このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら06【オリジナル】

志保は、秀夫に乳首を吸われながらも、押しのけようとしたりしていない。秀夫は、志保の乳首を吸うだけではなく、その大きな乳房も揉んでいた。
『ダメ、ダメだって、う、んぅ、ふぅ……』
志保は、ダメと言いながらも無抵抗だ。そして、困ったような顔で俺を見てきた。

俺は、志保が愛撫されている姿を見て、やっぱり興奮していた。嫉妬とか、やめて欲しいとか、そんな気持ちも多少あるが、興奮の方がはるかに大きい。
『志保ちゃん気持ちよさそう……。ねぇ、続きしてぇ』
麻美ちゃんは、快感にとろけた顔でおねだりをしてくる。乳首だけでイクほど敏感な麻美ちゃん。まだ、快感の余韻が抜けていないようだ。秀夫は、麻美ちゃんの声に反応して、チラチラとこちらの方を見ながら志保の胸を愛撫する。
舌で、舐め取るように乳首を舐め、そして、指でも乳首をつまんでいく秀夫。
『い、いや、うぅっ、あ、あっ、それダメぇ、うぅっ、あっ、あっ! あっんっ!』
志保は、困ったような顔のまま、あえぎ始めてしまった。志保も、乳首は感じる方だ。と言うか、乳首が感じない女の子なんているのだろうか? でも、麻美ちゃんみたいに乳首だけでイケるのもまれなんだろうなとは思う。

俺は、ソファの上で乳首を舐められている志保を見つめながら、ベッドの上でとろけた顔になっている麻美ちゃんの乳首を触り始めた。
麻美ちゃんの乳首は、ロリな見た目とは違って、少し大きめだ。そして、志保と比べると色も沈着している感じだ。でも、そのギャップがたまらなくエロいと思ってしまう。幼くて、性的なものとは無縁な見た目なのに、実は結構使い込んでいる……。そんな妄想をしてしまう。

そして、麻美ちゃんの乳首は、まだカチカチのままだった。
『んふぅ♡ 乳首気持ちいいぃ……。龍平くんの触り方、なんかエッチだね』
麻美ちゃんは、うっとりした顔で俺に言う。
「続きって、何をして欲しいの?」
俺は、麻美ちゃんに質問した。
『舐めて欲しい……。クリを舐めて欲しい』
麻美ちゃんは、荒い息遣いで言う。舐められるのを想像して、もう興奮している感じだ。

すると、それを聞いていた秀夫が、泣きそうにも、絶望しているようにも見えるなんともいえない顔で麻美ちゃんを見た。でも、すぐに志保に向き直ると、素早い動きでアソコに顔を押し当てた。
『ちょっ、ダメっ! イヤ、ダメだって! 洗ってないし、本当にダメだって!』
志保は、秀夫の頭をグイグイ押しながら押しのけようとする。でも、秀夫の逞しい身体は、ビクともしない。そのまま、強引に脚を広げてアソコを舐め始めた秀夫。
『うっ、イ、イヤァ、ダメぇ、ひぃ、うぅっ、あっ、あっ! あぁぅ……』
志保は、秀夫にアソコを舐められ始めて、一気に抵抗が緩んでしまった。そして、甘い声も漏らし始めた。

顔を真っ赤にして、助けを求めるような顔で俺を見つめる志保。でも、麻美ちゃんが俺のアレを握って、
『すっごく固くなってるw』
と言った。その言葉を聞いた途端、志保は俺から視線を外してしまった。そして、秀夫のことを押しのけようとする動きも、完全にやめてしまった。
秀夫は、志保の抵抗がなくなったことで、夢中で志保のアソコを舐め続ける。ピチャピチャという音が響くほど、勢いよく舐め続ける秀夫。

『あ、あっ、うぅ、あぁっ! き、気持ちいいぃ、秀夫くん、そこ凄く気持ち良い……』
志保は、もう普通にあえぎ始めてしまった。顔を気持ちよさそうにとろけさせ、秀夫の頭を撫でながら、俺以外の男のクンニを楽しんでいる。
さっき、志保は秀夫にフェラチオは無理と言ってしなかった。俺は、がっかりもしたが、よかったと安堵する気持ちもあった。でも、結局フェラする以上の衝撃的な光景を見ることになってしまった……。

すると、麻美ちゃんが、
『すごく固くなってるね。欲しくなっちゃう……』
と、小さな声で言った後、口でくわえてくれた。そして、すぐに絡みついてくる小さな舌。俺は、イッたばかりなのにもうエロい気持ちでいっぱいだった。
それなのに俺は、麻美ちゃんにフェラチオしてもらいながらも、志保のことが気になってしかたなかった。志保は、もう完全にあえぎ声を上げてしまっているし、抵抗もしていない。最後までしてしまうのではないか? そんな不安で胸が苦しくなる。

すると、麻美ちゃんが俺のものをくわえたまま、俺をベッドに寝転ばせるように身体を押してきた。俺は、ベッドに仰向けに寝転がりながら、志保の方を見ようとした。でも、麻美ちゃんが身体を半回転させるようにして、俺の顔にアソコを持って来た。目の前にある麻美ちゃんのアソコは、本当に子供のソレみたいだった。全くの無毛で、ビラビラなんかもほとんどはみ出ていない小さなアソコ。

