このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

電車の中で触ってきた彼がイケメンだったけど目が怖くて、されるがままでした

相手は20代後半か30ちょっとのリーマン。
いつも乗ってる電車がすごく混んでいて、乗ったら身動きできない状態。

初めて痴漢された時は、ジャケットの下にニットを着てたんだけれど、ジャケットのニットの上から胸を揉まれてから、「あっ」と思ったら、次にお尻をなでられた。

「誰?」と思っても、後ろを振り向けなくて。。
うつむいてたら、両足を彼の足で広げられて、スカートの上から太ももをサワサワと撫でられた。
緊張してたんだけれど、すごく感じてしまって、、うつむいたまま。

駅に止まって、人が少し動いてホッとしたら、その人が私の正面に来て、電車が動いてからすぐに、今度はスカートの下から手を入れられて太ももを撫でられて。。

恥ずかしくて顔をあげられなくて。。
そしたらショーツの上から手を密着されて。
「ダメ」と思って、彼の手を下に下げようとしたら、力が強くて下げられなくて。

かえって力を入れられて密着されてしまいました。

「誰?」と思って、顔を上げたら、結構、カッコいい人で。
彼がマジな目をして私を見返したので、ドキッとして。

ちょっと怖い目をしてたので、抵抗できなくなっちゃって。
そのままになっちゃって。

ちょっとの間、手がショーツの上に密着されたままだったんだけど、指がショーツの上から動き始めて。

アソコが刺激されちゃって、「イケナイっ」て思ったんだけど、私も感じちゃって。
そのままに。感じちゃってたんだけれど、、でも怖くて。

一度は顔を上げたんだけれど、彼が怖い目をしていたので、すぐに私、うつむいちゃって。

でも、指が同じところを刺激するので、すごく感じちゃって、ショーツが濡れちゃった。
どーしよ、どーしよ、、と思ってたら、そこで彼が降りる駅になっちゃって、彼が降りちゃった。

ホッとしたけれど、ちょっと残念な気持ちにもなっちゃって。

次の日、「あの人、いるかな」と思って同じ電車に乗ったら、いて。
私もいけない、って思ってたんだけれど、なぜだかあの人に会いたくて。

その気持ちに勝てなかった。
その人は2駅くらいはちょっと離れていたんだけれど、すごく混み始める駅から近くに来て。

前の日と同じようにスカートから手を入れられて、ショーツの上から。
どきどきして、すぐに濡れてきちゃって。

でもずっとあそこをショーツの上からコリコリされるから、思わず、小さなため息。

ため息がでちゃってから、恥ずかしくて、頭を彼の胸の上辺りに押し当てて。
そしたら、ますます強く刺激されちゃった。

息が荒くなっちゃう、、、周りに気づかれちゃうよ、、、と気になって気になって、我慢してたら、ますます濡れちゃって。

ショーツがすごく濡れちゃったのが自分でもわかった。
はじめてショーツの中に手を入れられたのは、4回目の時。

私が乗る駅に電車が来て、彼が降りてきて私に密着して腰に手を廻して電車の中へ。

いつもはちゃんとシートがあるのに、その日はシートがなくて、私は車両の隅に彼に行かされて、私の正面に彼が立って。

電車が動きはじめて、すぐに私の身体を触りはじめて。
隅だから逃げられないし、前に彼はいるし。

恥ずかしくて横を向いてたら、スカートの中に手が入ってきてショーツの上から刺激。
自分が濡れてきて、彼の手がショーツの中に入ってきて。。

「あっ」と思って、思わずのけぞったら、顔が上を向いちゃって、私の顔を見られるような感じになっちゃた。

恥ずかしくて、すぐにうつむいたら、片方の手で顎を上げられて、すぐに強くクリを刺激されました。
中を指でかきまわされたというか。。

「ああっ」て思って、声が出そうになったけれど、電車だし我慢して、、、でも、顔に出ちゃってたと思う。

彼が「クス」とか笑ったので、恥ずかしくて。。
またうつむいちゃったけれど、すぐに顎を上げられちゃって。
ずっと指でかきまわされて、、足とかガクガク震えてきちゃって。

もう立っていられない、、って思ったら、あの人が私の腰に手を回して身体を支えてくれて。
でも、手はショーツの中で。

もう感じすぎちゃって、「もうダメ。」と思って、ショーツの中の手を私の手で引っ張り出そうとしたんだけど、力が強くて無理だった。

やめさせたかったんだけれど、返って指が強く動いちゃって。。
声がでちゃったらどうしよう、どうしよう、、って思って、ほんと足がとか、、、がくがくになっちゃって。。。

やめてくれないし、力は強いからショーツの手を出すのはあきらめて、彼の腕にをしがみついちゃった。

そしたら、ふっと彼がショーツから手を抜いてくれて、ほっとしたら、今度は私の手を掴んで、彼のあそこに。。。

なんか引っ込めるのも悪い感じがして、そのままにしてたら、チャックを開けて、私の手を誘導。

「どうしよう」と思ったけれど、立ってたし、私もHな気分になってしまっていたので、パンツの上から撫でてあげた。

彼の顔を見てみたら、マジな目で私を見てたので、、、私も、とってもHな気分になっちゃって。

右手で持ってたバッグを自分の肩にかけて、両手で彼のを撫でてあげて。。
彼はびっくりしたみたいだけれど、そのまま。。

彼の降りる駅が近づいてきたので、手を離して。。。
私の手を彼はちょっとだけ掴んだけれどすぐに離して、、私はうつむいたまま。

そのあと、、彼が降りていった。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた3
 


従順な妻を演じてきましたけどもう我慢できません

彼女が親父のチンポに負けた理由

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>