姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果完【ブロマガ】

前回の話

希は、大きくなったお腹にエプロンを身につけ、朝食を準備してくれている。全体的に、少し丸みを帯びた身体。顔も、少し丸くなった。黙っていると冷たいと感じるほど美人な希だけど、丸くなったことで優しい感じになっている。
エプロンで隠れてはいるが、小さめだった胸も膨らんできていて、巨乳とまではいかないにしろ、いい感じになってきた。
『はい、いっぱい食べてね』
希は、私の前にパンやスクランブルエッグを並べていく。そして、最後に紅茶を置いてくれた。私は、ありがとうと言って食事を始めた。

「希ちゃんは食べないの?」
『あ、食べるよ〜。マー君の作ったらね〜』
希はそう言って調理を続ける。そこに、マー君が入ってきた。寝ぐせ頭でまだボーッとした感じの彼。同居を始めて数ヶ月経ち、すっかりと慣れてしまったようだ。初めの頃は、戸惑いとか恐縮している感じがあったが、今ではすっかりと自分の家のようにリラックスしている様子だ。


「おはよ〜」
マー君はそう言って希に近づいていく。
『あ、いま出来るからね〜』
希は、笑顔で答える。私に見せる笑顔とは違う笑顔だ。私に見せる笑顔は、よく言えば家族に見せるようなリラックスした感じの笑顔だ。でも、マー君に見せる笑顔は、媚びた感じの牝の表情に見える。
マー君は、キッチンの希に近づいていく。そして、後ろから希を抱きしめる。
『あん♡ ダメだよ、危ないって』
希は、危ないと言いながらも嬉しそうに笑っている。すると、マー君が希の顔を後ろに向かせてキスをした。フライパンを持ったままキスを受けていた希だったけど、すぐにフライパンから手を離し、振り返ってマー君に抱きついた。

希もマー君も、朝から濃厚に舌を絡めたハードなキスをしている。私は、見慣れてしまった光景ながら、やっぱりドキドキしてしまう。
膨らんだお腹の希。可愛らしいエプロンをして、可愛い妊婦さんという見た目だ。それが、イヤらしく舌を使ってキスを続けている。私は、自分が夫なのか、マー君が夫なのかわからなくなってしまう。

希は、キスをしながらマー君の股間を手でまさぐっている。パジャマのズボンの部分はすでにもっこりと盛り上がり、小山のようになっている。そのまま濃厚なキスが続き、希の息遣いが荒くなっていく。

しばらくすると、希がしゃがみ込みながらマー君のパジャマのズボンを降ろした。一緒にパンツまで降ろしたようで、ペニスがブンッという感じで飛び出してくる。すっかりと勃起して大きくなったペニスは、私の粗末なものとは違い、得意げに天井を向いてビクンビクンと震えている。

『先にフランクフルト食べちゃうね』
希は、下品すぎる冗談を言った後、マー君のペニスを思いきり頬張った。希は、大きなお腹をものともせずにフェラチオを続ける。丁寧に竿の部分やカリ首の部分を舐めたり、思いきり喉奥までくわえ込んだりする。それだけではなく睾丸まで舐め、口に含んだりもしている。
マー君は、フライパンの調理途中の料理を仕上げ始める。希にフェラチオされたまま調理をするマー君を見て、私は言いようのない敗北感を感じていた。でも、私のペニスも痛いほど勃起していて、私はオナニーをしたくてたまらない気持ちになっていた。

『もうダメ、我慢出来ないよぉ』
希はうわずった声で言うと、パジャマとショーツを膝まで降ろしてしまう。そして、マー君を壁に押しつけるようにして立たせると、立ちバックの体勢でマー君のペニスを入れてしまった。
『うぅあぁっ、入ってきたぁ♡ マー君のカチカチだよ、うぅっ、気持ち良いっ!』
希は、お腹が大きいのを気にもせず、一気にマー君の巨根を根元まで入れてしまった。彼の巨根だと、子宮口に強く押し当っているはずだ。私は、お腹の子の事が心配で声をあげそうになった。
でも、希はとろけきった顔のまま腰を振り始める。
「希、ダメだって、もっと優しくしないと。赤ちゃん、ビックリしちゃうよ」
マー君は、優しい口調で言う。すっかりと、希の夫役が板についてきたように見える。
『いいの、もう安定してるから、ウッ、あっ、あっ♡ 大っきいっ! 赤ちゃんの部屋、ノックしてるよ! パパのおチンポ、ノックしてるのぉ』
希は、とろけきった顔で腰を振り続ける。大きなお腹と可愛らしいエプロン姿の希……。それが狂ったように腰を振っている姿は、まるでアダルトゲームのようだ。あまりに現実離れした光景……。でも、私は息を飲んで凝視している。

希は、朝なのにお構いなしであえぎ続け、自分で乳首までまさぐり始めた。マー君とのセックスを経験する前は、希はそれなりにセックスは好きだったと思うが、ここまで狂うことはなかった。いまの希は、色情狂と呼ばれてもおかしくないレベルで快感をむさぼるようになってしまった。

『イクッ! イクぅーっ! パパ、イッちゃうっ! うぅあぁっ! パパもイッてっ! 一緒が良いのっ! 一緒にイキたいのおぉっ!』
希は、切なそうな顔でマー君を見つめる。マー君は、やれやれというような態度で希にキスをする。すると、希はビクンと体を震わせて腰が抜けたようにへたり込んでしまった。

希の膣から抜けたマー君のペニスは、短時間のセックスだったとは思えないほどドロドロになっていて、私のセックスとの違いが鮮明になる。私がいくら頑張っても、こんな風には絶対にならない……。

