このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

社内の不倫な体の人妻は、Fカップで生が好き

私は今、社内不倫の真っ最中です。相手の美里(30歳)も結婚しているのでW不倫です。美里はFカップの巨乳ちゃんで、すごく勝気な性格をしていますがいざSEXが始まるとMな女になります。今で言うといわゆるツンデレ系です。昨日もお互い家庭には内緒で有給を取って朝からラブホに入り浸りでした。
ラブホに入ると私はローターで美里を何度も逝かせました。美里のマ○コは本気汁でグチャグチャでした。それからフェラをさせて勢いで生ハメ、いつもはお互い万が一のことを考えてゴムを使用しますが、昨日はお互いに盛っていたせいか美里も何の抵抗も無し。それどころか
「気持ちイイ、気持ちイイ」
と連呼し、自分から腰を振ってくる始末。私も美里の生膣の感触を楽しみゆっくり抜き差し。美里は生SEXに感じているのか
「ああー、逝くー」
と正常位で簡単に逝った。それからバックにして美里の巨乳を揉みながらマッハピストンをすると
「あああああー」
と声にならないほどの大絶叫。そして美里が
「また逝っちゃうー」
と達した時に私も生膣の締め付けに耐え切れずそのままドクドクと中出し。美里は私が中出ししたのを感じ取ると
「あっ、中で…嫌ぁー」
と逝きながら崩れ落ちた。そしてまだ繋がったままの私に
「ちょっと、誰が中に出していいって言ったのよ!」
と怒り口調で言ったが
「ごめん、でも美里も生の方が感じただろ?」
と言うと
「それは生の方が気持ち良いけど、デキちゃったらどうすんの?」
と言った。
「ごめん、今日って危険日なの?」
と聞くと
「まったく、安全日でよかったわよ」
と笑って答えた。それからまたローターで中出しされてグチャグチャになった美里の膣を攻めてから私の肉棒を得意のパイズリフェラで大きくしてもらった。そしてまた生のまま正常位で美里の膣に入れると、膣中はザーメン特有の摩擦を感じた。意地悪に
「美里の中グチャグチャじゃん?」
と言うと
「あなたがさっき中出ししたからでしょ!」
と言って私の乳首に噛み付いた。それから色々な体位で生ハメを楽しみまた正常位で激しく突くと、美里が
「ああー、逝く、逝く一緒に逝こ?」
と言って抱きついてきた。
「いいよ、ドコに欲しい?」
と言いながらフィニッシュに向けてスパートをかけると
「ああー、中でいいから早く逝ってー」
と叫んで同時に絶頂に達した。私も久々の中出しで肉棒がいつもより多めにビクンビクン美里の膣内で律動した。すると美里が
「まだ出るの?奥にいっぱい出てるよ」
と笑って言った。
「また出しちゃったけどよかったの?」
と聞くと
「一応安全日だし、今日はもうしょうがないよ」
と開き直った。それから夕方まで合計4発中出しした。

・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた4
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果3
・夫のお兄さんが出張で滞在中、電マでオナニーしてるのを見られちゃいました完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました完
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた5
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
 


新聞配達少年のデカチンで何度もイってしまう人妻

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
15位
アクセスランキングを見る>>