月別アーカイブ  [ 2018年11月 ] 

≪ 前月 |  2018年11月  | 翌月 ≫



このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

母子家庭で頑張ってくれていた母の下着が派手になりました

近親ものなのでお嫌いな方は読み飛ばしてくれるとありがたい。


俺が高校のときの話だ。高校当時俺の家庭は母ちゃんと俺の二人暮しだった。父は俺が小学校のときに交通事故の時に亡くなっていて、母ちゃんはそれから俺を女手ひとつで育ててくれた。そんなすごい母ちゃんを俺は小さいときから尊敬していて、今でも少しマザコンの気がある。

母ちゃんの名前は千晶で歳は現在43歳で、俺が高校の時は38だった。母ちゃんの身長は155ぐらいで少し小さいが胸がでかい。母の手伝いで俺が洗濯をしていたのだが、そのときに見た母のブラカップはFだった。太ってはいないので、ぴたっとしたTシャツを着るときとかには胸が強調されて俺でもどきどきするぐらいだった。顔は客観的に見ても美人だと思う。酒井法子のような感じで雰囲気も似ていると思う。

続きを読む

メル友のJKは、彼氏がいるから入れずに舐めてと言ってきた

半年前のことですが、ずっとメル友だったエミと会うことになりました。

エミは、都内の女子○に通い、毎日部活に励んでいるちょっとエッチな女の 子です。

会う前に少し不安だったのは、エミに1年先輩の彼氏がいる事と、 ボク自信がオヤジなのでエミが引いちゃうかな?という事でした。

それをエミに告げると、

『じゃぁ、エッチなしでクンニだけして欲しいな。』 ということでした。

続きを読む

どうしてパートを始めると、人妻は浮気してしまうの?

息子が私立中学に入学し、妻の実家が学校に近かった事もあり、息子は実家から通わせて
貰う事になったのが、今年の4月。

昼間、暇な時間が出来た事と私立中学の費用の足しにと、妻が仕事(パート)を始めたんです。
近所のスーパーの事務でしたが、忙しい時は品物の陳列やレジに出る事も・・・。

続きを読む

半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した3(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、とっさに左手で精液を受け止めました。その左手に、私の精液は勢いよくぶつかってきます。半身不随になって以来、オナニーをして射精をしても、ダラッと出る感じで勢いはありませんでした。
こんなに勢いよく射精をすることは、もう一生ないと思っていました。私は、快感にうめきそうになりながら射精を続けます。そして、出し切ると、寝室の中の様子に耳を澄ませました。

『……本当に中に出すのかと思っちゃった』
妻は、ホッとしたような声で言います。
「いや、さすがにそれはヤバいでしょ。でも、ゴム無しでしちゃったね。本当に大丈夫なの?」
敏夫は、少し心配そうな声で言います。

『うん、大丈夫だよ。敏夫さんも、ちゃんとイケてよかったね』
妻は、打ち解けた口調で言います。セックスをしたことで、一気に距離が近づいたように感じます。
「うん、本当に気持良かったよ。ありがとう。じゃあ、シャワー浴びようか?」
敏夫は、そんな事を言いました。私は、ドキッとしました。早くここから離れないと……。そんな焦りで、ジタバタしてしまいました。
『もうちょっと……このままで』
妻のそんな声を聞きながら、私は車椅子を音を立てないように操り、リビングに戻りました。

手の平の中の精液や、車椅子についてしまった精液を拭きながら、私は二人を待ちました。すると、ドアが開く音や、浴室に向かって歩く足音なんかが聞こえてきます。そして、多分シャワーを浴び始めた感じです。私は、とんでもないことをしてしまったなと後悔をしていました。

妻は、間違いなく欲求不満を解消出来たと思います。でも、それによって眠っていた欲望が目覚めてしまったのではないか? そんな心配でいても立ってもいられなくなります。

少しすると、妻が戻ってきました。妻は、パジャマ姿で頭にタオルを巻いた状態です。
『……終わりました。健二、ありがとう』
妻は、どこかよそよそしい感じです。私は、言葉に詰まってしまいました。そして、敏夫はどうしたのかと聞きました。
『うん。帰るって。健二によろしくって言ってたよ』
妻は、そう言いました。私は、妻に色々と聞きたいことがありました。でも、どう聞いて良いのかわからず、イヤな沈黙が続きます。

