姉のショーツを履くようになって1年たちますか……

姉貴のショーツを履く生活になって1年弱。
それに姉貴とセックスするようになって半年以上。
姉貴と俺は都内の某マンションで共同生活(性活?)してる。
実家は九州の田舎だ。
俺は23歳。姉貴27歳。どっちもカレシ、カノジョなし。

姉のショーツやブラで昔から抜いてた。高校のころからね。
俺が大学出て東京に就職して、姉貴のマンションに転がり込んだ。
姉貴は3年前に東京に出てた。
久しぶりに姉貴のブラ&ショーツで遊べる!!姉貴と一緒に住めるってことで、喜び勇んでマンションに引っ越ししたわけ。

昨年のこと。
一緒に暮らし初めて1か月ぐらいだったかな?
姉貴がいないときに雨が降ってきた。急いで洗濯ものをしまおうとしたのがきっかけだった。
何気に姉貴のブラとショーツをたたんでて、セクシーな真っ赤なサテン生地のブラ、パンセットがあった。
無意識に匂い嗅いでしまった。
ビビビと来るものがあった。俺はズボン脱いでトランクス脱いで姉貴の真っ赤なショーツを履いてしまった。
勃起状態でショーツに入らなかったが、ショーツの感触が良かった。
姉貴のショーツと思うと興奮した。コクるけど、俺は中学時代から姉貴が好きだったし、姉貴萌え萌え~だった。
高校に入った姉貴は、どんどんセクシーな体型になって。顔は結婚してしまったけど安めぐみさんにそっくり。
「お前の姉ちゃんさ、安めぐみそっくりだよなあ・・・いいなあ。やりてえなあ・・・お前の姉ちゃんと・・・頼むよ」
なんてダチに言われたりもした。
姉貴のショーツを履いてズボンを履いた。姉ちゃんのショーツの感触がたまらない。
チ○コとタマタマもしっかり収まる。何より安定感抜群。
トランクスみたいにあっちこっちと移動しないしね。

今まで見てオナニーすることはあったが、身に着けたのは初めてだった。初体験に感動してしまった。変態っていえば変態だが。
それからは、姉貴の部屋にこっそり入って、ショーツを借りた。
しかし、ばれてしまった。
履き始めてから1か月弱してからだった。姉貴が俺の部屋に飛び込んできた。
「則之さ・・・あんたなんか私に言うことない?謝らなければいけないことしてるでしょ?」
「へ?なんのこと。」
「ふーん、そうやってシラきるつもり?わかってるんだからね!」
「な、なんだよぉ・・・」
「ここでズボン脱ぎなさいよ!」
「な!何言ってるんだ姉ちゃん!変態!」
「あんたのほうが変態じゃないの?いいから脱ぎなさい!!」
安めぐみが目を吊り上げてカンカンに怒ってる顔を思いう浮かべて欲しい。結構きついって!
俺は内心、やばいって!今日黒のショーツ履いてるんだった。
じーっと姉貴が睨んでた。
覚悟して俺は立って、目をつぶってズボンを脱いだ。
「やっぱりね・・・まったく!・・・則之の変態!!バカ!・・・バカ!・・・・大馬鹿よぉ!!なんでよぉ・・・信じらんない・・・バカ・・バカ・・・グスッ・・・バカ・・・グス、グス・・・なんで姉ちゃんの・・・」
姉貴が怒鳴ったけど、後半は泣き声だった。

俺は目を開けて姉貴を見たら、姉貴が涙ポロポロ流しながら俺の股間を見てた。いや、黒のショーツを見てた。
「い・・・いつから・・・なのよ。」
「姉ちゃん・・・。ええっと1か月ぐらい前かな・・・」
「な・・・なんで・・・なの?則之ってパンティフェチなの?」
「ち・・・違う。」
「じゃあ、なんなのよ!説明して・・・グスッ・・・ほんとに信じられない・・・姉ちゃんのパンツ履くなんて・・・グスッ・・・変よぉ・・・きもいし。」
姉貴の泣き顔見たら申し訳なくて申し訳なくて。
事情を話した。
昔から姉貴が好きだったこと、萌えだったことも全部コクるしかなかった。
姉貴といつも一緒にいたかったって。姉貴のショーツが履き心地良くてクセになってしまったって。
姉貴はうつむいてため息。
「則之・・・あんた・・・姉ちゃんのこと思ってもどうにもならないでしょ?わかってるよね?変わりがショーツって・・・変態よ・・・いくら履き心地良くても、女ものよ?ショーツって・・・」
「でもぉ・・・解決できないよ・・・」
「はぁ~。どうすればいいかも姉ちゃんだってわかんないわよ。・・・ショーツ履くなんて・・・。」
しばらくお互いに沈黙。俺もズボン履いていいかわからずじっとしてた。
「わかったわよ。ショーツなら貸してあげる。はぁ・・・なんで則之、こんな子になっちゃったのかしら・・・」
姉貴のショーツが履ける。姉貴がいつも一緒。まじに嬉しかった。

