このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

合コンで出会った歯医者

kayo、27才です。某化粧品メーカーで美容部員をしています。

イメージとしては華やかな職業に見えるのか合コンのお誘いが沢山あって、その中で出会った歯医者さんとのことを書きますね。

その日は同僚たちが、某大学歯学部インターンとの合コンでしたが、女の子の人数が足りないということで急きょ、仕事を終えた私も呼び出されました。
既にお酒が入ったみんなは楽しそうに盛り上がっていたので、内心「わたしが来なくても良かったじゃん…」と思っていたら、

それに気付いた1人の男性が「かよチャンに紹介したい先輩の先生がいるんだよね。そろそろ仕事が終わる頃だから、これから呼ぶね」と気を遣ってくれました。

間もなく先輩のM先生が来たので、ワイワイ盛り上がっている同僚たちを横目に、私は静かに2人で飲むことにしました。

38才の彼には奥さんも子供もいること、私は遠距離で月2回しか会えない彼氏がいることも話しました。

そしたら「僕で良ければ、かよチャンが暇な時には食事の相手くらいにはなれるからいつでも言って」って。次に2人でご飯に行くことにしました。

約束の日。先生の歯学部がある病院から私の職場までは高速で2区間なので、仕事を終えた先生が近くまで迎えに来てくれていました。

私はいつも入る百貨店が一定ではないので、ロッカーがなく、通勤は美容部員の制服のままで行っています。その日は食事をするので、スカートとブラウスは制服のままで、ジャケットだけ私服を着て職場を出ました。

待ち合わせの車の近くに行くと、窓を開けて「お疲れさん。どうぞ乗って」とイタリアンのお店に行きました。

初めて会った時は薄暗い創作居酒屋だったので、明るい所だと何だか緊張しました。

それに気付いてかどうかは分かりませんが「本当は一緒にお酒も飲みたいけど、今日は車だからごめんね」と言ってました。

楽しくゆっくり食事をして、車に戻った時には22時を過ぎていました。

会ったからにはやっぱりされちゃうのかも。と思いながら「これから高速を走らなきゃだし、もう帰らないとじゃない?」と聞いてみると「たまに仕事で遅くなると大学に泊まることもあるから。でも今日はちゃんと帰るから安心して」って。

しばらく車で話していると、髪をなでられました。

でも別に嫌じゃなかったのでそのままにしていたら、軽くキスしてきて首筋を優しく手を這わせるように撫でてきて、ゆっくり胸の方に降りてきました。

私が「イヤ、制服着てるし…」と言ったら
「じゃホテルに行っても大丈夫?」って。

内心やっぱりね。というのと、恥ずかしいのとで、何も答えずに先生を見つめ返したら今度は優しくキスされ

「こんなつもりで会ったわけじゃないけど、かよチャンといたら俺も何だかドキドキしてきちゃって」って。

それまですごく大人な感じだったので、何だかとても愛しく思えて。


そうしてホテルに入りました。

部屋に行って間もなく、「まずはベッドに座ろうか。おいで」と私を膝の間に抱っこして、後ろから首筋にキスしながら制服を1つずつ脱がせて、ブラとパンツだけにされました。

そして優しく、ちょっと素早めに首筋、胸、脇とキスしながら降りてきて、太ももを撫でられました。

さらにパンツの横から手を入れてクリを優しく円を描くように撫でられながら、割れ目をぱっくり開いて入り口に指を少し入れては出し、また少し入れては出しを何度もされました。

私はびっくりするほど濡れちゃって、気持ち良さに浸っていると、彼は余裕げに自分で脱いで、私のパンツも脱がせて。

アソコに彼のモノがいきなり、ゴリゴリ~っっ!!!!ともの凄いゴツさで入ってきました。今までに出会ったことのない感触に、気持ち良くて全身に鳥肌が立ちました。

ゆっくり大きく動いて、私の感じる所をグリグリされると、ほんとによだれが出ちゃいそうなほどの気持ち良さでした。

でも少し出し入れしたらにゅるっって抜いて
「続きはお風呂に入ってからゆっくりと、ね」って。

ギラギラしてない、余裕たっぷりのその大人な感じに、私はこれからどんな風にされるんだろう…という期待で、完全に虜になりつつありました。

それからお風呂にぬるめのお湯を溜めて、一緒に入りました。

先に先生が私の体をシャワーできれいに流してくれて、私を湯船に入らせてから、彼は自分でシャワーを浴びました。だけど…何気にボディソープは石鹸の香りがしたらマズいのか、使わなかったな。

湯船では、彼が後ろから私を抱くように入りました。

明るくて恥ずかしくて、先生の顔をあまり見れずに「胸ちっちゃくてがっかりした?」と聞いてみると、先生は軽く笑って

「気にしなくて大丈夫だよ。小さめだけどおっぱいツンっと上向いてるし、俺はどっちかって言うと巨乳すぎるのは苦手かな~」って言ってくれました。

そして「小さめでも感度が良ければ文句なし!」って笑ってました。

お風呂から上がって、ベッドで腕枕しながら、冷えたノンアルコールビールを口移しで飲ませてもらいました。

飲みながら舌を入れてキスして、耳の後ろを甘カミされた。私は右耳の後ろから肩にかけての首筋が性感帯で、ヤバいくらいに感じてきちゃって。


私は右耳の後ろから肩にかけての首筋が性感帯で、ヤバいくらいに感じてきちゃって。胸を揉まれて、敏感になった乳首をコリコリされると声が漏れちゃった。

ゆっくりだんだん手が下りてきて、今度は膝の辺りから太ももをじわじわと爪を這わせる感じで強弱をつけながら撫でられたり、脚を開かれ丁寧に舐められて私はハァハァ声が出てたと思う。

それからぐちゃぐちゃに濡れてるアソコの周りを、下から上に舐め上げるように焦らされてから、とうとうアソコの入り口をベロンっと舐められちゃった。

私はビクンっと腰が動いて、その瞬間から気持ち良くてもうガマンできなくて喘ぎ出しちゃったかも。

それでも先生は焦ることなく、丁寧に舌をアソコに入れたりしてきた。
舌はゆっくりクリを舐め、たぶん私のクリ、かなり固く膨らんでたと思うの。

音を立てて吸ったり、甘カミされたり。気持ち良くてとろけちゃいそうだった。そして、クリをクンニしながらアソコに指を入れてきた。

まだ指だけなのに、まるでアレを挿入されたかのように気持ちいい。

すぐに彼は私が感じる場所を探し当て、指を出し入れじゃなくて、気持ちいいポイントだけを指でグリグリされた。

思わず私は悲鳴のような泣きそうな声を漏らしちゃったら「ココ気持ちいいね~ココをどうやって欲しい?」とイタズラっぽく聞いてきて。

私が答えずにうぅ~んっって感じてると、「じゃ止めちゃおっかな~」って一気に指を抜かれちゃって。

もう、して欲しくて仕方ない私は「止めないで~もっと気持ち良くいっぱいグリグリして欲しいの~」って思わずAVみたいに言ってしまったかも。

彼は「マジでかわいいっ」と言って、だんだん早く激しくポイントを責めてきた。もちろん片方の手はクリをぐちゃぐちゃに擦りながら。

私はどんどん頭が真っ白になって、今まで体験したことないような、全身の毛穴が開いたみたいな感じになって、息をするのも忘れるくらいに夢中でのけ反って、泣きながらイッてしまいました。

そしたら訳わからずお漏らししちゃったみたいになって…

恥ずかしくてほんとに泣き出しそうにしてたら、彼が「潮吹いちゃったみたいだね。びっくりした?恥ずかしくないよ、大丈夫」って、ティッシュできれいに拭いてくれたの。そして「ちょっと休もうか」と抱きしめてくれました。

そうしてベッドに横になって、後ろから抱きしめてもらっていると、彼が硬くなったモノを私に押し付けるようにして「俺にもして!」って。

ストレートな言い方がかわいくて、今度は私のお返しの番です。
先生を仰向けに寝かせて、太ももからアレのギリギリの所まで丁寧に舐めた。

さらに薄く毛が生えたおへその下を舐めながら手でアレを上下したり、裏筋をレロレロしてからフェラをしようと、彼のモノをじっと見た。

彼のモノはカリ?亀頭?がやたらごろっとゴツくて太く、全体には柔らかめで長さはちょっと短めだったな。だから、くわえたくても先が太すぎて奥までは口に入らなかったの。

でも、気持ち良くなって欲しくて一生懸命フェラしてた。

そしたら、私にMっ気を感じた先生に「上手いよ~、気持ちいい。彼氏のもこうしてあげてるの?」と言われ、先生の思惑通り?私はさらにねちゃねちゃといやらしくくわえちゃった。

先生は「えっちな娘だね」と言って、今度は私を四つん這いにしてバックで挿れてきた。やっぱり先っちょが太いからか、またもゴリゴリ~っって引っ掛かるようにこすりつけて、私の中をいっぱいに満たした。

それだけでまた全身に鳥肌で、ゆっくり動き出すと本当に気持ちいい。バックで先生はアレが抜けるか抜けないかのギリギリまで出し入れして、片手はクリを擦った。

だんだんアソコの中のヌルヌルが尋常じゃないほどになってきて、先生も奥の方まで突いてきた。

私が気持ち良すぎて怖くなって、自分の体を前に出して抜いたと思う。
今度は正常位でしばらくグリグリされて、次に騎乗位で。

騎乗位は彼の太い先っちょに私のクリが擦れて、全身にビリビリっと電気が走ったみたいで訳分かんないくらいに気持ち良すぎて、私は猛烈に腰を振ってたと思う。

イキそうな寸前で、彼は私の腰を掴み「まだダメだよ」って動きを止めた。

そしてまた正常位で気持ちいい所を突かれて、私の中の状態でイキそうなのを感じるのか、イク寸前で動きを弱めてお預けされた。

体位を変えてはイク寸前にお預け、を3回くり返されたころには、私はもう気が変になりそうで、声にならない声をあげてたように思う。

そしたら「そろそろ限界かな」と彼が言うと、さらに動きが激しくなったけど、耳元ではずっと「まだガマンだよ。いい娘だからもうちょっとガマンしようね~」って言われ続けて、私はうわごとのように「イクっ、イクっ、イクっ」を連発してたはず。

私はとうとう限界を超えて、うう゛~~と狂ったような声をあげたら、

その瞬間彼は本当に本当に優しく、「もうイッていいよ。よくがんばったね。かわいいよ~。ほらイッちゃいな」ってゆっくり深く深く突いてくれました。

ほんの数回突かれただけで、激しくイッてしまい、彼はそれを見届けてから少しして「ヤバい、イクっ」とお腹の上に出しました。もう完全に私は彼の虜でした。

…それから、彼との、恋愛ではないけど愛情いっぱいの不思議な関係が、私が彼氏と結婚するまでの約1年半ほど続くのでした。

他にもまだまだ沢山の先生とのえっちがあるので、そのうち投稿しますね。


・FC2BlogRankingでこの続きを探す
・オリジナルの体験談一覧(姉妹ブログも含む)
関連記事
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました5
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた2
 


ドラレコNTR3 車載カメラは見ていた

今野絢香(35)は母の親友

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
7位
アクセスランキングを見る>>