『健二、もう寝る? それとも、健二さえイヤじゃなければ、エッチして欲しいな……』
妻は、恥ずかしそうに言いました。正直、そう言ってきた意図はわかりません。でも、私はさっき少しとは言え勃起できたことを思い出し、うなずきました。

そして、ベッドに移動しました。車椅子で移動しながら、たまらなく不安な気持ちになっていました。妻は、敏夫とのセックスにハマってしまったのではないか? またしたいと言うのではないか? そんな気持ちで、どうにも落ち着きません。

ベッドに寝転がると、妻が私に覆いかぶさるように抱きついてきました。そして、激しくキスをしてきます。私は、いつも以上に積極的な妻に驚きながらも、夢中で舌を絡めていきました。
『健二……。嫌いになった?』
妻は、本当に心配そうな声で聞いてきます。私は、そんな事はないと答えました。
『本当に? だって……声聞こえてたでしょ?』
妻は、本当に心配しているような口調です。そして、表情も泣きそうな感じがします。私は、不思議な気持ちになっていました。あまり認めたくないですが、さっきの妻は敏夫とのセックスを楽しんでいるようにしか思えませんでした。

私は、正直に聞こえていたと答えました。そして、妻が感じてくれて嬉しかったと言いました。心の引っかかりが、小さくなったとも言いました。
『そっか……。それなら良かった。健二、ありがとう。それと、ごめんなさい』
妻は、そう言いました。私は、なんで謝るのかと質問しました。
『う、うん。だって、あんなに感じちゃったから……。健二じゃないのに、気持良くなっちゃったから』
妻は、申し訳なさそうに言います。私は、思わず、
「そんなに気持ち良かったの?」
と、聞いてしまいました。もう、嫉妬とかひがみの気持ちでいっぱいです。

『……うん。凄く久しぶりだったから……』
妻は、なにか引っかかっているような口調です。私は、
「アイツの、そんなに大きかったの?」
と、聞いてしまいました。聞かなければ良いのに、聞かずにはいられない……そんな心境です。

『うん。ビックリしちゃった』
妻は、あっけらかんと言います。私が、劣等感を感じていることなど、気がついていないみたいです。
「大きいと、気持ちいいの?」
私は、聞かなければ良いことばかり質問してしまいます。
『よくわかんないよ。だって、久しぶりだから。大きいとか小さいとか関係なく、気持良かったんだと思う。欲求不満だったから』
妻は、そんな風に説明してきました。私は、気を使われてるなと暗い気持ちになります。でも、なぜか興奮する気持ちが湧いてきました。

「奥まで入れられると、どんな感じなの?」
私は、事細かに質問します。
『えっ? そ、それは……。ググって押される感じだよ』
言いづらそうな妻。私は、
「すごく気持ちいいんだよね?」
と、確認するような口調で聞きました。
『……うん。痺れるって言うか、頭が白くなってっちゃうの』
妻は、言葉を選ぶようにしながら話します。私を傷つけないように気を使っているのが伝わってきます。

私は、大きなペニスが気持ちいいと聞かされ、身もだえしそうなほど嫉妬しました。私は、半身不随になる前も、いわゆる短小でした。平均値あるかないかのサイズでした。
そして、今は勃起すら出来ません。情けなくて泣けてきます。

「じゃあ、またしてみたいって思ってる?」
私は、そんな質問を投げかけました。
『えっ? またって……。イヤじゃないの? 健二は、イヤじゃないの?』
妻は、驚いた口調です。私は、イヤじゃないと言いました。そして、私のせいで欲求不満になるのは申し訳ないと言い、せめて敏夫と楽しんで欲しいと言いました。
『……私のこと、好き?』
妻は、心配そうな顔で質問します。私の意図がまったくわからないような感じです。私自身も、自分がなにを考えているのかわからなくなってきました。

私は、好きだと言いました。愛しているとも言いました。妻は、安心したような顔になり、
『ありがとう。じゃあ、また敏夫さんに抱いてもらうね。健二、嫌いにならないでね』
と、言いました。そして、私のペニスを口でしてくれます。彼女の舌が絡みついてきて、私のペニスを舐め回します。気持ちいいのですが、やっぱり勃起はしません。
私は、さっきのことを思い出していました。さっきは、完全ではないにしろ、確かに勃起していました。あの事故以来、ピクリとも反応しなかったペニスが、半分程度とは言え反応してくれたのは、奇跡と言ってもいいと思います。でも、今はまったく反応していません。