で、それからは姉貴がショーツを貸してくれるようになった。
最初は、姉貴も俺のショーツ姿を気持ち悪いって感じで見てたが、慣れてしまった。
そして・・・
「則之ぃ、今日、これ貸してあげる。履いてみて?履けるかな?」
げえ!青いTバック。やむなく姉貴の前で履いた。
「そっかぁ。Tバックも履けるんだぁ・・・男でも。オ○ン○ンちゃんと入るんだね。」
姉貴はモッコリ膨らんだ股間を見ながら感心してた。
「姉ちゃん、これ似合う?チ○コがしっかり収まるよ。安定しているから履き心地いいな。」
「あはは。そっかぁ。でもTバック似合うね。ちょっとぐるっと回って見せて見て。」
姉貴の前でぐるっと回った。
「お尻に食い込んでるぅ!お尻の穴・・痛くないの?」
「うん。ふんどし履いてるみたいだ。」
「そっかあ!男の人のふんどしってTバックだね。ちょっと姉ちゃんによく見せてよ。」
姉貴が近づいてモッコリTバックを眺めた。で、モッコリ部分を手のひらで触って・・・。
「何すんだって!」
「ん?うん。ちゃんと玉も入るね?夏場はTバックにしたら?ショーツライン出ないしね。」
「そっか!いいこと聞いた。Tバックも貸してね。ほんとに楽だよ、これ。」
「うん。いいよ。ちょっと待って・・・」姉貴は顔を近づけてモッコリに鼻をつけてクンクン匂い嗅いだ。
「汗臭くないね?大丈夫みたいね。」
「変だよ・・・姉ちゃん。シャワー浴びてるんだから汗臭くないって。」
毎日、お互いにショーツの貸し借りだった。
男が女性のショーツ履けるのか?って思う人いるかもしれないが、あまりにも巨大なチ○コやタマタマだったら無理かな。
通常時で7センチ以下の人なら履ける。

嘘だと思うなら試して欲しい。それに生地が薄いから柔らかいし、履いた感じはスベスベしてて気持ちがいい。
それに蒸れないし、何よりチ○コとタマタマがきちんと収まってるから安定するよ。
デザインは女性ものだから、見た目は変だけど。履き心地優先で考えればこれほど合うものはないなあ。
これ書いてる今ももちろん履いてる。今日は黒地に白いストライプのボーダー柄だ。
で、続きね、
一緒に姉貴とランジェリーショップ行って、お互いにチェックしながら買ったりもした。
あ、もちろん俺は試着はできないけどね。姉貴が試着する。
ネット通販とかでも一緒に画面見ながら・・・
「これ、則之に似合いそうね。サテン地で光沢あってセクシーな感じ。」
「姉ちゃんはこっちだな。これTバックだけど可愛いよ。ヒラヒラがついてて可愛い。」
風呂から出ると姉貴が「はい。今日はこれね。」って渡してくれた。
そして「姉ちゃんってたくさんショーツ持ってるよな?見せてくれよ。」
「見たいの?いいわよ。宝の山だよ。則之にはね。」
タンスの引き出しに綺麗に畳んでおいてあるショーツを全部見せてくれた。

1枚づつ一緒に出して見てみた。もちろんその場で履いて似合うか見せ合ったりもした。
「則之のお気に入りのショーツってどれなの?」
俺はお気に入りを選んで姉貴に渡した。
「こんなにたくさんお気に入りなんだね。姉ちゃんのお気に入りはね・・・」
姉貴のお気に入りショーツも教えてくれた。
ある朝、「今日は則之これね?私は・・・これ。」スカートまくって見せてくれる。
「姉ちゃんの前で履いてみて?」
横がヒモで結ぶヒモパンだった。色は黒。水玉模様。
「可愛い~!ヒモきついでしょ?姉ちゃんがやってあげる。」
姉貴が両サイドの紐を結びなおして調節してくれた。
「あらあ、ローライズだからもうちょっとオ○ン○ン横にしたら?飛び出しちゃいそうだね。」
「あ!いいこと思いついた!・・・こうちしゃうよ。」ショーツの中に手を突っ込んでモゾモゾと位置を変えた。
「あらまあ!女の子みたいじゃない!!」
チ○コを下に向けて履いただけ。でも、このほうがショーツの前が汚れないことが分かった。