そして、膣口からあふれて垂れてきそうな程濡れている。
「凄く濡れてるね」
俺がそんな言葉をかけると、麻美ちゃんはビクッと身体を小さく震わせた。そして、頭を動かしてフェラチオを続行する。俺は、我慢しきれずに、麻美ちゃんの濡れすぎたアソコを舐め始めた。ビクッと身体が震え、
『んっ、んーっ、んふぅ♡』
と、俺のアレをくわえた口から、くぐもったうめき声が漏れてくる。

麻美ちゃんのクリトリスは、半分ほど包皮から姿を見せていた。たぶん、志保の倍くらいはありそうなほど大きい。ロリな麻美ちゃんに、こんなにいやらしいクリトリスがくっついているのが不思議だ。俺は、姿を覗かせているクリトリスに舌をはわす。
『んっーーっ! んっ! んっ! んふぅぅ♡』
麻美ちゃんは、フェラチオを続けながらも声がどんどん大きくなる。俺は、夢中で小さなアソコを舐め続けた。


『恥ずかしいよ! 無理! したことないもん! ダメだって! ちょ、ちょっと! イヤァ……』
志保の声に驚いてそちらを見ると、秀夫が強引に69の体勢にしようともがいていた。志保は、さすがに抵抗する。でも、マッチョな秀夫にコントロールされ、秀夫の顔の上にアソコを持って来た状態になってしまった。

「志保ちゃん、垂れてきてるよ」
秀夫がそんなことを言うと、
『イヤぁーっ! バカッ! 変なこと言わないでよっ!』
志保は、ムキになったように叫ぶ。俺とも69をしたことのない志保は、これが初めての69だと言っていた。俺は、志保の初めてを奪われてしまったことが凄くショックだった。そして、志保のアソコがあふれるほど濡れているという事も、ショックだった。

俺は、チラチラと志保の方をうかがいながら、麻美ちゃんのクリトリスを舐め続ける。焦らしたりしながら、甘噛みなんかも織り交ぜ、持てる技術のすべてをぶつけていく。

『あっ、あっ! あっ! 凄く気持ちいいぃっ! 龍平君、上手だね、本当に上手、うぅっ! あぁぁっ♡』
麻美ちゃんは、俺のアレを口から出してそんなことを言う。そして、またすぐにくわえてくれる。麻美ちゃんも、本当にフェラチオが上手だ。いつも秀夫のデカいものをくわえているせいか、俺のもの程度ならやりやすいのかも知れない。

『うぅぁっ! あっ! イヤぁぁ、す、吸っちゃダメぇ、嫌っ! あぁぁっ! あーっ!』
志保の声に慌ててそちらを見ると、秀夫が志保のアソコに口をつけて責めていた。志保は、そんなことを言いながらも背中を軽くのけ反らせながらあえぐ。

すると、麻美ちゃんが、
『志保ちゃん、凄く気持ちよさそうだね。ほら、あんなに顔の近くにおちんちんがあるよ。くわえちゃいそうだね』
と、俺をいじめるように言う。確かに、志保の唇に触れそうな位置に秀夫のアレがある。本当に、大きい。固さでは俺の方が勝っているそうだけど、やっぱり劣等感を感じてしまう。

「志保ちゃん、俺のも……」
秀夫が、遠慮がちに言う。すると、志保はチラッと俺の方を見た。でも、俺が麻美ちゃんのアソコを夢中で舐めているのを見て、すぐに秀夫のアレに視線を戻してしまった。

そして、少し間があったが、大きく口を開け始めた。志保はそのまま秀夫のアレを口に含んでいく。長い秀夫のソレは、半分ほど志保の口の中に消えた。志保は、すぐに舌を絡めたり、頭を前後に動かすようにしてフェラチオを始める。志保は、わざとなのかも知れないが、舌をチラチラと見せてくる。
太い秀夫ものもをくわえながら、志保の舌が秀夫の竿を舐めるのが見える。

『本当に太いんだね。ごめんね、どうしても歯が当たっちゃう……』
志保は、うわずった声で言う。すっかりと火がついたというか、興奮しているのが伝わってくる。

夢中で69をする二人を見ながら、俺は激しく興奮して、もうイキそうになっていた。
『まだダメだよ。イッちゃダメだからねw』
麻美ちゃんはイタズラっぽくそんなことを言うと、身体を起こして69の体勢を中断した。麻美ちゃんは、仰向けで寝転がっている俺のアレを凝視している。
『もう我慢できないよ……。その固いので、気持いいところ、いっぱいこすって欲しい……』
麻美ちゃんはそう言うと、俺の上にまたがってきた。俺は、さすがにヤバいと思って志保の方を見た。でも、志保はこちらに気がつかず、夢中で太いモノをフェラチオしている。志保の顔は、見たことがないくらいにとろけてエロい顔になっていた。俺は、麻美ちゃんが俺のアレを握って、自分のアソコにあてがい始めたのを、異様な興奮と共に見つめていた。

【オリジナル作品です。転載する時は必ず本文の最後にリンクを設置して下さい】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした4
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果4
・親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
 


結婚2年目のももかさん

僕の妻を、お歳暮として送ります

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>