『へへ。腰抜けちゃった。お腹膨らんできたら、前より敏感になっちゃった』
希は、うっとりした顔で言う。
「中が狭くなったから、よけいに当るようになったのかな?」
マー君がそんな事を言う。
『マー君、まだイッてないでしょ? 今度はここでして』
そう言って、キッチンシンクに腰をかけるようにする希。マー君は、慣れた動きで希に挿入した。キッチンでセックスをするときの定番なのかも知れないが、シンクに腰をかけて腕をマー君の首筋に巻付けるようにして抱きつく希。キッチンシンクの補助有りの駅弁ファックみたいな格好になった。
そして、自然な流れで2人はキスをした。キスをしたまま腰を振り続けるマー君。希は、うめいたりしながら必死で舌を絡ませ続ける。朝から濃厚すぎるセックスをする2人。私は、ハッと気がついて時計を見た。遅刻寸前だ。

私は、キッチンで愛し合う希に、
「じゃあ、行ってくるね」
と言って立ち上がった。

『う、うん。行ってらっしゃい、うぅあ、夕ご飯、ひぃぃあぁ、ダメぇ、しゃべれないよぉ、ストップ』
希は、いったんマー君の動きを止めようとする。でも、彼はかまわず腰を振り続ける。

『夕ご飯作って待ってるね、うぅ、あっ、あっ! またイッちゃうっ! ダメぇっ! パパのすごく固くなってきたぁ♡』
私に話しかけながらもあえぎ続ける希に軽く手を振って、私は家を出た。ドアを閉めても、かすかに希の嬌声が聞こえてくる気がしたが、私は気持ちを切り替えて歩き始めた。


まだ学生のマー君は、いつも私よりゆっくりだ。家を出た後、2人が何をしているのかはわからない。でも、夕方家に帰ると、セーラー服やナースの格好をした希が、うつぶせで寝てしまっているのを見かけることがある。

——だらしなく広がった脚、アソコから垂れ流れているザーメン。うつぶせはお腹の子に悪いと思い、ゆっくりと仰向けにすると、
『あ……あなた? また失神しちゃったみたい』
と、妖艶な笑みで話しかけてくる希。髪は乱れ、顔と髪にもザーメンがかかってカピカピになっているのがわかる。希は、私には一度も言ったことがないが、マー君にはフィニッシュの時に顔にかけてと叫ぶことがある。そして、大量のザーメンを顔にかけられて、激しく身体を震わせてイッてしまう。それを初めて見たときは、どう考えてもSな希なのに、実は秘めたM的な面もあるんだなと驚いた。

「あぁ、そうみたいだね。大丈夫?」
私はそんな言葉をかけながらも、性的欲求を抑えきれず、セーラー服姿で妖艶な笑みを浮かべる希に覆いかぶさるように抱きつき、キスをした。一瞬、精液独特の生臭い味が口に広がったが、すっかりと慣れてしまった私は構わずに舌を突っ込んでかき混ぜた。
『あなた、固くなってるね♡』
希は、私のペニスをズボン越しに握りながら言う。私は、他の男のザーメンまみれになった希を抱きしめ、そのまま慌ててズボンとパンツを脱いで挿入しようとした。
『いいの? さっきしたばっかりだから、ガバガバだよw』
希は、挑発的な顔で言う。私は、その言葉に逆に燃えて、希の中に挿入した。ガバガバだよと言っていたが、全然そんな事はなく、絡みついてくるような感覚がある。私は腰を振り始めた。すぐにグチョグチョと音を立てる希のアソコ。
でも、音の原因はマー君のザーメンだ。こぼれ出てくるザーメンは、寝室中を栗の花の臭いでいっぱいにする。私は、希の膣中のザーメンを少しでも掻き出そうと頑張って腰を振り続けた。今さら掻き出しても、すでに希はマー君の種で妊娠している……。意味がないのはわかっている。

『やっぱり、ガバガバになってるね。なんか、入ってるかわかりづらいよ。ごめんね、気持ち良くないよね?』
可愛らしい言い方をする希。妊娠して以来、言葉づかいなんかが目に見えて代わってきた。がさつで男っぽい口調は、すっかりと影を潜めてしまった。母性が芽生えているのだろうか?

私は、希にそんな事を言われて情けない気持ちになった。入れているのにわかりづらいなどと言われ、去勢された雄犬のような情けない気持ちだ。

「希、愛してる!」
私は、絞り出すように言った。
『私も愛してるよ。こんなお腹になっちゃったけど、嫌いになってない?』
希は、心配そうな顔で言う。強気だった希の大きな変化に戸惑いながら、嫌いになるはずがないと答えた。
『本当に? 他の男の赤ちゃん孕んじゃったのに?』
希は、微妙にからかうような感じの口調が混じり始めていた。私は、ゾクゾクッとして興奮してしまった。

希に、それでも愛してると答えると、
『また固くなってるし。ホント、ヘンタイだねw でも、愛してるよ。絶対に捨てないでね』
希は、真顔で言ってくれた。私は、愛してると何度も言いながら腰を振り、何度もキスをした。

『愛してるよ。入ってるの全然わかんないけど、多少は気持ち良いよ』
希はからかうように言いながらも、気持ちよさそうな顔をしてくれる。私は、馬鹿にされるようなことを言われるたびに興奮が高まっていき、早くもイキそうになってきた。
『固くなってきたよ? もしかして、もうイクとか? ハァ……。もっと頑張ってよ』
希は、不満そうに言う。でも、セーラー服のコスプレや、髪や顔に付着したガピガピになったザーメンが私を興奮させてしまう。