股のところってコットンの布が付いているから柔らかくて亀頭を守ってくれるような感触だった。
「そっか。今度から則之さ下向きにして履いたら?どうかな?」
「うん!いいね。変じゃない。何よりチ○コが動かなくて安定するよ。」
「そうね?あ!でもぉ・・・勃起したらどうなっちゃうんだろ?」
「わからないなぁ・・・大丈夫、勃起しないから。」
「どうかなあ?これ見て勃起しない?」
なんと姉貴がショーツ脱いでベッドに座って足開いて・・・突然オ○ンコ見せてきた。
「ほら!特別だからね!!どう?勃起しそう?」
「ね!姉ちゃん!・・・・やべえ!」
姉貴の股間を見てるうちにニョキニョキと大きくなった。下向きに勃起!ショーツが下に引っ張られて・・・
「あははは!!!おかしいの!!下向き勃起してるぅ!!則之のエッチィ!!」
「ね・・・姉ちゃんが悪いって!いきなり見せるんだもん。」
ペアショーツもけっこうある。
「見て見て!則之と姉ちゃんお揃いだよ。一緒に履こうね?」
部屋でお互いに履いて。
「いぇーい!お揃いショーツ!姉ちゃん、嬉しいよ。」
「良かった。喜んでくれて。一緒に出かけようか?これ履いて。」
「OK!姉ちゃんブラもあるじゃん。このブラにしてよ。」
「いいわよ。」
毎日が楽しくなりました。
今も姉貴とショーツをシェアリングしてる。
姉貴のほうから「姉ちゃんと一緒にいる間はショーツ履いてね?お願い。則之がかわいいんだもん。」と言ってくれます。
夏場は家の中では、お互いに下はショーツだけで、上は俺がTシャツ。姉貴はキャミソールという姿でのんびりくつろいでました。
姉貴のスタイルの良さは何気に見ていてわかりました。
ポチャ系ではありません。かといってガリガリではない。
まあ、あとでヌードを見ることになったのですが、ほんとにスタイルがいい。
ペアショーツでお互いに姿見の前で見せ合ったり・・・。ただ、姉貴とはまだセックスとかもなく普通にしてました。

まあ、エッチな気分になるかと言えば、意外に慣れてしまえばならないものです。
たぶん姉貴と仲良くいられるのが嬉しかったのと、姉貴のショーツで一体感を感じることができたからかもしれません。
それから、姉貴の水着も着たりしました。
ビキニ水着。姉貴はけっこう持ってます。全部で15着ぐらい。毎年2着買うから増えちゃったらしい・・
で、ビキニのパンツを履かせてもらった。
「ふーん!!ビキニだとよりいい感じだね?水着の生地って伸びるからね・・・ねえ、貸してあげるから水着もパンツ代わりに履きなさいね?」
「いいの?水着って高いでしょ?」
「今年買ったのはだめよ。でも前のならいいわよ。デザインも古いしね。」
「じゃあ・・・借りるね。サンキュー!姉ちゃん。」
「うん。ちょっと私の前で履いてる姿見せてよ。則之の水着ファッションショー!」
「そんな!変だって。」
「隣の部屋で履き替えて、姉ちゃんの前まで来てくるっと回って・・・やってぇ!!お願い!あ!ブラもつけなさいね!」
「無理だってぇ・・・変だよブラは。」
「ワイヤーが入ってない三角ビキニなら大丈夫でしょ?紐で結ぶし。やって!やって!」
というわけで、姉貴のお望みどおりに部屋で水着ファッションショーをやった。

