月別アーカイブ  [ 2018年03月 ] 

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫



このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

お漏らしプレイが、妻との絆を強くしてくれました

私はある出来事から妻の本当の姿を見る事が出来ました。

大人しく、気立ても良い妻。
ストレートの髪をなびかせ歩く姿は、セレブといった風貌。
小顔で美人の妻が私は自慢でした。
夜の営みは人並みで、ノーマルなエッチで満足していた私。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

体調が悪い俺を風呂に入れようとした姉の前で盛り上がっていく俺のアレ

最近寒くなってきたじゃん?
で、昨夜、寒いから風呂入りたくなかったんだよ。
面倒くさいなーって思いながら、リビングでゴロゴロしてたらさぁ。
姉が、「風呂どうすんの?」って聞いてきたんだよ。
「寒いからもう入りたくねぇ」って言ったら、「姉ちゃんも寒いから入りたくない」って言うんだよ。

で、俺もちょっと風邪気味だったし、コタツに入って鬼殺しチビチビ飲んでたのね。
それから姉が作ってきたうどんすすって、グダグダとテレビ見てたんだよ。
コタツで、姉の隣で並んでグダグダとね。

続きを読む

会社の送別会で、泥酔した営業の女を自宅に連れ込んだ

先週末、社内の送別会があって同じ所内の3年目営業女とワインバーに二次会に流れたら、ぐでんぐでんに酔っぱらっちゃったんで、自分の部屋まで連れて帰っちゃったんだよなぁ。これからの接し方に多少悩むんだよね…

課長に辞令が下りて有志だけでとりあえず送別会ってことで居酒屋に集合となり、7人が参加して始まった。
所長とかの上司のいないゆるーい飲み会だったんで、お酒の量もハイペースで無くなる感じでかなり盛り上がってたところでカラオケ行くぞって流れになってから急展開だった。

続きを読む

女友達にJカップの超爆乳がいて、相談したいとメールが来た

俺はおっぱいフェチなんだが女友達に、Jカップの超爆乳がいる。
一回このデカパイを揉み揉みしたり味わってみたかったが、それが現実のものになったのは、自分が大学2年の冬。

その女友達(以降、裕美)から『相談したいことがあるから、会って欲しい』とメールが来た。
その日はバイトも休みで暇だったから即刻OKして、近くの駅で待ち合わせた。
俺は車で現地まで行き、裕美を待った。
しばらくして、裕美が姿を現した。

続きを読む

続きを読む

仲間と苦労してヤリサーを作り上げた想い出

大学時代に仲間内で超小規模のインカレサークル作ってヤリサーにつくりあげたww。

ヤリ目的で男友達三人でインカレ作って、そこに5人の女子大生が入ってきたw

同じ大学の同級生が一人に、他大の後輩が二人、そして他大の先輩のJDが二人。

後に男のインカレメンバーは少し増えたが、女は結構入れ替わりが激しく、他大の男友達に女子大生を紹介してもらったりとw

んでやってる事と言えば呑み会

月に2・3度安い行き付けの居酒屋へ行き、日付けが変わる位まで。

続きを読む

従姉妹の家で、風呂に入ったらブラとパンツがあったので……

おれはスキーをやりに北陸のいとこのとこへ毎年行ってました。

初日滑りに行かず、家でだらだらしてただけでした。

深夜テレビを見ていると、いつの間にか1時を回っていました。

明日早いのでこれはやばいと思い、さっさと風呂に入って寝ることにしました。

脱衣所で服を脱いでいると、なんと籠の中にいとこのねーちゃんのパンツとブラが…(いま思うと叔母のやつだったかもw)

続きを読む

妹が、俺の巨根にハマって彼氏を作らないのだがw

「あ!あ!ああああ!ダメ!ダメ!ダッメーーーーー!イクッ!・・イクゥゥーーーー!」
由美香の膣が凄まじいうねりに合わせて締まった。
俺も我慢できない!そのまま長大ストロークをぶちかまして、一気に由美香の膣内に大量の精子を送り込んだ。「兄ちゃーーーーん!」俺の下でエビぞって噴き出す精液を全部体内で受け止めてくれた。妹の由美香は、4度目の絶頂。そして、俺が大量射精。

続きを読む

※兄嫁の下着に顔をつけて匂いをかいでいたら、兄嫁が急に入ってきた

僕は、今年から大学に通うために、兄の家に住ませてもらうことになった。12歳も年の離れた兄は、大学の時から東京で暮らしていて、岐阜の田舎で暮らす僕の憧れだった。

僕は、久しぶりに兄と一緒に暮らすことと、東京に行けるということが凄く嬉しかったけど、それだけではなく、兄の嫁のまゆさんと暮らすのも楽しみだった。

まゆさんと兄は、2年前に結婚した。兄が初めてにまゆさんを連れてきたとき、僕はまゆさんが凄く可愛らしいのにビックリした。兄より四つ年下で、小柄で笑顔が本当に可愛らしい人だった。
ぱっちりした二重まぶたで大きな瞳は、見ていて吸い込まれそうだと思った。そしてまゆさんは、初めて会ったときから僕にフレンドリーに接してくれて、僕もすぐに仲良くなれた。

続きを読む

エロい吹奏楽部の遠征先は、混浴旅館だった

私は女子高で30人くらいの吹奏楽部だったんですが、女の部活は何故かエッチな事思いつく子が多いんですよね。

部活の遠征で旅館に泊まったとき、そこの旅館には女湯の他に混浴があったんです。

若気の至りだったのか、いつも盛り上げ役的な3年生の先輩2人に誘われて、当時2年の私と1年の後輩も行く羽目になってしまいました。

私とその後輩は、今でいう新垣里沙ちゃんを劣化させた感じの童顔で、どっちかと言えば聞き役タイプでした。

バスタオルで隠していいと書いてあったんですが、先輩がまたHな提案を…

続きを読む

安宿で話しかけてきたメンヘラ女に犯されましたw

ようやく7年がかりで地方の三流大を出たけど、まともな就職もない。
住んでるアパートも近々建て替えるってことで、じきに追い出されることになるし。

郵便局で有り金を全部おろし、半ば自暴自棄で旅に出た時のこと。
時間は無限にあるし、心は病んでいても、体は健康そのもの。
金がなくなりゃ肉体労働のバイトでもすりゃいいやなんて考えてた。
目指すは北海道。

続きを読む

同じ部署の38歳の人妻を会社の送別会で口説きました

先週の土曜日に同じ部署の38歳の人妻を会社の送別会で口説きました。

彼女は俺より先輩で見た目はキツそうなのですが、仕事などで話をすると結構、優しく姉御肌。

その日、夕方6時からの送別会が終わったのが8時。

続きを読む

※金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた

私の妻は、4歳年下だ。まだ私が大学生の時に彼女に知り合い、そして、色々とあったが結婚に至った。

妻の純子は、今は専業主婦をしていて、そろそろアラサーと言われる年齢になってきたので、最近子作りを始めたところだ。と言っても、基礎体温すらつけず、避妊せずにセックスをするというだけの子作りなので、いつ授かれるのかはタイミング次第だと思っている。

でも、まあ焦る歳でもないので、それでかまわないと思っていた。

純子は、肩まで伸びた真っ黒な髪ががとても綺麗だ。本当にクセのないまっすぐな髪は、艶やかでキューティクルの天使の輪が見えるほどだ。

続きを読む

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者ブロマガ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
11位
アクセスランキングを見る>>