『さっき、マー君は30分は入れっぱなしだったよ。何回も何回も天国に連れて行ってくれたよ。どうしてあなたは、1回も連れて行ってくれないの?』
大げさに悲しそうな顔をする希。私は、申し訳なさと敗北感で泣きそうな気持ちになる。
「ごめん。頑張るよ」
謝りながら腰を振る私。これ以上みじめな夫はいないと思う。
『頑張れ〜。頑張って少しは気持ち良くしてよ♡』
希は、そんな事を言いながら私の乳首を刺激してきた。すると、本当にあっけなく射精してしまった……。
『フゥ……。お疲れ様』
希は無表情でそう言うと、私の下から滑り出て浴室に行ってしまった。

私は、情けない気持ちになりながらも、希とセックス出来た幸せを感じていた。基本的に、マー君がいるときは私はセックスすることが出来ない。夫なのに、マー君が希を狂わせる姿を見ることしか許されない。せっかくのチャンスを5分も保たせることが出来ない私は、雄としては最下層なのだと思う。こんな風にマー君のおこぼれをもらうような日々だ——


私は、会社で朝の2人のセックスを思い出してモヤモヤしていた。途中で抜けてしまったので最後まで見ていないが、あのあと当然のようにマー君は希の中に注いだんだろうなと思う。多分、希の膣中に注いだ量はマー君の方が多いはずだ。それも、圧倒的に……。


時折そんな事を思い出しながら、それでも仕事を頑張っていると、希からの着信があった。私は、周りを見て問題なさそうだったので電話に出た。

「もしもし? どうしたの?」
仕事中に希からかかってくることは少ないので、どうしたのかな? と思いながら話し始めると、
『あ、うん。……夕ご飯……なにが良いかな? って……』
希が、そんな事を聞いてくる。私は、そんな事かと安堵しながらも、
「別になんでもいいよ。希ちゃんが作りやすいので良いから」
と答えた。
『う、うん。フゥ……じゃあ、肉じゃが? ぅうぅ……とか、サンマ焼く?』
希は、そんな事を言う。でも、明らかに変な感じだ。
「どうしたの? 体調でも悪いの?」
私が心配で聞くと、
『へ、へーき……うぅ、くぅ……だいじょうぶ、うぅあっ』
と、苦しげな声を出す。私は、ここでやっと気がついた。
「……マサくんいるの?」
『う、ううん、いないよ、くぅあぁ、ふぅぁ、』
希は、そんな返事をする。でも、どう考えてもしている最中だ。寝取られ動画の、最高に盛り上がるシチュエーションだ……。

「じゃあ、肉じゃががいいかな?」
私は、興奮して勃起しながら答える。
『うん。あっ、あっ、ダ、ダメぇっ、強すぎるっ! はぁっうぅっ!』
希は、普通にあえいでしまっている。そして、パンっパンっという、肉を打つ音も響いている。私は、手が震えながらも聞き続けた。そして、いきり立ったペニスをしごきたくてたまらない気持ちになってしまっていた。

『ダメっ! 聞かれちゃうっ! イヤぁっ! あっ! あっ! もうダメぇっ! イクッ! イッちゃうっ! 聞かれてるのにイッちゃうっ! イクッイクッ! イクぅーっ!!』
私は、電話から音が漏れないか心配になってしまった。それほど大きな声で希はあえいでいた。すると、プチンと電話は切れた……。


私は、すぐにトイレに駆け込む。そして、破裂しそうなペニスを取り出し、狂ったようにしごき始めた。あっけなく射精してしまった私。トイレの扉にたっぷりとザーメンがかかってしまった……。
私は、それをトイレットペーパーで拭き取りながら、涙があふれそうだった。そして、色々なことを想像しながら仕事を続け、少し早めに会社を出た。今頃、どんなことをしているのだろう? まだセックスの最中なのだろうか? そんな事を考えながら、嫉妬と焦燥感と興奮がグチャグチャになってしまい、つい電車で勃起してしまった。ハッと気がつくと、目の前に座っているOLさんが、顔を赤くして私の盛り上がった股間を見ているのに気がつき、慌ててその場を立ち去った。

家に帰ると、想像とは違って希しかいなかった。
『お帰り〜。今日は早かったね!』
と言って、私に抱きついてきてくれる希。可愛らしいエプロン姿だ。そして、シチューとかそんな感じの甘い匂いが漂っている。
「あれ? マー君は?」
私が聞くと、
『今日はゼミの飲み会だって。たまには二人で食べよ?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果4【ブロマガ】

前回の話

『あなた、朝ですよ。起きて下さい』
希の優しい声で目を覚ました。私は、一瞬自分がどこにいるのかわからず、軽くパニックになってしまった。どうやら私は、ソファで寝てしまったようだ。
「あ、おはよう……。あれ? 彼は?」
私は、昨日の事を思い出しながら希に質問した。昨夜、二人は何度もセックスをして、私はそれを見ながらオナニーをさせられた……。そして、希の嬌声を聞きながら、いつの間にか気を失ったように寝てしまった。