姉貴はきゃあ!きゃあ!言いながら楽しんでました。
俺は恥ずかしかったが・・・ブラなんてつけたの初めてだかんね!水着だけど。
「ねえ!三角ブラなら着けられるじゃない?家にいるときだけブラしてよ。」
「ね!姉ちゃん!・・あほか?できるわけないだろ・・・」
「いいじゃん!似合ってる。男もブラすればいいのにね。」
「そうかなあ・・・おっぱいないのに・・・どう見ても変じゃないか?」
「いいの。そのアンバランスさが。夏場だけお願い。いいでしょ?」
「姉ちゃんが言うなら・・・いいよ。しょうがない!」
「サンキュー!!じゃあ今日からね。」
「俺・・・水着買おうか?」
「え?・・・あ!うん!安いのネットであるでしょ。一緒に見てあげるから買ってぇ!!」
で、安い水着を7着買いました。もちろん姉と俺兼用。
もちろん部屋着。
なんだかエスカレートしてるような気もするが。姉貴がノリノリで楽しんでました。
ただねぇ・・水着はあまりお勧めではありません。
やっぱ蒸れます。夏場に履くと汗でベタベタ。速乾性だからいいかもしれないけど蒸れるのは間違いない。冬場ならまあちょうどいいかも。
いろいろ試すと女性ものってよく考えて作られているのがよくわかる。
男物のほうがけっこういい加減だ。ショーツの良さを知ったらやめられないな。

そして、昨年の8月のことでした。
めったに風邪ひかない俺が夏風邪でダウンしてしまった。
しかも仕事疲れもあったせいで体温計で測ったら39.5度!!
天井がグルグル回るわ。ふらふらのよたよた・・・。
姉貴が看病してくれました。
「パジャマビショビショだね。着替えないとだめよ。」
掛布団をどかして、パジャマを脱がせてくれた。だらしないがよたよたで何もできなかった。
ショーツも脱がしてくれた。
「ショーツも汗だくだわ。気持ち悪かったでしょ?可哀想に。」
姉貴が着替えをもってくる間、俺はベッドに素っ裸でひっくり返ってました。
洗面器にお湯入れて持ってきた。タオルを絞って汗だくの俺をせっせと姉が拭いてくれた。
「あらあ!!なんでよぉ!」と姉貴が声あげた。
チ○コが勃起して天井向いてた。
「え?・・・ああ・・・なんで勃起してるんだ?」
俺も下半身見てボーッとしながらもわからなかった。
「姉ちゃんのせいかしら?」
「ううん・・・姉ちゃん・・・俺さ・・姉ちゃんのことが好きだ・・・ほんとに・・・大好きだ。」
「はいはい、しかしまあ・・・こんな体調でも元気になっちゃうなんてぇ・・・」
体を拭いてた姉貴のおっぱいがすぐそばにあった。

無意識におっぱいを触ってしまった・・・
「きゃっ!・・・何してんの!ほら、パンツ履いて。」ショーツを足に通して上に引っ張り上げてくれた。俺はベッドで腰を上げて姉に身を任せてた。
「んー・・・コレ入らないわ。」
勃起チ○コがショーツに入りませんでした。
「姉ちゃん・・・頼む・・・1回出してくれ・・・」ゼーゼー状態でしたが、姉貴に頼んだ。
「やだあ!そんなの。できないって・・・まったくぅ!自分でなんとかしてよ・・・」
「頼む・・・出せば・・・小さくなるから・・・」
「もう!甘えてぇ・・・ちょっと待って。パジャマ着てからね。」
パジャマ着せてもらって、ベッドでぐったりしてた。
パジャマのズボンのチャックから姉貴が完全勃起のチ○コを引っ張り出した。
勃起してピクンピクン動いてたらしい。
姉貴が手で握って・・・手コキでした。
「姉ちゃん・・・すまん・・・気持ちいい・・・フェラしてくれないかな?」
「ばーか!するわけないでしょ!どう?気持ちいい?姉ちゃんにやってもらえるなんてこれが最初で最後よ。」
「そ、そんなぁ・・・」
そして手コキ数分で発射。
姉貴がティッシュで受け止めて、濡れタオルでチ○コを綺麗にしてくれた。
「小さくなったね。はい、おしまい。これでぐっすり寝なさいね。」
「姉ちゃん・・・ありがとう・・・ねえ・・・こっち来てくれ・・・」
姉貴がなーに?って感じで俺の顔に近づいてきた。
そのまま姉貴を抱きしめてました。
「姉ちゃん・・・好きだ・・・好きだ、好きだ・・・姉ちゃんだけだよ・・・」
もう一度おっぱいも揉んでしまった。
「則之ぃ・・・ちょっと・・・何してんの・・・もう!お姉ちゃんまでうつっちゃうって。」
「姉ちゃん・・・姉ちゃん・・・俺、ほんとに姉ちゃんだけだから・・・好きな女は。」
「そう・・・わかったわかった。寝なさいね。」
風邪が治って。

