友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら02【オリジナル】

前回の話

志保は、本当に服を脱ぎ始めた。上着のボタンを外していく志保。志保は、頬を赤くして恥ずかしがっている。でも、負けず嫌いな志保は、指を止めることなくボタンを外していく。隙間からブラも見えてしまっているが、志保は止めるつもりはないみたいだ。

秀夫は、麻美ちゃんがセクシーなランジェリー姿をさらしてしまった焦りも消えて、志保のストリップショーを凝視している。俺は、とめた方が良いんじゃないかと思いながらも、麻美ちゃんのセクシーなランジェリー姿をチラチラ見ていた。

そんな風に、とめるタイミングを失ってしまった俺の目の前で、上着を脱いでブラ姿になってしまった志保。麻美ちゃんのセクシーなランジェリーとは違い、普通の可愛らしい感じのブラだけど、巨乳の志保なので、胸の谷間が凄い迫力だ。比べてはいけないと思いながらも、麻美ちゃんのぺったんこの胸と見比べてしまった。
『いいなぁ。志保ちゃんのおっぱい、いつ見ても大っきいよねぇ』
と、麻美ちゃんが自分の胸と志保の胸を何度も見比べて言う。でも、俺は、ツインテールでロリキャラの麻美ちゃんが、ぺったんこの胸でエロいランジェリーを身につけているのは、たまらなくエロいと思う。一時流行った、ジュニアアイドルのDVDのような、背徳感を感じる。

俺は、志保の巨乳も好きだけど、正直見飽きてる部分もある。でも、秀夫にとっては凄く魅力的のようで、さっきからずっと凝視している。
『見過ぎなんだけど。ゴメンね、ぺったんこで』
麻美ちゃんは、少しイラッとした感じで秀夫に言う。すると、慌てて謝る秀夫。ゴツい身体の秀夫が、ロリキャラの麻美ちゃんに必死で謝る姿は、見ていて凄く面白い。気の良い秀夫は、完全に麻美ちゃんの尻に敷かれている感じだ。

「俺、麻美ちゃんの下着姿、凄くセクシーだと思うよ。ホントにエロいよ」
俺は、慰める意味も多少はあったが、ほとんど本心でそう言った。
『ホントに? へへ。嬉しいなぁ』
麻美ちゃんは、褒められて素直に喜んでいる。可愛いなと思いながら、さらに褒めようとしたが、
『そうだよね。龍平って、いっつも麻美ちゃんのことばっかり話してるもんね。お気に入りなんだよね』
と、志保が嫉妬したような感じで言う。志保は、眼鏡の奥で、怒りで目が光っているように感じた。
志保は、真面目な見た目の通りなのか、凄く一途な性格だ。俺に凄くつくしてくれるけど、俺の浮気も絶対に許さないという感じだ。
でも、俺も浮気するほどモテる感じでもないし、そもそも志保に一切の不満がないので、浮気なんかはしないと思う。

俺は、慌てて”そんなことないって”とか言ったが、
『そんなことないの?』
と、麻美ちゃんが大げさに悲しそうに言った。二人にからかわれているような感じになり、俺は、少し顔を赤くしてしまった。

「し、下は脱がないの?」
秀夫が、緊張気味に志保に聞く。俺は、なに言ってるんだという気持ちと、秀夫に見られてしまうという焦りを感じた。でも、やっぱり少し興奮することにも気がついた。自分の彼女の下着姿を、親友とはいえ他の男に見せるなんて、興奮する要素なんてないはずだ。でも、俺は間違いなく興奮しているし、たぶん秀夫も同じだ。さっきから、俺が麻美ちゃんのランジェリー姿を舐め回すように見ているのを、何とも言えない表情で見ている。

『脱ぐよ。今脱ぐところだよ』
志保は強がるような感じで言うと、スカートに手をかけた。そして、秀夫が見つめる中、スカートを外してしまった。ブラとおそろいの、可愛らしい感じのショーツ。麻美ちゃんのショーツが、黒のレースの小さなタイプなのに対して、志保のショーツはホットパンツみたいな感じのタイプだ。
露出は少ないが、俺はこっちの方が好みだ。

『可愛いパンツ。志保ちゃんって、大人びてるのに、可愛いのはいてるんだね』
麻美ちゃんも、志保のことをジロジロと見ている。もしかして、レズっ気もあるのかな? と思ってしまう。
『麻美ちゃんだって、見た目と違ってエッチな下着だよね』
『ふふ。だって、秀夫の趣味なんだもん』
『そうなんだ。秀夫くん、こういう下着は嫌い?』
志保が妙になまめかしい口調で秀夫に聞く。
「嫌いじゃないよ! すっごく可愛いと思う」
秀夫は、すぐにそう答えた。

俺は、急に冷静になった。いつもの4人で鍋を囲んでいるが、女性陣が下着姿になっている……。こんなのは、どう考えてもダメなヤツだ。そろそろ服を着ようと声をかけようと思った時、
『なんか、ズルいよね。私達ばっかり脱いでるよね』
と、麻美ちゃんがにやけた顔で言ってくる。
『そうだよ! ほら、龍平も秀夫も脱いで、脱いで!』
志保もイタズラっぽく言ってくる。
「いや、俺はいいって!」
秀夫は慌てて拒否するが、隣に座っている志保が脱がせにかかる。Tシャツをめくりあげられて、あわてて逃れようとする秀夫。でも、麻美ちゃんも席を立って秀夫を抑え込む。そして、あっけなく上半身裸にされた秀夫。

