このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

泥酔女2人組が、お持ち帰りをした話

わたしは専門学生で、まぁ派手目な友達が多いのですが、わたしはその中でギャルではなく、ほんのり茶髪のストレートロングって感じのおとなしくも派手にもみえるタイプって感じだと思います。

まぁ、見た目がそんな感じだからか、結構ナンパとかは多いんですがナンパにのった事はありませんでした。

実は中学から高校まで1人の彼氏とずっと付き合っていたので、専門からの友達が思っている以上に奥手というか、男の人が得意じゃなかったりするのですが、専門からの友達(リカ)にはつい見栄をはってしまい、リカと同じくらいは遊んでたんじゃないかな~?みたいな事をいってしまっています。
リカのほうは、見た目も完全にギャルで細くてかなり可愛いのですが、薬をやっているだとか、ヘルスで働いているだとか悪い噂の絶えない子です。もちろんただの噂でちょっと見た目が派手で男遊びが過ぎるだけ。そんなリカがかなりお酒スキなので、ふたりでよく飲みに行ったりしています。

先週末も飲みに行ってきました。わたしはお酒がかなり弱いのでほとんど飲まず、食べ専門ですが。

わたし達がよくいく居酒屋はお洒落な感じのところで店内はやや暗め、カウンター、テーブル、座敷、座敷個室っぽいついたてがあるところみたいなのがあって、その日は座敷の個室っぽいところに通されました。

わたしが奥にはいり、リカが壁に向き合う状態でわたしの正面に。リカのうしろは仕切りのない座敷(団体用みたいな)です。説明へたですみません・・・。

しばらくしてトイレにいったリカが戻ってきたら、男の人ふたりをつれてきました。「いじめかっこわるい」の前園似のタケシくん、よくいえば坂口のヒロくんといい、リカの友達だそうです。すでに酔っ払っていたリカは「リカはヒロがちょースキなのだぁ~」と言いながら抱きつきながら崩れ落ちるように着席。

狭い個室だったのでタケシくんはわたしの隣にきました。ふたりも座れるほどゆったりしていないんですが、ぴったり密着するように無理矢理座りました。

タケシくんは「飲んでる~?」と聞いてきながらリカとどういうつながりの友達か、とかを話してくれました。

最初はあまり酔っ払っていないのと、面食らったので人見知りをしてしまったわたしですが、話上手なタケシくんになごまされ、だいぶ打ち解けてきました。

元々、タケシ君とヒロ君でここのお店で飲んでいたら、たまたまトイレにたった知り合いのリカと会い、合流しろとリカが絡んできたからこの四人でこの状態になったらしい。

タケシ君は「ごめんね~」と言ってきました。わたしは「全然!楽しいよ」と言いました。本当はこの妙な密着がいやだったんですが・・・。リカの友達だし、失礼のないようにと変に自意識過剰な発言はしないようにしようと思いました。

しばらくしてリカのほうから「んん~・・・」と小さく声がしたので、リカのほうをみると、ヒロ君に口移しでお酒を飲ませてもらっていました。リカ側からは店内はみえないけどわたし側からは丸見え。わたしは焦ってしまいましたがタケシ君は「まーたやってるよ~」と笑っていました。

どうやらふたりは一緒に飲むとかなりの高確率で人目もはばからずいちゃつきだすらしく、いつもの事なんだ・・・とわたしもできるだけ平静を装いました。

そしたらタケシ君が耳元で「足元みてみな」とささやくので、まさかと思ってみてみるとリカのスカートはめくり上がり、オレンジの下着が見え、その中にヒロ君の手が入っていました。

見てはいけないものを見てしまったような気持ちになり、すぐに顔をあげましたが、もうまともにリカの顔をみる事もできません。タケシ君がにやにやしている気配を感じましたがそっちを見ず、ひたすら目の前にあるお酒をのんだり食物を食べたりしていました。