「則之、ちょっと話があるんだけど。ここにきて。」
姉貴の前に正座させられた。
「あんたさ・・・姉ちゃんのことほんとに好きなの?他に女の子いないの?姉ちゃんの代わりになる子って言うか・・・」
「いない・・・な。俺・・・俺、姉ちゃんしかいねえーよ・・・どうすればいいのかわかんねぇ。」
姉貴がじーっと俺を見てた。
なぜか優しい目だった。怒られるかと思ったが違った。安めぐみが優しく微笑んでいる姿って言えばいいのかなぁ。
「そう・・・好きなのね。そんなに。」そのまま姉貴は立って部屋を出て行った。
俺はポカーンとして部屋に残ってたが。
しばらくして「則之、買い物行くから付き合いなさい。」
その日の夕食の買い物だった。
姉貴に付き合って買い物。
考えて見たら姉貴と普段買い物なんて行かなかった。なんか新鮮だった。
ペアショーツを履いて出かけた。姉貴が腕組んできた。
「姉ちゃん?」
「うふふ・・いいでしょ?」

そして、10日ほど立った金曜日の夜でした。夕ご飯食べ終わって。
「則之、今日はお風呂一緒に入ろうか?姉ちゃんと。」
「・・・?えええええ!!まじ?」
「うん。」
「で、で、でえええ!初めてじゃんか!!うっそみてぇ・・・」
「うん・・・だね。小さいときは入ったけどね。大人になってからは・・・初めてかぁ」
「ほんとかよ?」
「うそのわけないでしょ。則之が先に入りなさい。あとから姉ちゃんも入るから。姉ちゃんのヌード見るのは初めてだね?楽しみにしてなさいよ。」
俺は姉の顔をマジマジ見てるしかできませんでした。
そうです、これが姉貴との最初の夜でした。
姉貴は覚悟を決めて、俺とセックスすることを決めてくれたのです。
なぜ、こんなに何日もたってからきたのか?姉も考えに考えた。悩みに悩んだ。あと、安全日を待ったと言ってました。
俺が風邪で朦朧状態なのに、姉貴にコクり続けた結果、姉貴も俺の押しに負けたと言ってました。

お風呂入って、体と髪を洗って湯船に浸かった。
「則之ぃ、入るよぉ。」
「い・・・いいよ。」緊張の瞬間でした。
姉貴がドアをあけて入ってきた。
スタイルが綺麗だったのにはびっくりした。
出るとこ出てて、引っ込むところは引っ込んでいる・・・腰のクビレなんか最高。
こんなに姉貴スタイル良かったんだぁ。マジマジ見てしまった。
ヌードは初めてだけにびっくりだった。
「なーに?私って変かな?」
「いや・・・姉ちゃんってスタイルいいな!」
「そうでしょ?バストはCカップだよ。大きい?」
「Cカップに見えないけど・・・Dカップはあるでしょ?前からでかいおっぱいだって思ってたけどね。」
「ないわよぉ・・あのね姉ちゃんのおっぱいってアンダーよりバストそのものが大きいのね。」
「たしかに・・・お椀伏せたみたいに丸くて形がいいもんな。」
「嬉しいこと言ってくれるね?則之って姉ちゃんのことがほんとに好きなのね?」
「あったりまえだって!ずーっと好きだったんだから。コクるのも大変だったんだぜ。」
「わかってる・・・ありがとう。こんな姉ちゃん好きになってくれて。」
姉貴が体を軽く洗って湯船に入ってきた。
対面で座って。俺、心臓バクバク。