『ほら、下も! 男らしくないよ!』
志保は、ノリノリでズボンにも手をかけた。
「わかったよ。自分で脱ぐって!」
観念した秀夫は、ズボンのボタンに手をかけた。でも、俺は男だから気がついているが、秀夫は勃起している。それを、なんとか上手いこと隠しているが、脱げばバレバレだと思う。

案の定、
『ちょっと、なに大きくしてんのw バッカじゃない』
と、麻美ちゃんに言われる秀夫。
『ホントだ。大きくなってる。秀夫くんエッチ』
志保もそんな風に言うが、顔を真っ赤にしている。でも、恥ずかしがりながらも、パンツ一枚で、なおかつモッコリさせている秀夫の股間に視線が釘付けだ。
「そりゃ、志保ちゃんも麻美もそんな格好だからさ……。龍平も同じだって」
秀夫は、俺に振って逃れようとする。
『ホントに? あっ、なんか、モッコリしてるw』
麻美ちゃんは俺の股間を見てそんなふに言う。そりゃ、いつも仲良くしている親友の彼女がエロいランジェリー姿をさらしていたら、勃起しない方がおかしい。AVでも、女優さんが知り合いに似ていると、ブーストがかかって余計に興奮するのと同じ仕組みだと思う。

『麻美ちゃん見て、大っきくしてるんでしょ。それって、浮気だよ!』
志保がそんなことを言いながら、俺の方に寄ってきてズボンを脱がしてくる。俺は、抵抗しても無駄だと思い、なすがままにさっさとズボンを脱がされた。

『ホントだw 大っきくなってる』
麻美ちゃんは、俺の股間を見ながらそんな風に言った。何となく、上気したような顔になっている。興奮してるのかな? と思った。

そして、4人とも下着姿になってしまった。鍋からは湯気が立っていて、部屋の温度を上げている感じだが、熱いと思うのはそのせいだけではない感じだ。

「俺達パンツ一枚なのに、そっちはブラもしてて、ズルいよね」
俺は、興奮に押されるようにそんなことを言ってしまった。
「あ、ホントだ! 志保ちゃん、俺が脱がせようか?」
悪のりする秀夫。でも、負けず嫌いな志保は、
『じゃあ、お願いできるかな?』
と言って、秀夫の方に体を向けた。何となく、挑発的な顔になっている。
『ビビってるw』
麻美ちゃんは、志保に言われて固まってしまった秀夫に笑いながら言う。

「ビビってねーし。ほら、後ろ向いてくれないと、外せないじゃん?」
秀夫は、キョドって言う。
『前から外してよ。背中に立たれるの、好きじゃないんだ』
志保はそんなことを言う。
「ゴルゴかよw わかった。じゃあ、外すよ」
秀夫は下らないことを言いながらも、志保の真正面に立つ。そして、正面から背中のブラのホックに手を伸ばしていく。まるで秀夫が志保を抱きしめるような格好になり、俺は異常なほどドキドキしてしまった。下着姿を見られているだけでもドキドキがすごいのに、こんな風に抱きしめられるみたいな格好の志保を見て、俺は喉がカラカラに渇いてきた。

秀夫は、ブラのホックに指をかけると、あっさりと外してしまった。童貞でもないので、当たり前といえば当たり前かも知れないが、心の準備も出来ないほどの早さだった。

「スゲぇ……」
あらわになった志保の胸を見て、思わず声を漏らす秀夫。秀夫のすぐ目の前には、パンツ一枚で胸をあらわにしている志保がいる。
『いいなぁ。大きいし、カタチも綺麗……』
麻美ちゃんも羨ましそうに言う。志保の胸は、Fカップあるのにそれほど垂れている感じはしない。乳首も乳輪も、とても薄い色をしているし、どちらも小ぶりだ。大きな乳輪は、それはそれでエロいと思うが、志保みたいに小さいのも綺麗だと思う。どこに出しても恥ずかしくない、良いおっぱいだと思う。

『恥ずかしいよぉ。そんなにジロジロ見ないで……』
志保は恥ずかしそうに言うが、胸を隠すようなことはしない。志保も、胸には自信を持っているのだと思う。でも、麻美ちゃんはまだしも、秀夫に見られているというのは、もの凄く衝撃的だ。自分の彼女の生乳を他の男に見られるなんて、普通はあり得ないと思う。でも、そんな状況に、やっぱり興奮してしまう俺がいる。

すると、イキなりパンツの上からギュッと握られた。
『すっご〜い! カッチカチだよ! ねぇ、秀夫のより固いよ!』
と、麻美ちゃんがはしゃぎながら言う。
「ダ、ダメだって! 握っちゃダメだって!」
慌てる秀夫。でも、秀夫が動く前に、対抗するように志保も秀夫のパンツを掴んでいた。
『わっ、大っきい! 龍平のより太いよ!』
志保はパンツ越しに秀夫のアレを握りながら言う。俺はそれを見て、正直イキそうなほどの興奮を感じていた。

【オリジナル作品です。転載する時は必ず本文の最後にリンクを設置して下さい】

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果 完
・地味だけど童顔で可愛らしい嫁が、AVに出ていただけではなく……
・倦怠期になった嫁を友達に1ヶ月預けたら想像以上に調教されてしまった2
・保証人になった僕のせいで、嫁が素人系動画に出演するハメになりました
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです6
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
アクセスランキングを見る>>