しかし一回見てしまうと、さっきの映像が頭から離れず、小さくて気付かなかったクチュ・・・クチュ・・・という音まで聞こえてくるようになってしまい、ドキドキがとまりませんでした。下の方もにゅるっと一気に濡れたのがわかるくらい溢れてきました。

リカの方を見ないように・・・と意識していたのですが、そうすればするほどリカの「ん・・・だめだよぉ・・・」とかクチュクチュクチュとか、色々な音が耳に入ってきます。手はさっきより早く動かされているようで、リカの声もさっきよりいっぱいでています。

わたしは下をむいてひたすら自分のカシスウーロンを飲んでいましたが、なくなってしまい奥まった個室なのでオーダーをとらないかぎり店員さんがきそうにないので少し悩みました。オーダーとって店員さんがきたらみられちゃうよなぁ・・・。でもそうすればふたりともやめるかも。

悩んでいたらタケシ君が「飲み物?」と聞いてきました。「うん・・・」と、一瞬目があったのをとっさにそらしてしまい、少し気まずくなっていると、「今人きたらリカちゃん恥ずかしいだろうから、とりあえずこれ飲みなよ」とリカが飲んでいた赤ワインをわたしに差し出しました。

お酒の弱いわたしには赤ワインなんて自殺行為なんですが、今のわたしには飲む事しかしていられなくて(お腹はもういっぱい・・・)ワインを飲みました。思ったより勢いよく飲んでしまったと思います。しばらくするとわたしは体中が熱くなり、自分でも「かなり酔っ払っているなぁ・・・」とぼんやり思いました。

しばらくぽや~んとしていたらタケシ君が「顔赤いよ?」 と首筋をさわってきました。今までのリカのを見ていて興奮していたせいもあり、さらにわたしは首や背中がかなり感じるので「あっ・・・」と声をあげてしまいました。自分でもまずいと思ったのです。

でも、そのあとすぐに「感じちゃった?」と聞かれて思わず「うん・・・」とタケシ君を見つめてしまいました。そうなるともう暗黙の了解のようにタケシ君もわたしの太ももに指をはわせ、ぞくぞくするような感覚に身をまかせていると、ゆっくり下着のうえからわたしのアソコをさわってきました。

しばらくじらすように下着のうえから触りつづけ、下着の横から指を入れてくるようで入れない。タケシ君はかなりじらしてきます。わたしが少し我慢できなくなってきたらリカが「タケシは手マンちょーうまいんだよぉ~」とトロトロの声で言ってきました。

その間もヒロ君に攻められ続けていたらしいリカはときどき「やっ・・・」など声を出していました。ヒロ君も「オレとどっちがいい?」なんて聞きながらさらに指を早くしているようでした。その時点でかなり興奮していたわたしはタケシ君に「さわってほしい・・・」とお願いしました。

「どこを?」なんてとぼけながら、まだ肝心なトコをさわってくれないタケシ君。わたしは恥ずかしくてどことは言えなかったので代わりにタケシ君の唇にキスをしました。少し先には何も知らない人がお酒飲んで騒いでる場所で、しかも目の前にはリカが・・・。

その状況にますます興奮してしまい、かなり激しくキスをしていたと思います。そのとき、うしろの団体用座敷に四人のサラリーマンが入ってきました。私たちはあわてて離れ、その場所ではそれ以上の事はしませんでした。

居酒屋をあとして、これからどうする~?みたいな話になったとき、その中で確実に一番酔っ払っていたわたしは「タケシ君テイクアウト~」とタケシ君に抱きつきました。記憶がはっきり残るタイプみたいで今となっては恥ずかしいのですが、「まだ手マン職人の匠の業を味わってない~」などと騒いでいました・・・。ちょっと後悔。

タケシ君も「わかったわかった」と頭をぽんぽんしてくれ、そのまま四人で近くのラブホにむかいました。リカとヒロ君と違う階になり別れたあと、部屋に入りました。もうその頃にはいい感じに泥酔で、「やばい・・・眠い」と布団に突っ伏してしまったのです。