『もう帰りましたよ。昨日はごめんなさい。やり過ぎちゃいました』
希は、昨日のサディスティックな顔がウソのように、優しく貞淑な感じだ。
「い、いや、私こそ……情けない姿を見せてしまって……」
『ううん。可愛かったですよ。でも、楽しんでくれたみたいで、嬉しいです』
希は、にこやかな顔で言う。
「嫌じゃなかった?」
『とんでもない。あなたのじゃ届かないところを、いっぱいいじめてもらいましたから』
希は、ニヤッとしながら言う。私は、そんな事を言われてドキドキしてしまった。
「そ、そっか……良かったね」
私は、おどおどしながら言う。
『良かった? 何がですか?』
希は、丁寧な言葉づかいながら、刺すような目になってきた。
「い、いや、その……。気持ち良くて良かったね……」
『良かった……ですか? 私が、あなたの粗チンじゃもう感じなくなっちゃったのに、良かった……ですか?』
希は、そんな事を言う。私は、希のサディスティックモードは終わっていないことに気がついた。すると、いきなり股間を足で踏まれた。思わずうめく私に、
『ハァ……。なんでこんなになってるのかなぁ……。ひどいこと言われてるのに、ビンビンじゃん』
一気に言葉づかいが砕ける希。
「ごめんなさい」
私は、とっさに謝ってしまった。
『別にいいけど……。私がアンタの目の前で他の男とエッチしたのに、なんでそんなに興奮するの?』
希は、あきれたように質問してくる。
「ごめん。どうしてなんだろう? わからないけど興奮しちゃう……」
私は、理由なんてわからないので素直に気持ちを話した。すると、希は黙ってパジャマの下を脱ぎ、ショーツまで脱いでしまった。まるっと毛のないアソコが丸見えになる。急に脱ぎ始めた希に驚いていると、彼女は軽く脚を広げ始めた。
『こんなに出されちゃってるのに? それでも興奮するの?』
希の声と共に、希のアソコからドロッとしたザーメンが流れ出てきた。粘度の高そうな白い液体が、とめどなく溢れてきて床に液だまりを作っていく。
「うぅ、そんなに……」
私は、あまりの量に驚いてしまった。

『アンタが寝た後も、何度も注がれちゃったからな。安全な日だと思うけど、違ったら確実に妊娠させられてるよ』
希は、からかうような口調で言う。私は昨日、男の子に狂わされて何度も注ぎ込まれる希を見て信じられない程興奮し、何度もオナニーをしてしまった。そして、興奮しすぎてしまったせいか、ほとんど気を失うように寝てしまった。

「そんな……。も、もし出来てたら……どうするつもりなの?」
私は、泣きそうな声で聞いた。でも、希はまた私のペニスをズボンの上から踏んで来て、
『どうするつもりって聞いときながら、なんでもっと固くしてるんだよ。私が孕まされるの見たいんだろ? 他の種で孕まされるの期待してるんだろ?』
私のペニスをグイグイ踏みつけながら、あきれたような声で聞く希。私は、
『そんな事ない! そんなの、望んでない……』
私は、言いながら声が小さくなってしまった。自分でも、本当に望んでいないのか自信が持てなかったからだ。

『な〜に、弱気になってるんだよ。本当に望んでるんじゃないの? この、寝取られマゾがw』
吐き捨てるように言う希。私は、なにも言い返せず、うつむいてしまった。

『どうするつもり? もうやめる? それとも、また見る?』
刺すような目で聞いてくる希に、私はビビり倒しながらも、
「希ちゃんが、イヤじゃなければ……」
『ホント、ズルい言い方だな。見たいか見たくないかだろ?』
希は、かなりイラついた口調で聞いてきた。
「見たい! 見たいです!」
私は、怯えて返事をした。
『ド変態……』
希はそう言うと、脱いだ下着やパジャマのズボンを拾って出て行ってしまった。私は、希を怒らせてしまったなと思いながらも、またあの興奮を味わえるんだ……と、ドキドキしながら思ってしまった。

そして、私はいきり立つペニスをなんとか収め、リビングに移動した。
『朝ご飯、出来てるから〜』
さっきとはまったく違う、優しい声の希。食卓には朝食が並び、味噌汁のいい匂いが漂っている。
「あ、ありがとう」
私はそう言って食卓につき、頂きますと言って食べ始めた。
『今日はどうするの? 家でゆっくりする? それとも、お出かけする?』
希が優しい口調で聞いてくる。そう言えば、今日は休みだ。そんな事も忘れてしまうほど、昨日の出来事は衝撃的だった。
「そうだね、家でゆっくりしようか? 希ちゃんも疲れてるでしょ?」
『確かにね。さすがに腰がツラいよ』
希はそんな事を言う。昨日、あれだけ激しくセックスをすれば、疲れて当然だと思う。
「じゃあ、片付けやるから、ゆっくりしてて」
『ありがと〜。じゃあ、ゆっくり食べててね』
そう言って、リビングのソファに移動した希。私は、手早く朝食を終え、後片付けを始めた。夢中で食器を洗っていると、いきなり後ろからズボンの股間を握られた。ビックリして食器を取り落とすと、
『ねぇ、してあげる……』
そう言って、後ろから抱きついたまま私の股間をまさぐる希。
「ちょ、ちょっと、どうしたの?」
驚いて聞く私に、
『なんか、キッチンに立ってると、セクシーだよ』
希はそんな事を言って、私の股間をまさぐり続ける。そして、シャツの上から乳首まで触ってきた。快感に一気に股間が固さを帯びると、希はズボンとパンツを脱がせてきた。あっという間に下半身裸になり、勃起したペニスをさらす私。それを、握ってくる希。柔らかい手の平の感触に、小さくうめいた私に、
『片手で隠れちゃうんだ。マー君のは両手で握っても、まだ先っぽがはみ出てたのに』
と言ってきた。私は、屈辱を感じながらも、昨日の男の子のペニスのことを思い出してしまった。どちらかというとオタクっぽい雰囲気で、痩せ型の彼。でも、見た目の雰囲気とは似つかわしくないほどの巨根を持っていた。
私のものよりも、はるかに太くて長いものが希の膣中に出入りする光景を目の当たりにして、私は人生で一番の興奮と快感を味わってしまった。