姉貴はいたって平然としてたのには驚いた。
「姉ちゃん・・・おっぱい触らせてくれる?」
「ん?いいよ。触るだけね。今は・・・。あとでゆっくりね。」
俺は姉のおっぱいを手のひらで包んでみた。軽く揉んでみた。お椀がひしゃげて・・でも弾力があった。綺麗なおっぱいだった。
「姉ちゃんのおっぱいって迫力あるな!」
「あはは!迫力ねえ・・・そんな言われ方したの初めてよ。則之ニコニコしてぇ・・そんなに嬉しいの?」
「あ・・ああ!もちっ!姉ちゃんと・・・なんて嘘みたいじゃんか。」
「嘘じゃないのよ。夢でもないし、ちゃんと姉ちゃんがここにいるの!則之の大好きな姉ちゃんがね。」
「う、うん。」チ○コ勃起状態。隠すこともできずにいた。
「大きくなってるね?これ。」
「だって・・・」
「わかってるって。我慢、我慢。お風呂出てからよ?」
「ゴクッ」ツバ飲みこんでしまった。
「そう!あんたのパソコンの壁紙が安めぐみさんじゃない?いつからあれにしてるの?」
「え?ええー!知ってたの?」
「うん・・・ごめん。謝るけど見ちゃった。則之がここにきて少ししてから。どうしても調べたいことがあってね。私のパソコン調子悪かったから借りたの。」
「そっかぁ・・・」
「見たときビックリしたわ。安めぐみさんのファンなんだって思った。でも、考えたら・・・もしかしたら姉ちゃんの代わり?って思ったの。則之は、私のことが好きなの?って。」
「うーん・・・参った。わかってたんだ・・・姉ちゃん。」
「ごめんね。でも言えないでしょ?そんなこと。」
「いいよ・・・もう。」
「あのさ・・・どうせなら・・・姉ちゃんの水着姿の写真を壁紙にしてよ・・・嫌かな?」
「な!マジ?・・いいの?・・・姉ちゃんの水着・・・」
「うん。今度一緒に海行こう?その時にたくさん撮ってね。」
「マジ?やったあ!!姉ちゃん最高!!たくさん撮らせて!!姉ちゃん、ポーズいろいろしてくれよ?」
「オーケーよ!姉ちゃん・・・モデルになっちゃうから!」
「あははははは!」二人で笑いあった。
今、俺のパソコンにはビキニ姿の姉貴が微笑んでいる。姉貴が出かけていないときでも姉ちゃんと一緒だ。
そして、俺が先に風呂を上がった。
脱衣場に真新しいショーツが置いてあった。そしてお揃いで姉貴のブラ&ショーツが。
「姉ちゃん、新しいの買っておいてくれたんだ。」
色は淡い水色。サテン生地で結構派手だ。そして前面がレースの刺繍で飾りがついてた。
姉貴のは同じデザインでショッキングピンクだった。
俺は体を拭くとショーツを履いて、リビングに行った。
なかなか姉貴が風呂から出てこない。
心臓バクバクして、これから姉貴とのこと考えてたらTVも何見てたか覚えてない。

30分以上したのかな、姉貴が出てきた。
「待った?ごめんね。」
姉貴がブラつけてショーツ履いてリビングに来た。ひえぇ!超セクシー!!
「則之のも見せて。」
俺は立って姉貴の前に行った。
「うん。その色似合ってるね。色違いよ。則之もセクシーね。嬉しいわぁ。」
「姉ちゃんこそ・・・たまらないよ。」
「じゃあ・・・部屋に行こうか?姉ちゃんの。」
「姉ちゃんの部屋でいいのか?」
「うん。だって、あんたの部屋・・・けっこう汚いよ。」
「ご、ごめん。。」
俺と姉貴は二人で部屋に入った。
姉貴が先にベッドに座った。おれはモジモジしてしまった。
照れるというか、恥ずかしいというか。姉貴は覚悟できてるからいいが・・・。
「こっちに来て?則之。姉ちゃんの前に立って。」
言われまま座ってる姉貴の前に立った。姉貴が抱き着いて下腹部にキスした。

そしてショーツの上から俺の股間に顔を当ててスリスリしてきた。
「則之・・・今日は好きにしていいんだからね?則之に姉ちゃんをプレゼントするから。」
「う・・・うん・・・いいのか?」
姉貴は見上げてクスッっと笑った。マジに可愛い!!
姉貴はそのままベッドに仰向けで横になると俺の腕を引っ張った。
「来て・・・。キスして・・・。」
俺は姉貴の上に被さると無言で姉貴にキスした。
完全に舞い上がってた・・・俺のほうが。
唇を離した・・・姉貴が薄目を開けて、俺の頭に腕を回すとも一度キス。
姉貴のほうから舌を入れてきてベロチューになった。
舌が俺の舌に絡みついてきた。おれのほうがビックリしてた。
終わって「則之・・・姉ちゃんを好きにして・・・たくさんよ。」
「う、うん・・わかってる。」
俺は姉貴の上でうなじ、首筋をキッスしまくった。ベロで舐めまくった。
頭の中で「姉ちゃんは俺のもの!俺の姉ちゃん!!愛してる!」って叫んでた。
興奮しながら姉貴の胸元に。
ブラの上からCカップを揉んだ。さっき風呂場でちょっと触っただけだったけど、おもい切り揉みまくった。弾力を感じるし、お椀型のおっぱいのボリューム感も最高!!