だけど、タケシ君はさっき見破ったわたしの弱点の首にちゅっと軽くキスをして、わたしの胸をさわってきました。うつぶせに寝ていたため、あまりちゃんとはさわれなかったみたいですが、そのままブラをとり、服を脱がせてきました。そして首から背中、腰、とさがってきてアソコを舐めようとしてきたのです。

経験が少なく恥ずかしいのと、シャワーあびてないのもあって「やだっ・・・それはいや」ととっさに起き上がり抵抗したのですが、じゃあ、って感じで自分のものをわたしの前に出してきて、わたしが舐めはじめるとそのまま自然にわたしの股の間に顔を突っ込んできました。

されるがまま舐められていると、タケシ君は唾液でクリを包むようにやさしく刺激してきて、ときどきわざと冷たい息がかかるように吸ってきました。自分でもお尻のほうまで濡れているのがわかるくらい濡れてしまい、恥ずかしくてタケシ君のモノから口をはなし、「あぁ・・・やだぁ・・・」と喘いでしまいました。

「ちゃんとしてなきゃだめだよ」とまた口をふさがれ、「んぐぅ・・・ふぅん・・・」と声がもれました。それをしばらくつづけていたらタケシ君が「クンニじゃいかないのかな・・・」とぽつりとつぶやき、イカせてくれようとしてるとわかりましたが、わたしは実はえっちでイッた事がないから「無理にイカせようとしないでいいよ?」と言いました。

でも、タケシ君は諦めなかったらしく、わたしの口から離れると今度はキスをしながら手でさわってきました。「あぁ、ついにうわさの・・・」なんて少し頭の中でふざけた事を思っていると、今までに感じた事がないくらいの感覚がわたしを襲いました。

「えっ・・・なにこれっ?やだやだなに?」わけがわからなくなって必死でタケシ君にたずねてもタケシ君は黙々と指を動かします。あとで聞いたら穴の奥までいれて、穴のうえのほうを指だけ動かして、くいっくいっと押していたらしいです。よくわかんないけど・・・。

「あっあっあっあっ」自分でも驚くくらい声がでました。そのまま微妙にリズムをかえたり、逆に一定のリズムで攻められ続けたりで、頭がだんだんぼんやりしてきた頃、タケシ君はクリのうえの方をさわってきました。わたしはクリを触らると敏感すぎて痛みを感じるタイプでした。

でもタケシ君がうえの方をさわってきたときに、一発で一番感じるところを捜し当てるなんてすごい!と関心してしまいました。このときはまだ少し余裕があったのかもしれません。

タケシ君が指を入れながらもう一方の手でクリのうえを触りつづけ、クリのうえをかるく回転させるように触ってきたら急にキューっと何かがこみあげてきました。

「あっいっちゃう!」思ったときにはもう・・・。あっという間に上り詰め(まさにのぼりつめるって感じでした!)「はあああああぁんっっ」と大きな声を出してしまい、体がびくんびくんっと痙攣しました。「んんぅ・・・」と苦しげな声を出してぐったりしてしまう。

するとタケシ君は「イッたみたいだね」と声をかけてきました。頷く事もできずにいると、そのまま生でわたしの中に入ってきました。わたしははじめての絶頂の余韻が残ったままだったので、かなり乱れてしまったと思います。

タケシ君はしばらく動いてからお腹のうえに出すと、「サチかなり締まったね。彼氏大喜びだべ?」など冗談を言ってきましたが、わたしは返事もできずハァハァと横たわっていました。正直わたしがイッてから、タケシ君がイクまでの事はあまり頭に入ってきませんでした。それくらい、はじめての絶頂がすごかったんだと思います。

翌朝、リカとヒロ君と合流するとリカに「すごかったっしょ~?」とにやにやされながら言われました。もちろん帰りの別れる時に自然にまた遊ぶ約束をしていました。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた3
 


従順な妻を演じてきましたけどもう我慢できません

彼女が親父のチンポに負けた理由

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>