『あらあら、馬鹿にされてカチカチにするなんて、本当にドヘンタイだねぇ』
そんな事を言いながら、ペニスをしごき続ける希。
『これくらい小さい方が、楽でいいやw』
そんな事を言われてしまった。情けなくて申し訳ない気持ちになる私。希は、そのまま私の前に回り込み、ひざまずくとフェラチオを始めた。私の小さなペニスを根元までくわえると、バキュームしながら舌で舐めてくる。気持ち良くて声が漏れてしまうが、希はすぐに口からペニスを吐き出し、
『細くて短いから、くわえてても全然興奮しないな。マー君のは、窒息しそうになってドキドキしたけどw くわえてるだけで、うずいて欲しくなったよ♡』
ニヤニヤしながら言う希。私はその言葉に反応して、猛烈に興奮してしまった。
「やっぱり、大きい方が気持ちいいの?」
私は、答えが分かりきっていることを聞いてしまった。
『それって、答える必要ある? わかりきってるでしょ?』
やれやれという感じで答える希。それでも私は希の口から聞きたいと思ってしまった。
「愛がなくても、気持ち良いものなの?」
私は、自分で言っていて青臭いなと思うようなことを聞いた。
『私もそう思ってたんだけどね。あれだけ圧倒的なので奥まで突かれると、愛とか超越しちゃうみたいだよ。逆に、あんな快感与えられたら、愛が芽生えるよw』
希は、ニヤニヤしながら言う。私は、慌てて、
「す、好きになっちゃったの?」
と聞いた。希が他の男に抱かれるとか、孕まされてしまうとかいう妄想はしていたが、心まで寝取られるということは想定もしていなかった。さすがに、そんな事までは望んでいない私は、激しく動揺してしまっていた。

『まぁ、嫌いではないわな。キスも嫌じゃないし、中に出されたとき、その時は本気で孕みたいって思ったし』
希は、そんな事を真顔で言ってきた。私は、何も言えずに足が震えてしまった。

『あれ? さすがに小っちゃくなったか。心まで奪われるのは嫌なのか?』
希は、私の小さくなったペニスを指で突きながら、いじめっ子の顔で言う。私は、何度もうなずいた。

『でも、手遅れかもな。だって、早く会って中に出されたいって思ってるし♡』
希は、妙に可愛らしい言い方をした。本当に、恋している少女のような可愛らしい仕草と言い方だった。私は、希が私以外の男性にときめいている姿を見て、やっと後悔が始まった。取り返しのつかないことをしてしまったのではないか? そんな気持ちだ。

『じゃあ、片付けよろしく〜』
希はそう言って、ソファに戻っていった。私は、みじめな気持ちで下着とズボンを穿くと、片付けを再開した。

でも、この会話を最後に、希はまた普通に戻ってくれた。サディスティックな感じも、いじめっ子みたいな感じも影を潜め、優しい希に戻ってくれた。私は、希の心が奪われる可能性を感じ、マー君の話はしないことにした。もちろん、他の男性として欲しいと言うことも……。

そして、また元通りの、仲の良い夫婦としての生活が始まった。ただ、行ってらっしゃいのキスはあっても、セックスはしない生活になってしまった。多分、私から誘えば普通にセックスしたのだと思うが、自信をなくしてしまった私は、どうしても希を誘うことが出来なかった。

そして3か月が経ったある日、
『あなた、これ見てくれる?』
と、満面の笑みで希が話しかけていた。私は、ご機嫌な希を見てこっちまで笑顔になりながら希が渡してきた書類に目を通した。それは、妊娠届出書だった。
『ここのところ、書いてくれる?』
そう言って、氏名欄を指差す希。私は、頭が真っ白になってしまった。
「妊娠届出って? 誰の?」
『え? 私に決まってるじゃん。やっと確定診断でたから。妊娠2か月だよ』
希は、淡々と答える。
「エッ!? だって、セックスしてないじゃん!」
私は、ビックリして大きな声で聞いてしまった。
『うっさいなぁ。デカい声出すなよ。毎日してたぞ。ほら、見て見ろよ』
希はそう言って、私にUSBメモリを投げてきた。私はそれを受け取り、
「そ、そんな……。誰と?」
と聞いた。
『決まってるだろ? マー君とだよ』
希は、そんな事を言う。私は、パニックになり、
「そんな! そんなのウソでしょ!?」
と、パニクって聞いた。

『うるさいなぁ。いいから見てみろよ』
希に言われてパニック状態のままノートパソコンを立ち上げ、USBメモリを刺す。すると、20個以上の動画ファイルが並んでいた。
『えっと、これかな? これ再生してみな。多分、この日に孕んだから』
希は、そんな事を言う。私は、悪い冗談だと思いながら、言われたファイルを再生した。

すると、希のアップ姿が映る。希はなぜかウェディングドレス姿だった。ベールこそしていないが、髪飾りはしている。そのドレスは、私との結婚式の時のものだ。レンタルですませようとした希に、一生の記念だからと言って買い取りを勧めたのは私だ。

その純白のドレスを着た希が映っている。
『どう? なんか、照れ臭いな……』
カメラに向かってそんな事を言う希。その頬は、ほんのりと赤くなっていて、恥ずかしそうな表情をしている。
「凄く似合ってるよ。希、愛してる」
カメラを持っている男が、そんな事を言う。姿は映っていないが、声に聞き覚えがある。彼だ……。

『私も愛してるよ♡ 今日は、絶対に妊娠させてね♡』
希は、うわずった声で言った。
「誘発剤飲んでるんでしょ? きっと大丈夫だよ」
『うん。じゃあ、お口でするね♡』
そう言って、ウエディングドレスの希がひざまずいた。そして、マー君のズボンのファスナーに手をかける希。カメラは、見下ろす角度で撮影を続ける。

パニック状態の私が、
「そ、そんな……。いつから?」
と聞くと、
『いつからって、あの時からに決まってるだろ? 次の日からほとんど毎日だよ』
と、希は何食わぬ顔で答えた。
「……どうしてこんな……」
『だって、あんな快感知っちゃったら、一日だって我慢出来ないよ』
希は、画面を見ながら言う。

画面の中では、ウエディングドレスの希が、驚くほど大きなペニスを頬張っている。口を目一杯開けて、くわえ込み、頭を動かしたりしてフェラチオをしている。純白の手袋で、太すぎるペニスを握っている……。
私と永遠の愛を誓ったドレス姿で、私ではない男のペニスを夢中で舐めている。

希は、幸せそうな顔でフェラチオを続ける。
『あぁ、本当に素敵♡ 太いし、カチカチ♡』
うわずった声でいいながら、フェラチオを続ける希。根元まで飲み込み、えづきながらもフェラチオを続ける。それにしても、大きなペニスだ。希が小顔ということもあるが、ほとんど長さは同じくらいに見える。

私は、激しい動揺を感じながらも、
「このドレスって、あの時の……」
と、絞り出すように言う。
『そうだよ。アンタとの結婚式のドレスだよ。永遠の愛を誓ったのに、他の男に抱かせるなんてね……。あの時は、夢にも思ってなかったよ』
希は、一切私の方を見ずに言う。

画面の中では、希が熱心にフェラチオを続けている。頬の内側にペニスを当てているのか、頬がぷくっと膨らんだりする。あまりにもイヤらしいフェラチオ姿だ。
「希、ダメだって、出ちゃうよ」
マー君が、少し慌てた口調で言う。
『ダメだよ! 最初は子宮に飲ませてくれないと♡』
希は可愛らしい口調で言うと、ベッドに寝転がった。そこでやっと、その場所が私達の寝室だと気がついた。

ベッドに寝転がる純白のドレス姿の希。本当に、美しい。でも、希を撮影しているのは、私ではない……。
希はスカートをまくり上げると、脚をM字に開脚した。ガーターベルトに白いレースの飾り付きのストッキング。でも、股間部分にはショーツがなかった。毛のないアソコ。違和感を感じるくらいに幼く見える。
でも、純白の衣装には、パイパンはピッタリくる感じだ。

『もう、準備出来てるよ♡ お口でしてるだけで、軽くイッちゃった♡ ねぇ、マー君のぶっといオチンポ、希のおまんこに入れて下さい♡』
まくり上げたスカートを抱えたまま、希が可愛らしい口調で言う。私に話しかけてくるときとはまったく違う口調だ。
希が私と話すとき、上から目線な感じが常にある。でも、マー君と話をする希は、目上の人に対するような敬意が感じられる。私は、そこにも強いショックを受けていた。

「じゃあ、カメラ置くよ。二人の大切な日だから、ちゃんと記録に残そうね」
マー君は優しい口調で言う。あの時の、おどおどした男の子と言う感じはまったくしない。男らしさすら感じるような口調だ。

そして、カメラがテーブルか何かに置かれて、固定アングルになった。ほぼ真横からのアングルで、希が覆いかぶさろうとするマー君を見つめているのが映っている。

希のまなざしは、深い愛情に溢れているように見える。私は、ウエディングドレス姿で他の男性にそんな表情を見せる希を見て、足元に急に穴が空いてしまったような絶望を感じた。

マー君は、すでに全裸になっている。ドレスを着たままの希とは対照的だ。マー君は、その大きなペニスを握って希のアソコに押し当てた。希は、押さえていたスカートから手を離し、マー君の背中に腕を回して抱きしめる。そして、そのまま二人は一つになった。
『あぁっ、入ってきたぁ♡ マー君、愛してるっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果3【ブロマガ】

前回の話

希は、床にへたり込んでいる私のところにやってくると、そのまま私のペニスを踏みつけてきた。ズボンの上からでも、的確に私のペニスを踏みつける希。私は、思わずうめき声をあげた。

『ガチガチだな。やっぱりド変態だ』
さっきまでのおどおどした感じは消えてなくなり、いつもの姉さん女房的な希に戻っている。

「ゴ、ゴメン……」
『ちょっとビデオの真似しただけで、そんなに興奮してくれるなんてねぇ。演技のしがいがあるよ』
私のペニスをグリグリと踏みつけながら、希が言う。私は、さっきの恥ずかしがったり罪悪感を感じていたりした希が、演技だったと知って妙に納得した。さっきまでの希は、確かにおかしいなと思っていた。妙に可愛らしくなってしまって、普段の希とは大違いだった。
でも、言われてみれば、ことごとくビデオのセリフの真似だった……。

「え、演技だったんだ……」
『わからなかった? あっ、でも、気持ち良かったのは本当だけどな』
「そうなんだ……」
『じゃあ、続きするから、そこで見ときな』
希はそんな事を言うと、すぐに男の子にキスをした。さっきとは違い、希が積極的にキスをしている感じだ。希の舌が男の子の口に差し込まれ、かき混ぜるようにしているのがチラチラと見え隠れする。

『ほら、今から極太のおチンポ入れちゃうから、よ〜く見てなよ』
希はスカートを脱いで全裸になると、男の子の上にまたがり始めた。ソファに座る男の子に背を向けるような格好でまたがり、対面座位ではなく、背面座位というような格好だ。

私は、それを真正面からまともに見てしまっている。希は、私のことを冷たい目で見ながら、自分のアソコを指で拡げた。そして、天井を向いてそそり立っている男の子のペニスをアソコにあてがい、手も添えずに器用に入れていく。
太いだけではなく、長いペニス。私のものとは、比べものにならないほどの巨根だ。希は、ゆっくりとそれを膣中に飲み込んでいく。
『あなた、ごめんなさい。あなたより大っきなおチンポ、生で入っちゃうのぉ!』
希は、泣きそうな顔で言う。でも、すぐにまた冷たい顔に戻り、
『こう言った方が興奮するんだろ? ド変態』
と言った。私は、演技だとわかっていても、泣きそうな顔の希を見て本当に興奮してしまった。

希は、薄く笑いながら腰を降ろし、あっという間に全部入れてしまった。
『うぅ、ヤバっ、ホントすごいわ♡』
希は、私を見たままそんな事を言う。
『ほら、もっと近くで見ろって』
希は、挑発的な顔で言う。私は、言われるままに結合部に顔を近づけてしまった。
希のアソコは、目一杯拡がっている。穴と棒のサイズが合っていないような感じだ。

『どう? 全然違うだろ? ホント、ギチギチだもん』
希は、汚い言葉で挑発的に言う。元ヤンだった彼女は、最近ではすっかりとおとなしくなり、他人には清楚系に見られるような感じだった。それが、私が寝取られ性癖をカミングアウトして以来、すっかりと昔に戻ってしまったようだ。

「い、痛くないの?」
『ハァ? 見てただろ? イキまくってるよ。アンタの粗チンじゃ、絶対に無理なくらいイキまくってるよ』
希はそう言って、腰を上下に動かし始めた。ほんの数十センチ前で、希の膣に出入りする太すぎるペニス。私は、魅入られたようにそれを凝視していた。

「小さくてゴメン……」
『ハァ? 小さいだけじゃないだろ?』
希は腰を上下に動かしながらそんな事を言ってくる。
「ち、小さくて、早くてゴメン」
『わかってるじゃん。ほら、オナニーしながら見てろよ。そうしたいんだろ?』
希は、腰を振りながら言う。私は、希に言われるままにペニスを取り出してしごき始めてしまった。

『マジでするんだ。メンタル強いな』
小馬鹿にしたように言う希。そして、腰を強く振り始めた。
『ンッ、うぅッ、深い、あっ、あっ、ホントすごい♡』
希は、気持ちよさそうにあえぎ始めた。こんなに目の前で、希の膣にペニスが出し入れされる姿を見ることになるなんて思ってもいなかった私は、泣きそうな気持ちで見続けることしか出来なかった。

私は、希のあえぎ声と、どんどん激しくなる腰の動きに圧倒されながら、ひたすらオナニーを続けた。

『あぁ、効く、ホントすごい、奥にガンガン来てる。アンタのじゃ、一ミリも届かないところに当ってる♡』
希は気持ちよさそうにあえぎながらも、私にそんな言葉をかけ続ける。
「希さん、凄く締まってきました。イ、イキそうです」
男の子は、苦しげな声をあげる。もう、さほど余裕がない感じだ。
『まだダメ〜。ほら、この前みたいに潮吹きさせてごらん』
希は男の子に痴女みたいな言い方をする。

私は、巨根で潮吹きしてしまう希を想像して、危うくイキそうになるほど興奮してしまった。でも、同時に我に返ってしまった。自分の妻が、こんな若すぎる男の子にハメ潮を吹かされそうになっている……。そして、私はそれを見てオナニーし、もうイク寸前だ。こんなこと、絶対に間違っている。狂っている。そんな風に思い、二人を止めようと思った私。でも、私が何か言う前に、男の子が腰を突き上げ始めてしまった。

『うぅあぁっ、そう、それっ! 気持ち良いっ! 全然違うっ! このおチンポ、マジでヤバいっ!』
希は、今まで私が見たことのない顔であえいでいる。本当に気持ちよさそうだ。
「あぁ、希さん、メチャクチャ気持ち良いです!」
『あぁっ! こすれるっ! ぶっといのゴリゴリ来てるっ! ヤバいっ! ヤバいぃっ!! うぅああっ! うぅ〜っ!』
希は、下からガンガン突き上げられて、のけ反ったり逆に前に丸まったり、本当に気持ち良くてしかたないというようなリアクションを取り続ける。昔と違って黒髪に真っ白な肌、どう見ても清楚系の美人だ。それが、ギャルっぽい言葉づかいで感じまくっている姿はギャップがもの凄い。

私は、自分の妻が私では絶対に与えることの出来ない快感を与えられている姿を見ながら、もうイク寸前だ。私がバカなことさえ言わなければ、希は他の男とセックスすることなどなかったはずだ。

希は、膝を抱えられて子供が親におしっこをさせられるような格好になっている。華奢に見える男の子なのに、意外にパワープレイだ。そんな状態で下から突き上げられ続け、
『ンおぉおおぉっ! 出るっ! 出ちゃうっ! うぅッ! イヤぁぁーっ!』と、希は叫ぶようにあえぎながら潮を吹き始めた。
巨根がハマったまま、飛び散るように透明の潮が吹き出す。すると、男の子は希をグッと持ち上げ、ペニスを抜く。すると、透明の潮が勢いよく吹き出してくる。まるで、ホースの先をつまんだみたいに、強烈な勢いで飛び出してきた潮は、私の身体に直撃した。シャツも、中途半端に脱いでいたズボンもパンツも一瞬でビチャビチャになる私。でも、希に潮を吹きかけられた瞬間、私は射精してしまった。
痙攣するほどの快感を初めて味わった私は、うめき声をあげながら大量の精液をほとんど真上に向けて射精していた。私は、うつむいて快感に浸っていた。すると、いきなりペニスを踏みつけられた。ビックリして顔を上げると、希が冷たい目で……汚物を見るような目で私を見ていた。

『またイッた。この子はまだイッてないのに、何回出してんだよ。いくら何でも早すぎるだろ? 粗チンで早漏とか、最悪なんですけど』
清楚で美しい顔の希が、吐き捨てるように言う。私は、ただ謝ることしか出来なかった。

