」と首を絞められたまま凄まれて、あふれる涙でEさんの顔がぼやけました。いやいやと首を振ると「言うこと聞いて大人しくしろ」と言われ、今度は首を何度も縦に振ると首からEさんの手が離れました。

私は恐怖のあまりそこで漏らしてしまいました。尿がたまっていたので止まらず、ショーツからスカートからぐっしょりと濡らしました。Eさんは私の尿をすするようにしてショーツを舐め、畳をすすりました。これから何をされるかと恐ろしくて必死に逃げようと部屋の中を見渡すと、三脚とビデオカメラが目に入りました。

回転式のモニターがこちらを向いていて、私の全身と脚の間にのっそりとしたEさんの体が映っていました。ビデオを撮られているとわかり、言葉にならない声でやめてやめてと叫び顔を背けました。Eさんは私の首をぐいっとカメラの方に向け、頬をはたきました。そしてブラウスの胸を両手で掴み、ぐいぐいと開いていきました。ビビビッという布が引きちぎられる音がして、強引にブラウスの前が開けられました。手で破るのは大変だと思ったのかEさんはハサミを持ち出し、良く切れないハサミでブラジャーを何度も切ろうとしましたが、上手くいきませんでした。


ハサミを放り投げて両手で思いっきり引きちぎるとブチッと音がしてブラジャーが取り払われました。縄が胸の上下にきつく食い込んでいて、乳房が縄 の間から突き出るように露出しました。Eさんは私の乳房を乱暴に揉んだり舐めたり、乳首を噛んだりしました。乳首をぎゅーっと抓られて痛い痛いと叫ぶと面 白がって何度も抓りました。女を痛めつけていじめるのが好きな変態だと思うと、気が遠くなりまた気を失いました。

気がつくと、口のガムテープと詰められたものがとられていました。口に入っていたのはストッキングでした。私がゴミに捨てたストッキングかも知れません。Eさんは私に覆いかぶさって、胸を揉みながら唇を吸っていました。気持ちが悪くていやいやすると両手で髪を鷲づかみにされ、逃げられない口に強引に舌をねじ込んできました。口中舐めまわされ、顔も舐められ、首筋もハアハアと荒い息遣いで舐めまわされました。Eさんの口臭のひどい唾液が体中にべっとりとまとわりつきました。

Eさんは私のストッキングの股の部分をビーッと破り、ショーツをずらして指を入れてきました。尿で湿っていましたが中は恐怖で濡れていませんでしたので、痛くて指が入りませんでした。口の詰め物がとられていたので痛いっ!と悲鳴を上げると頬をひっぱたかれ「うるさい黙ってろ!」とまた手を上げられました。私は口をぎゅっとつぐみ、声が出ないように我慢しました。

Eさんは私の柔らかい肉に擦り傷をつけるように強引に指を出し入れしました。そしてEさんはスエットとパンツを脱ぎ捨て、私の上半身を起こすと毛むくじゃらの下半身を私の顔に押しつけました。今まで嗅いだ事のないような悪臭に襲われ吐き気がしました。口を開けさせられ、Eさんのものを咥えさせられました。喉の奥まで固いもので何度となく突かれ、お昼から何も食べていなかったのでおう吐するものがなく、胃液のような苦い粘液がこみ上げてきました。

Eさんが自分のものを抜くと私はぐったりとしてもう抵抗も何もできなくなりました。Eさんは私の足首の縄を一度解き、両足を抱えて脚を舐めまわしながら私を犯しました。私の口を犯していたEさんのものがメリメリと私の中に押し入ってきました。ずっとセックスをしていなかったのできつくて痛くて仕方がありませんでした。


Eさんはそんなことは構わず強引に乱暴にしました。足の裏をしゃぶられつま先をじゅるじゅると音を立てて咥えられながら、何度も何度も下半身を強く押しつけられました。Eさんはあー!あー!と動物のように声を上げて白眼を剥くぐらい興奮の絶頂に達し、私の中に思いっきり射精しました。Eさんはまた私の足首を棒に縛りなおし、私の性器を指でいじりました。Eさんの精液がドクドクと私の中の方から出てくるのがわかりました。

私は絶望でぐったりとして、されるがままでした。少しすると自分が戻ってきて、とにかく家に帰ろうと思いました。心も冷めてきてEさんに「もう満足でしょ。帰りますからこれ解いて下さい。」と言いました。Eさんは何も言わずに私を見下ろしていました。私はEさんの態度に腹も立って「ねえもういいでしょ!帰して!これ解いてよ!」と強い口調で言いました。Eさんは立ち上がるとストッキングを拾ってまた私の口に詰め込もうとしました。

「何するのよもうやめてよ!」と叫びましたが頬を叩かれ、無理やり口を開けさせられてストッキングを口に入れられました。ガムテープで口を塞がれてしまいました。Eさんは「アンタのダンナ今日も帰ってこないんだろう。まあ帰ってきてもここにいるのは知らんだろうしなあ。」とニヤニヤとして言いました。「まだ一回しかやってないのに帰せるもんか。ホラもうこんなに元気になっちゃった。」と固くなったEさんのものを私の頬にグイグイと押しつけてきました。

Eさんは洗濯バサミを持ってきて、私の両方の乳首を挟みました。それだけでも千切れるほど痛くて悲鳴を上げましたが、それを右左にねじったりひっぱったりして苛められました。その次は私がスーパーで購入した食材が漁られ、ごぼうを取り出すとベロベロと舐めました。これを入れられると察知した私が逃げようとすると脚を括られている棒を踏まれました。脚を何とか閉じようともがく私の膝も抑えつけられ、ごぼうで性器を突かれました。


「やめてやめて!」と叫ぶ声もこもってしまい、ごぼうが私の中に入ってきました。固いとげのある木の棒でつつかれ、ヤスリでゴリゴリと削られるような激痛が走り、悲鳴を上げ続けて体中を揺さぶりましたが、上半身も下半身もきつく縛られていて抵抗になりませんでした。丸出しの性器がEさんの好きなようにもて遊ばれ、傷つけられました。ごぼうの切り口がピンク色になって、出血しているのは明らかでした。

Eさんはそれにも興奮して、ごぼうをしゃぶってはまた入れてかき回すのをくり返し、私が悲鳴を上げてのけぞるのを楽しんでいるようでした。その後また犯されました。今度はうつ伏せにされて腰を持ち上げられ、後ろから入れられました。脚の棒は外してもらえず、股関節が外れそうに痛みました。Eさんの気が済むまで何度も何度も突かれ、おうっ!おうっ!という声を上げてまた中に出されました。


出されてもまだ突かれて、ぐじゅっぐじゅっという音が静かな部屋に響いていました。Eさんは私の中からどろっと出てくる精液を指でいじりながら、満足そうにしていました。縛られたままの脚をストッキングの上から舐め上げられ、ふくらはぎを噛まれました。歯形が残るほど噛まれました。Eさんは私のストッキング脚が好きなようで、何度も何度も脚を舐めます。私が抵抗すると棒を踏んで動けなくして、スカートをわざと下ろしたり上げたりして、中を覗き込むようにしていじったりするとまた興奮してきて、3回目犯されました。

あお向けで脚を縛られたまま棒を上に持ち上げられ、脚を開いた形で犯されました。3回目になるとなかなか射精せず、途中でごぼうを入れられたり、乳首の洗濯バサミを引っ張られたりと私が痛がるのを眺めては興奮して、強く突いてきました。30分くらいかかって射精され、Eさんももうこれ以上はできないようでした。

私は縄を解かれました。そしてEさんはまた私の首を締めながら「ビデオを撮ったからな。誰にも言うなよ。」と凄みました。私が首を縦に振ると、「また呼んだら来い。」と言います。首を横に振っていやいやするとまた思いっきり首を絞めて「殺してやろうか。」と言います。涙でぐしょぐしょになった私の顔を舐めて、Eさんは「また来いよ。」と再度言うので、首を縦にふりました。


「免許証を預かってるからな。」と言って、私が気を失っている間にバッグの中から取り出したのか、免許証を取り上げられていました。「ちゃんと来ますからそれは返して下さい。」とお願いしても「次に来たときに返してやる。」と取り合ってもらえませんでした。首絞めが終わり、私は解放されました。自分のものを拾って家に逃げ帰りました。もう日が変わるような深夜でしたが、夫は今日も帰りません。

一人でシャワーで泣きながら体を流しました。呼んだらまた来いと言われ、免許も取り上げられ、どうしようという気持ちでいっぱいでした。Eさんの気を引くような行為をしたことを、なんて馬鹿なことをしたのかと後悔しました。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた3
 


従順な妻を演じてきましたけどもう我慢できません

彼女が親父のチンポに負けた理由

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>