俺はブラの肩ひもに手をやりスルスルと降ろした。ブラカップからお椀がドーンと飛び出した。
乳首・・・勃起してる!!
夢中で咥えた。吸った・・乳首を舐めまわして。俺のもの!俺だけだ!!って思った。
姉貴の顔を見上げた。静かに目を閉じてされるがままだった。
姉ちゃん、感じてないのか?
もう一度おっぱいを吸って舐めまわした。
乳輪も舌で舐めて。
「はぁ~・・・」姉貴が小さくため息みたいに息を吐いた。
俺の頭を掴んでた。
エッチの時、姉貴はあまり声を出さに事を知った。
「姉ちゃん・・・感じるの?」
「え?・・・もちろんよ。気持ちいいわよ。もっとしてくれる?・・・ねえ、姉ちゃんのおっぱいってどう?」
「お・・・美味しいよ。もっと吸いたいけど・・」
「うん・・・していいよ。」
20分ぐらいはおっぱいにかじりついてた。
「ねえ・・・下のほうも可愛がってほしいなあ・・・。」
姉貴から要求してきた。
俺はそのまま姉貴の下腹部へ顔を持って行きへそを舐めた。

で、そのまま下へ。ショーツの上から姉貴の股間を触った。
何かおかしい・・・
恥骨近辺が・・・
姉貴が一言「気が付いた?さっきお風呂で剃っちゃった・・・」
「いっ!!剃った?全部?」
「だめかなあ・・・嫌い?そういうのって。」
「いや・・・まじでぇ?・・・見たい!見せて!姉ちゃん頼む!」
「あはは・・・やっぱね。そう来ると思ったの。」
俺はショーツを脱がすと、姉貴に両足を広げてもらった。
「!!」俺が驚いている様子を見て、姉貴はクスクス笑ってた。
「どう?パイパンって」
「す!凄い!」
「ねえ、則之見てるだけなの?」
「いいの?」
姉がコックリ頷いた。
俺は、夢中でクンニした。姉貴のオ○ンコ舐められるなんて夢だ!!
舐めながらもオ○ンコを見てしまった。見たくて触りたくて舐めたくて・・・ずっと思ってたことが現実になった。

