月別アーカイブ  [ 2019年11月 ] 

≪ 前月 |  2019年11月  | 翌月 ≫



このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

#嫁は昔、ヤクザとキメセク中毒だった

今日は、息子の10歳の誕生日だった。
子作りを開始して、なかなか授かれず、5年もかかって出来た息子なので、目に入れても痛くないほど可愛くて、少し甘やかし気味かも知れない。
そんな息子の10歳の誕生日なので、良くないとは思いながらも、学校を休ませて、ディズ○ーランドで一日過ごしていた。
もちろん、私も仕事を休んで…… とは言っても、自営業なので、そこはかなり融通が利く。仕事は、プロダクトデザインの事務所を経営していて、たまたま私のデザインした大手企業の商品が、ワールドビジネスサテライトに取り上げられるくらいヒットして、ありがたいことに毎年事務所の業績も右肩上がりが続いている。

続きを読む

続きを読む

倦怠期のセックスレス解消に、妻に3Pを提案したらあっさりOKだった3

前回の話

弘幸は、抱きついたままのゆり子が身体を痙攣させるように震わせているのを、絶望的な気持ちで見ていた。ゆり子は、激しくイッて顔をとろけさせたままの状態だ。
そして隆史は、ゆり子がそんな状態になっても構わずに腰を振り続けている。弘幸は、ゆり子の身体越しに感じる彼の激しいピストンに、敗北感を感じていた。


『もうダメ、ダメっ! パパ助けてっ』
ゆり子は、息も絶え絶えに言う。でも、隆史はそのまま腰を振り続けているし、弘幸も興奮しすぎてなにもすることが出来ない。

『イクっ! イクゥゥッッ!』
ゆり子は、立て続けに何度もオルガズムを感じてしまっている。弘幸に抱きついたまま、ほとんど泣き声のようなあえぎ声をあげ続けるゆり子。弘幸はこの状態にもかかわらず、ペニスをガチガチに勃起させていた。ついさっき射精してしまったのが嘘のように、脈打つように何度も跳ねるペニス……。

弘幸は、ゆり子に助けてと言われながらもなにもせず、オナニーを再開してしまった。
『もうダメ、死んじゃう、イッてっ! もう出してっ!』
ゆり子は、助けを求めるような声で言う。でも、そんな状態であっても顔はとろけてしまっている。

そのまま激しいセックスは続く。ゆり子は、さらに強く弘幸に抱きつきながら、泣き声をあげ続けている。そして、やっと隆史の限界が訪れた。
「あぁ、出そう。出しますよ」
隆史は、余裕のない声で言う。弘幸は、隆史がコンドームを外していることを思い出していた。外に射精させなくては……。
隆史が何か言う前に、ゆり子が、
『そ、外にっ、外に出してっ』
と、叫ぶ。弘幸はその言葉にホッとしながらも、不安な気持ちも大きい。

「イクっ、うぅっ」
隆史はうめきながらペニスを抜き、射精を始めた。勢いよく飛び散った精液は、ゆり子のお尻や背中、そして、振り返っていたゆり子の顔にまで降りかかる。
『キャッ、こ、こんなに』
ゆり子は、そんな距離を飛んだ精液に驚きの声をあげる。そして2射3射と、大量の精液がゆり子の背中や首筋を汚していく。
ゆり子は、精液がかかるたびに身体を小さく震わせる。彼女は、あっという間に精液まみれになってしまった。そして、トロンとした顔で精液を吐き続けるペニスを見つめていた。

「すっごい出た……。ごめんなさい、こんなに飛ぶなんて思わなかったんで……」
隆史は、謝りながらティッシュを手に取る。そして、ゆり子の顔に飛び散った精液を拭き始めた。
『ううん。平気。こんなに飛ぶなんて、若いんだね』
ゆり子は、恍惚とした顔のまま言う。
『パパさん、今入れたらいつもと違うと思いますよ』
彼は、そんな風に言う。弘幸は、全身を精液まみれにしたゆり子を見て、異常に興奮してしまっていた。そして、すぐに彼女に覆い被さり、ペニスを挿入しようとした。
『パパ、ゴムつけないと……』
ゆり子は、そんな風に言う。弘幸は、思わずゆり子の顔を見た。隆史はコンドーム無しでセックスをしていた……。どうして自分が? 弘幸は、夫として疑問を感じていた。

『パパのなら、サイズピッタリでしょ? キツくないならちゃんとつけないとダメだよ』
ゆり子は、真面目な顔で言う。弘幸は、まるで納得出来ていないという顔でコンドームのパッケージを破り始めた。
そして、異様に固くなったペニスにコンドームをかぶせていく。でも、隆史のペニスと違い、ピッタリ……と言うよりも、余裕がある感じで収まる。

そして、弘幸は劣等感を感じながらも、四つん這いのゆり子に挿入した。
『あぁっ、固い。パパのいつもと違う』
ゆり子は、嬉しそうに言う。弘幸も、いつもとは違う膣の感触に驚いていた。熱くてキツい……そして、うねる感覚。まるで、違う女性に入れたような感覚に思わずうめいてしまう。

『パパも気持ちいいの? そんなに違う?』
ゆり子は、不思議そうな顔で質問する。弘幸は、いつもとまるで違うと説明した。
『そうなんだ。ねぇ、キスして』
ゆり子は、少し不安そうな顔でそう言った。弘幸は、言われるままにゆり子にキスをした。すると、身体が密着し、ゆり子の背中の精液が弘幸の身体に付着する。

弘幸は、他人の精液の感触に気持ち悪と思いながら、夢中で舌を絡めてくるゆり子に興奮し、腰を動かし始めた。

ゆり子は、うめきながら舌を絡めてくる。弘幸は、いつもとまるで違う感覚の膣に驚きながらも、腰を動かし続ける。すると、ペニスの先にかすかに触れる物を感じた。
『パ、パパの奥に当たってるよ』
ゆり子は、気持ちよさそうな顔で言う。すると隆史が、
「やっぱり。僕とのセックスで子宮が下りきってるから、いつもは届かないパパさんのでも届いてるんですよ」
と、説明をした。弘幸は、その説明に劣等感を感じながらも、なるべく奥まで届くように腰を押し込みながら振り続けた。

『あっ、あっ、気持ちいいっ、パパのいつもと違うっ』
ゆり子は、本当に気持ちよさそうに声をあげる。弘幸は、かすかに触れる子宮口の感触に嬉しくなりながら、夢中で腰を振る。

『パパっ、もっとっ! もっと奥突いてっ!』
ゆり子は、焦れたような顔で叫ぶ。弘幸のペニスでは、子宮口を押すほどの長さはないようだ。なまじ少し触れるのがもどかしく、ゆり子は切なげな顔であえぎ続ける。弘幸は、目一杯押し込んでいるのにそんなことを言われ、情けない気持ちになりながら腰を使い続ける。

すると、隆史が笑いながら、
「いや、無理でしょ。もう、根元まで入ってるし」
と、ゆり子に言う。
『で、でも、もっと奥まで欲しい』
ゆり子は、焦れた顔で言う。
「いやいや、物理的に無理だって」
隆史はそんなことを言いながら、ペニスをゆり子の顔の近くに持っていく。そして、頬にこすりつけるようにしながら、
「これくらい長くないと」
と、言った。弘幸は、そんな言葉を聞きながらも必死で腰を振り続ける。悔しいと言うよりも、劣等感で胸が苦しくなっていた。

ゆり子は、焦れた顔のまま隆史のペニスを見つめる。そして、吸い寄せられるようにフェラチオを始めてしまった。
弘幸は、発情した牝のような顔でフェラチオを続けるゆり子を見ながら、少しでも奥まで挿入出来るように必死で腰を押し込み続ける。でも、亀頭の先にかすかに触れるのを感じる程度だ。

『あぁ、すごい。パパ、見える? こんなに長いの。これで奥まで突かれると、気持ち良すぎて泣きそうになるの』
ゆり子は、そんなことを言いながらフェラチオを続ける。イヤらしい舌使いで舐めながら、喉の奥まで飲み込んでいく。時折えずきそうになりながら、それでも必死でフェラチオを続けていくゆり子は、セックスの快感に支配されてしまっているようだ。

「早くこっちを入れて欲しいんでしょ?」
隆史は、イジワルな口調で質問する。
『うぅ、ほ、欲しい。このおっきなので、奥まで突いて欲しい』
ゆり子は、堪えきれないという顔で答えた。
「じゃあ、パパさんに早くイッてもらえば?」
隆史は、ゆり子の顔にペニスを押しつけながら言う。
『……パパ、早く出して。もう我慢出来ないの』
ゆり子は、申し訳なさそうに言う。隆史は、
「じゃあ、もと締めてみれば?」
と、ゆり子に言う。その瞬間、弘幸はゆり子の膣が強烈に締まったことに驚き、うめき声をあげてしまった。そして、そうまでして早くイカせたいのか? と、落胆すると同時に射精をしてしまった。

『パパ、気持ち良かった?』
ゆり子は、幸せそうな顔で質問する。弘幸は、その言葉に複雑な気持ちになりながらも、気持ち良かったと告げた。
『良かった。私も気持ち良かったよ』
幸せそうな顔で言うゆり子。でも、そんな顔で話しながらも、ゆり子はさっさと弘幸のペニスを抜くと、仰向けでベッドに寝転がっていく。そして、脚を軽く拡げて隆史の方を見る。
『来て……』
恥ずかしそうに彼を誘うゆり子。二児の母親の顔ではなく、恋する乙女のような顔になってしまっている。

「なにが欲しいの? 言ってくれないとわからないよ」
隆史は、すっかりと砕けた口調になっている。もう、この場を支配しているのは完全に隆史になっているようだ。

『イジワル……。そのおっきなおちんちん、入れて下さい』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

続きを読む

こたつの中で、サークルの巨乳な後輩にイタズラをしてるうちに

大学時代、サークルのやつらと先輩の部屋で飲んでた時の話だ。

メンバーは女が3人と、俺含めて男が2人だった。部屋の主の美人な先輩、おとなしい系の女、巨乳の後輩、俺の結構仲のいい友達、それに俺。

みんな相当飲んでて、寒い季節だったから全員コタツに入って結構密着してた。

続きを読む

11月20日に更新しました 寝取られ体験談 姉妹ブログ

アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・元彼に嫉妬してEDになった私と、罪悪感から寝取られる妻6
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった3
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・姉さん女房の妻と、おねだり上手の巨根の後輩 完
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・倦怠期のセックスレス解消に、妻に3Pを提案したらあっさりOKだった3
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由4
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)

続きを読む

△清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。
熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。

そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほどミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。

そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、
「どう? ドキドキする?」
と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。

続きを読む

セフレとハプバーに行ったけど、マジで俺には無理だった

今日、初めてセフレとハプバーに行ったんだよ。
場所や俺のことは身バレが怖いからあんまり書かない。
ハプバーの詳しいディティールも書かないよ。
初めて出会う男女が人前でセックスする空間ね。
カップル客が見せつけに来るパターンもある。

続きを読む

姉の彼氏が照れて慌てるのが楽しくて誘惑していた結果

お姉ちゃんの彼氏と遊んでいたとき

偶然に彼の手の先が私の胸にあたったときがありました。

すると姉の彼が照れて必死に謝ってきたときがありました。

私はその当時、年上の男性がそういうことで照れてあわてるのが面白く、それから彼へ身体を近づ密着したり。誘惑的なことを言って彼が照れたらからかって遊ぶようになりました。

続きを読む

▲自慢の嫁が、俺の借金をお口で返してくれた

「もう、100万くらい行ってるんじゃね?」
祐介があきれたような顔で言った。祐介は、俺の大学のときからの友達で、社会人になった今も親友だ。
「いや、89万5千円だよ。ていうか、また上手くなってないか?」
俺は、スマホのメモアプリを見ながら答えた。祐介とは、大学の頃からビリヤードをよくやった。そして、毎回賭けで勝負をしているが、実際にお金のやりとりはなく、こうやって数字上の金額だけを記録し続けている感じだ。

それにしても、俺もいい負けっぷりだと思う。一勝負500円程度の賭けで、ここまで負けが貯まってしまうということは、俺にはビリヤードの素質はないのかも知れない。

続きを読む

痴漢されるのが大好きな妻とは条件付きで結婚した

2年前、私はある条件を飲んで妻と結婚した。
ちょっとMっ気のある私は、妻のSっぷりに惚れたんです。
キリッとした顔立ち(まぁ美人)に、ハッキリした性格と男負けしない妻は、仕事も真面目にきっちりこなすタイプでした。

続きを読む

続きを読む

男まさりの同級生に告られて経験した初めての快感

503 名前: 1 投稿日: 2009/05/03(日) 06:24:39 ID:4RN2pr8F0
高校の時の同級生との話。

高1の時に同じクラスだった梨佳はちょっと、男まさりというか、サバサバ系の女子。
顔はうちの学校では可愛い部類だったと思う。
アクティブな子だったので良くパンチラとか目撃した。
 
ちなみに、俺はサッカー部で、彼女は帰宅部。

高1の時は仲は良かったけど、俺は部活が忙しいのもあって、梨佳を異性として意識はしてなかった。
足とかムチムチ系で今考えるとタイプの女の子なんだけど。

続きを読む

※僕をペニスバンドで犯す嫁が、僕を寝取られマゾに進化させました(転載禁止)

嫁の明日香と結婚して、二年ほど経ちました。まだ20歳の明日香と、できちゃった婚でもなく結婚したのは、彼女の強い希望でした。と言うよりも、ほとんど命令みたいな感じで僕に結婚しようと言った彼女。僕は、早すぎるんじゃないかな? と、多少不安はありましたが、当時すでに5歳も年下の彼女に尻に敷かれていた僕は、言われるままに結婚をしました。

嫁の明日香は、150cmと小柄です。顔も童顔というか、可愛らしい感じなので、より幼く見えます。真っ黒な肩甲骨あたりまで伸びた髪も、より彼女を少女のように見せているのだと思います。

ただ、幼く清楚に見える彼女ですが、実はかなりのSキャラです。と言っても、普段は見た目通りの可愛らしくて清純な感じなのですが、エッチの時だけ豹変します。

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>