『気持ちいい? どうしたら気持良くなる?』
妻は、一生懸命に口での愛撫を続けながら、そんな質問をしてきます。私は、そのまま続けて欲しいと言いました。そして、私はそんな風に一生懸命にしてくれている妻を見て、敏夫にしている妻の姿を想像してしまいました。
XXLサイズのコンドームを使っている敏夫……。そんな大きなペニスを、妻は歯が当たってしまうと言いながらフェラチオをしていました。きっと、私のものと比べてたんだろうなと思うと、敗北感を感じてしまいます。

『あっ、大きくなってきた! 健二、固くなってきたよ!』
妻は、ビックリした顔で叫びます。私も、驚きながら自分の股間を確認しました。すると、確かに少しではありますが、固く大きくなっているのがわかります。でも、感覚としては、勃起しているという感じはしません。
まるっきり、さっきと同じ状況です。すると、妻が、
『良かったね! 大きくなってるよ、固くなってるよ!』
と、涙目で言います。そして、そのまま私にまたがって半分程度に固くなったペニスを膣に入れました。久しぶりの感覚に、私は声が漏れてしまいます。でも、妻はほとんど声を出しません。

『健二、どう? 大丈夫?』
妻は、心配そうに言ってきます。私は、大丈夫だと言うことと、気持ちいいという事を伝えました。
『じゃあ、動くね。痛かったりしたら言ってね』
妻はそう言うと、腰を上下に動かし始めました。本当に久しぶりの妻とのセックス……。気持良くて最高だと思います。でも、どうしても敏夫のことを意識してしまいます。
ついさっきまで、妻の膣にはアイツのペニスが入っていた……。そう思うと、激しく嫉妬してしまいますし、ツラい気持ちになります。

でも、アイツのことを意識すればするほど、ペニスがさらに固さを増すように感じます。私のEDは、身体的な要因だと思っていました。もう、勃起する神経が断裂しているとかそう言う事だと思っていました。それが、完全ではないにしても、勃起をしている……。私は、希望があるなと嬉しく思います。でも、これ以上の奇跡は起きないのかもしれない……。そんな風にも思ってしまいます。

『健二、すごいよ、固くなってきた。気持ちいい。もう、あんな事しなくても大丈夫だね』
妻は、涙を流しながらそんな事を言います。私は、正直複雑な気持ちのままでしたが、射精感が増してきました。でも、私のペニスはなぜか急激に固さを失っていきます。

私は、思わずゴメンと謝りました。
『ううん。嬉しかったよ。きっと、もっと良くなると思う!』
妻は、希望を持った顔になっていました……。

そして、妻との生活は変化がありました。射精までは至りませんが、セックスも出来るようになりました。きっと、もっと勃起できるようになるねと言いながら、半年ほどが経過しました。

私は、なぜか勃起しなくなりました。また、前のようにピクリとも反応しなくなりました。敏夫と妻のセックスを思い出しても、ピクリともしなくなってしまいました。

『……きっと、また良くなるよ。大丈夫だよ』
妻は、私を励ますように言います。でも、一目でわかるほど落ち込んでいるのがわかりました。
私は、正直に話をしました。勃起するようになったのは、敏夫への嫉妬心のおかげだったと思うという事を。そして、半年も経って刺激が薄れてしまったせいだと思うという事も話しました。
『……そうだったんだ……。でも、そうなのかなって思ってた。……もう一度、敏夫さんとの事セッティングしてもらえますか?』
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?