大陰唇を御開帳して、中を見た。クリトリスが小さく膨らんでた。夢中でクリを吸って舐めまわした。
もう一度オ○ンコの中を見た。綺麗だ!綺麗なピンク色で・・
クリの下に小さな穴があった。尿道口だった。
もっとみたくて広げた。膣口部分を見た。処女膜が破れてギザギザんいなって残ってる感じがわかった。姉ちゃん・・・いつロストバージンしたんだろ?
「姉ちゃん、バージンじゃなくなったのって何歳の時?」俺はじーっとオ○ンコ見ながら聞いた。
「怒らない?えっとね19歳の時よ。」
「カレシいたっけ?」
「うん。」
「痛かった?」
「とーっても痛かった!!」
「そっかあ・・・俺が初めてになりたかったなあ。」
「ごめんね。でもさ、初めてじゃん!則之とは。ねえ、見てないで・・・可愛がって?」
俺はもう一度オ○ンコを可愛がった。
どのくらいクンニしたかわからない。
姉貴が小さく声を出していたが、「く!」と言うと、全身ガチガチに固まった。
俺の頭を掴んでいる手にも力が入った。
そのままクンニを続けた。
「則之・・・もういい・・・いいのよ。」
「え?」
「姉ちゃん・・・いっちゃたの。すごく気持ち良かった・・・ありがとうね。」
姉貴が優しく微笑んでた。
「姉ちゃん・・・そっかぁ・・・いったんだ。」
「うん。ねえ、則之そろそろ入りたいでしょ?」
「・・・・」俺、無言。
「いいよ。則之もショーツ脱いで?」
俺はモゾモゾとショーツ脱いで素っ裸になった。
「元気いっぱいだね?則之のオ○ン○ン。・・・来て。姉ちゃんの中に。」
「わ、わかった・・・コンドームつけないと。ってどこかに姉ちゃん置いてる?」
「ふふふ・・・いいの。このままで。」
「だって、妊娠した・・・」
「大丈夫なの。今日は。さっ!来て・・・入って。」
姉貴が両足を抱えて、開脚して入れやすい体制にしてくれた。
オ○ンコが濡れて光ってた。
俺はチ○コ掴んで姉貴の股間に当てた。大陰唇を指先で開いて膣口に亀頭先端を当てて、そのまま前へとゆっくり押した。プスッ!っと空気が抜けるような音がして亀頭が潜り込んだ。
同時に「ウック!」と姉貴がうめいた。
「ね!姉ちゃん!入った!」
「もっと・・・奥に来て。姉ちゃんを抱きしめて。」
「わかった。」
そのまま奥へ奥えと入れて、ぴったり合体して姉の上に被さって姉貴を抱きしめた。
「はぁ~・・・入ったのね。」
「姉ちゃん、一緒だよ!!俺たち」
「則之・・感想は?」
「・・・ええっと・・・最高!!姉ちゃん、ほんとにサンキュー・・・いや、ありがとうな!!」
「いいの。」
合体状態で俺はしばらくじっとしてた。姉貴のオ○ンコの感触をたくさん感じたかったから。
すぐ発射するなんてもったいなさすぎて。
「則之・・・いいのよ?動いても。」
「お、おれ・・・すぐに発射なんかしたくない。」
「え?・・・ああ、そっか。いいんだってぇ。別に1回こっきりってわけじゃないんだから。それに今日だけじゃないわよ?」
「じゃ、じゃあ、これからもいいの?何回でもいいの?」
「うん。遠慮しないの。姉弟なんだから。則之・・・出して?たくさんね。」
「姉ちゃん!姉ちゃん!」俺は姉ちゃんと何度もいいながら姉の上で動き続けた。
「姉ちゃん!!だめだ!」
そのまま奥へ入れたまま姉の中にザーメンを放出した。
射精中はじーっとしてた。姉の中に射精している感覚が伝わって感動してました。
姉貴も俺の頭を抱えて目をつぶってじっとして。
「はあ、はあ、はあ、姉ちゃん・・・」
「終わったね?良かった?姉ちゃんのここ?」
「も、もう!・・・気持ちよかったよぉ!!」
「うん。たくさん出たね?則之の。」
俺は姉のおっぱいに顔埋めて、何度も何度も頷いてました。
「則之、悪いけど一度抜いてくれる?ティッシュ頂戴。」
小さくなったチ○コを抜いて・・姉貴はティッシュで股間を覆うと風呂場に行った。
俺はベッドの上に仰向けになって、快感の余韻いっぱい。多幸感で満たされてた。
風呂から戻ってきた姉貴が俺に抱き着いてきた。
「則之の・・・たっくさん出てたわよ。凄いのね?」
「姉ちゃん・・・まじに気持ち良すぎだった。」
「そう・・・良かった。そんなに喜んでくれて。もう寝る?」
「寝たいけど・・・でも・・・」
「もう1回したいんでしょ?」
「う、うん・・・だめ?」
「あはは、ダメじゃないわよ。則之の好きなだけいいわよ。」
その日はこの後2回しました。
姉貴は、俺の体力に感心してた。姉貴は3回目にもう一度イキました。

お互いに恥ずかしさも無くなるとエッチもエスカレートしました。
バックスタイル、対面座位、背面座位、騎乗位など。
もちろん、姉貴にフェラもしてもらってます。
あるときなんか、俺が寝むくて寝てしまってるときでした。
股間に当たるものが・・・
姉貴がショーツ履いたまま、オ○ンコをおれのチ○コ(ショーツ履いてましたけど)に押し付けてきて「ねえ・・則之ぃ・・・寝ないで・・・姉ちゃん愛してよ。」と・・・・。
もちろん、嫌じゃないから俺も姉貴のわがままに答えて。

姉貴が最近言ったこと。
「則之との生活って楽しくてしょうがないの。恋人なんかいらないわ・・・ねえ、則之、姉ちゃんといつまでもこうしようね?」
このまま時間よ止まれと思います。お互いに年をとらずに、いつまでもこの生活が続いて欲しいと。

姉貴とのショーツ生活も変わらず、ほぼ毎晩姉貴とのエッチも変わらず・・・

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
 
[ 2017/03/26 17:08 ] 近親体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在290人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング