このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

リケジョの私の冷静な初体験

こんにちは。私は大学の理学部、物理学科で学ぶ女子です。

今、リケジョ、つまり理系女子が注目を浴びていますが、私もその一人です。

文系と違い、レポート提出は多いですし、けっこう勉強に追われています。

ちなみにメガネはかけてなくて、視力はいい方です。

回りに男子は多いので、モテるかといったら、案外そうでもないです。

たまに身内の女子で集まって、他大学の男子と合コンすることもあります。
リケジョは敬遠されるかと言えば、そんなこともなく、私たちは美女揃い(?)なので問題はありません。

これは、去年の秋の学園祭シーズンが終わった頃のことです。

ある大学の男子との5対5の合コンに参加し、私はその中の一人の人とすっかり意気投合して、スマホの番号やメアドも教えあって、後日、二人っきりで会うことになりました。

そして3度目に会った時、そのまま彼の住む一人暮らしのアパートに寄ることになりました。

ワンルームですが、割と片付いていて、綺麗にしているなという印象はありました。

なんとなくいいムードだったんですが、部屋のまん中に置かれているガラステーブルを挟んで向き合って座っていて、接近してくる気配はありませんでした。

紳士的なのか、奥手なのか、私にあまり興味はないのか、それとも草食系なのか、と思っていた時、「ねぇ、手相を見てあげよう」と言いました。

私はベッドを背もたれにして座っている彼の隣に動いて、くっついて座り、手を差し出しました。

そこで、運命線や頭脳線がどうの、恋愛運がどうのと言ってましたが、そんなのって適当に言っても当たることもあるしと思いながらも、けっこう楽しいし、手の平を触られていると、何だか気持ちよくなってきました。

そして「理系だと勉強も大変だし、実験なんかもあったりで、肩が凝ったりするだろ?」と聞いてきました。

「うーん、まぁ・・・。」

たしかに大学に入ってからは運動不足にもなってるし、肩が凝るってほどオバサンでもないけど、そうかなって思っていると、「俺、けっこう子供の頃から、肩揉みやマッサージが上手で、親や親せきのおじさん、おばさんにも評判だったんだ、ちょっと試してみる?」と言い出しました。

最初はそこで座ったまま肩を揉んでくれていたんですが、「こりゃ、腰もいっといた方がいいね、ちょっとベッドにうつ伏せになってみて」と言い、私は彼の言うままに従いました。

彼の魂胆は見透かしていましたが、私は自然に振るまいました。

実はお恥ずかしい話ですが、私はその時は、まだ男性経験はありませんでした。

そして、肩から背中、腰とマッサージをしてくれました。

わき腹はくすぐったくて、笑って悶えてしまいました。

そして、臀部の両サイドを押さえられた時は、ちょっと快感でした。

もちろん、洋服、スカートの上からです。

この臀部のマッサージがまるで愛撫のようで、だんだん、あの部分がヒクヒクしてきて、濡れてきているのもわかりました。

私が少し、鼻から吐息を吐いているのを見逃さなかったのか、それをけっこう長く続け、そして、どさくさに紛れて、そのままお尻の間から股間をマッサージしてきました。

「あ、だめ・・・」というと彼はスカートをめくり、パンティの上から股間を触り始めました。

めくらなくても、すごく短いスカートなので、見えていたかもしれません。

パンティの上からでしたが、中指が割れ目の間を這い、陰核に触れると「ああっ・・・!」と声が出てしまいました。

そして、指はそのままパンティのワキから入ってきて、彼の指を濡らしました。

私が身をよじると、そのまま私を仰向けにして、彼は上になってキスしてきました。

彼の舌が私の舌にからまり、私はもうどうなってもいいと思いました。

「・・・私・・・まだ知らないから・・・」と言うと、彼は何も言わず、そのまま愛撫を続けました。

ブラをはずされ、乳首をつままれ、ころがされると切ない声が出てしまいました。

私はますます濡れてしまいました。

「シャワー借りてもいい?」と言うと、彼は「うん」と言い、バスタオルも用意してくれました。

私はロングヘアの髪の毛が濡れないように束ねて、体を洗いました。

私が済むと、彼もシャワーを浴びに行き、戻ってきてから、部屋を暗くしてもらって、またベッドの中で抱きあいました。

さすがに彼が私のあの部分を舐めようとしてきた時は拒否しました。

恥ずかし過ぎるからです。

そして、彼が入ってきました。

その時はやはり鈍い痛みが走りました。

でも十分に濡れていたのと、彼もゆっくり動いてくれたので、思っていたほどではありませんでした。

(これがセックスか・・・)と思いました。

そう言えばアレは着けてくれたのかなと思いましたが、用意がなかったようで、「中はダメだから・・・」と言いました。

ずっと正常位で、10分ぐらいの挿入だったと思いますが、最後は、私のお腹の上に射精しました。

生温かい液がピュッ、ピュッとかかる感触がしました。

実は、私は自慰は11歳からしていましたが、高校生の頃からは膣の中がいいこともわかり、2日に1度する自慰も、指入れでしていたので、この時はたいした出血もありませんでした。

その夜は帰宅は深夜になりましたが、ちゃんと自宅まで送ってくれました。

それ以来、この彼と付き合うようになり、今はだいたい週3回ぐらいのセックスで、だいぶよくなってきています。

今では、お互いの性器を舐めあったり、シックスナインもバックの体位も平気になり、自分でも大胆になってきているなと思います。

もう灯りがついていても恥ずかしくなくなりました。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した6
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました4
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果4
 


陰キャの甥がヤリたい伯母さん

夫の前で他人にマワされた4人の妻たち

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
11位
アクセスランキングを見る>>