旦那のキャバクラ通いにキレた若妻が出会い系にやって来た

パチンコで7万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。
いつも以上に念入りに探して募集もかけ、ある人妻にメールを送ってみました。

『目とかは隠していいから、ある程度顔が分かる写メを送ってくれませんか?』と。

しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。

続きを読む

△EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩

『あなた、今晩久しぶりにどうですか? 今日は2人ともいないでしょ?』
夕食後、妻の里美が恥ずかしそうに言ってきた。今日は、息子達二人はテニススクールの合宿でいない。里美は、顔を赤くしてモジモジと誘ってくる。恥ずかしがり屋な里美は、まるで少女のようにはにかんでいた。

子供2人を産んで、もう30代半ばになったのに、童顔と肌の美しさのおかげか、まだ20代に見える。もちろん、夫のひいき目もあると思うが、子供が2人いると言うとまず間違いなく驚かれる。

続きを読む

会社の飲み会の帰り、定年退職した元上司と3Pになりました

課の表彰祝いの飲み会の後、路菜と一緒に最寄りの駅まで歩きました。
途中のオープンテラスに、2年前に定年退職した課長の中川さんが座っていました。

私が2度の不妊治療で、時々会社を休んだり、長時間トイレに行っていたり、それに、2度の育休してお世話になった課長です。

続きを読む

不妊に悩む弟が、嫁さんを妊娠させて欲しいと言ってきた

弟夫婦には子どもがない。
弟がどうも、無精子症らしい。
弟の嫁である義妹がどうしても子どもが欲しいらしく、先日、弟から電話があり「協力して欲しい」とのことだった。

俺は、もう少しで30歳になる。
義妹は27歳、弟とは大学の時の同級生だったらしい。
卒業と同時に弟と結婚し、専業主婦をしている。

続きを読む

保育園の保母さんと仲良くなってジャージフェチになりました

小さい子がいるので毎日送り迎えをしています。
こぢんまりとした保育園なので、保母さんとは比較的顔見知りになれるんです。
そこには、ちょうど40歳の素敵な保母Sさんがいて、息子の担当です。
毎日、当たり前のように会話をし2年が過ぎました。

続きを読む

彼女を寝取られた経験有り

290 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2011/04/15(金) 23:50:33.28 ID:NoUfv95l
彼女を寝取られた経験有り
寝取られで興奮するっていう奴の気がしれない。
リアルだと精神的外傷になるぞ。
俺の経験を書くけどおまいらの気分が悪くなっても勘弁ね。
まあ、ざまwwwwとか思うなら思ってくれ!
 
大学二年のときに同じ学年だけど年がひとつ下の彼女がいたんだけど
その彼女は小柄で童顔。当時、ロリが好きな俺は惚れに惚れていました。
周りの支援で雰囲気をつくってもらい付き合うことになりました。

続きを読む

裏ものAVスタッフに騙された俺と彼女

4年ほど前、俺はお金が全くなくアルバイトで何とか食っていたが
ある日そのバイトをクビになった。
途方に暮れていると電柱にチラシが。
それによると俺の地方のローカルテレビが行うバラエティ番組のオーディションということで俺は行ってみることにした。
(前からテレビに出たかった)

続きを読む

※恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました完(転載禁止)

前回の話

里恵は、黒人に中出しをおねだりした。僕は、射精しながらそれを見ている。
「出すヨ。僕の赤ちゃん、孕んでネ」
黒人は、そう言って里恵の中に射精を始めた。里恵は、中に出されてのけ反るようになりながら、
『イクっ! イグぅっ! 赤ちゃん出来ちゃうっ!』
と、叫んだ。黒人は、里恵の中に射精しながら、彼女にキスをしている。
里恵は、嬉しそうに舌を絡ませ、濃厚なキスが始まる。僕は、射精したばかりの自分のペニスに目を落とした。イッてもガチガチのままのペニス……。大川の手術のおかげで、大きさはかなりのものになった。でも、動画の黒人達と比べると、情けなくなるほど小さい。

続きを読む

続きを読む

※ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。
正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。

俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。


俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。
加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。

続きを読む

駄菓子屋のお姉さんは、元ヤンぽかったけど優しくてエロかった

ずっと昔の話。
今はもう名前も顔も何もかも思い出せないけど…
中学の頃、友達の家の近所に、おばちゃんが一人で店番してる、小さなおもちゃ屋があった。
そこには駄菓子も置いてあった。
 
俺は友達とよく、学校の帰り道に寄り道して、その店で駄菓子を買い込み、その後に友達ん家へ行く事が多かった。
たぶん中2位の頃だと思ったけど、ある日、駄菓子を買いに入ると、店員が年上のお姉さんに代わっていた。

続きを読む

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
5位
アクセスランキングを見る>>