ソファの上には、湯気が出そうになっている巨根を誇示する男の子がいる。そのペニスは、イキそうになっているからか、さっきよりも血管が浮き出ているのがわかる。本当に、造形美を感じるほどの立派なペニスだ。私は、思わず自分のペニスを見つめてしまった。
それは、射精してグッタリと柔らかく、そして小さくなっていた。あまりのサイズの違いに、情けない気持ちで涙がこぼれそうになる。

『なに泣いてんだよ。コレが見たかったんだろ? こうされたかったんだろ?』
希は、あざけるような口調で言う。私は、本当にコレが見たかったのかわからなくなってしまった。

すると、希がソファに寝転ぶ。
『ほら、好きにしていいから』
そう言って、アソコを指で左右に拡げる希。パイパンのアソコがヌラヌラと濡れて光っている。ただアンダーヘアがないだけで、妙に幼く見えてしまう。他の男に剃毛された希……。私は、嫉妬で胸が苦しくなってきた。

「希さん、エロすぎます」
アソコを自ら拡げている希を見て、男の子がうわずった声で言う。そして、その立派なペニスを握り、希のアソコに押し当てる彼。そのまま入れるかと思ったら、クリトリスや膣口をこするように上下に動かし始めた。
『うぅ、ンッ、フゥ……は、早く入れろって』
希は、焦らされてイラついた口調で言う。でも、顔は妙にトロンとしている。
「い、入れて欲しいんですか?」
男の子は、少し緊張した口調で言葉責めを始めた。
『い、いいから早く突っ込めって!』
希は、焦れたように叫ぶ。半ギレという感じだ。私なら、怖くてすぐ言う通りにしてしまうと思う。でも、男の子は意外にメンタルが強いのか、ペニスをこすり続けるだけで入れようとしない。

「欲しいんですか? ご主人が見ているのに、入れてもいいんですか?」
男の子は、声を震わせながら言う。かなり無理をしている感じだ。
『ほ、欲しい……。見ててもいいから、そのぶっといおチンポ、奥まで突っ込んで……お願い……』
希は、根負けしたようにそう言った。すると、男の子は嬉しそうな顔になり、一気にペニスを押し込んだ。
『ンぐぅんっ♡』
希は、入れられた瞬間、のけ反ってうめいた。そして、笑っているような顔になっている。多幸感に包まれ、顔が緩んでしまうようだ。私とのセックスでは、見たことがないような顔だ。

「すごく子宮が降りてきてます……」
男の子は、心配そうに言う。
『へーきだから。そのままガンガン突いて♡』
希は、可愛らしい声で言う。元ヤンの怖い顔は消えて、甘えた女の子みたいな声でおねだりをしている。巨根がもたらす深い快感で、こんなにも乙女になってしまうなんて、ズルいと思ってしまう。

男の子は、腰を振り始めた。テクニックという小細工など無しで、長いペニスを生かしたロングストロークを続ける彼。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果2【ブロマガ】

前回の話

私が言いだした事だったのに、いざ実際に嫁の希が他の男とセックスをしてしまった事は、想像以上にショックだった。しかも、希は出会い系で知り合ったその男性に、剃毛までされてしまっている。

でも、希の口からその報告を聞き、私はショックを受けながらも希が引くほど興奮してしまった。そして、希と私の関係は、あの日を境に完全に変わってしまった。
と言っても、昼間や夕方は以前とほとんど変わっていない。大きく変わってしまったのは、主に夜の生活だ。希は、一気に昔のヤンキー時代に戻ってしまったように、私をいじめるようなプレイをするようになってしまった。

もともと、年下の希に尻に敷かれていて、立場は私の方が下だった。姉さん女房と言ってもいいような感じだった。年下の嫁を姉さん女房と言うのはおかしいかもしれないが、少なくとも私の中では希は”姉さん女房”だった。それが今は、女王様女房のようになってしまった……。


テレビには、ネットで購入したDVDの映像が映っている。私がネット配信でよく見ていた”うちの妻を犯して下さい”シリーズの動画だ。目の前にいる夫に泣きそうな顔を見せながら、他の男にフェラチオするシーンが流れている。


『こういうの、体験したいんだろ? ホント、分かり易いな。ガッチガッチじゃん』
希は、私のペニスを握りながらそんな事を言ってくる。私は全裸だが、希はパジャマを着たままだ。
「そ、そんな事は……」
私は、否定しようとして口ごもってしまった。
『じゃあ、やらなくていいんだ?』
希は、ニヤニヤした顔で言う。
「……希ちゃんがイヤじゃなければ……」
『ハァ? イヤに決まってるだろ?』
「そ、それなら……いいです」
『その程度なの? 覚悟もなしであんなこと言ったんだ』
「うぅ……」
『男らしくないなぁ。自分の気持ちを押し通せよ。どうせなら、筋金入のド変態になれよ』
希は、なぜか応援でもするような感じで言う。
「じゃあ、お願いします」
『やっぱり見たいんだ。私があの女優さんみたいに、アンタの目の前で他のチンポをしゃぶるところを』
「うぅ……」
『なに感じてんの? イキそうになってるじゃん。ほら、私の事も気持ち良くさせろよ』
希はそう言って、パジャマを脱ぎ始めた。くびれたウェストに、小ぶりだけど形の良い胸……そして、他の男に剃られてしまってパイパンになっているアソコ。あれから数週間経っているのにまだパイパンという事は、希も自分で剃っているのだと思う。

『舐めろよ』
そう言って、仰向けに寝転がる希。私は、そんな風に命令されているのに、怒りやプライドを傷つけられる事もなく、素直にクンニを始めた。
『ンッ、フゥ……。上手になったねぇ。うぅ、気持ち良いよ』
希は、気持ちよさそうな声をあげてくれる。あの日以来、私のものを入れても、希はほとんど感じてくれなくなっていた。その代わり、舐める事を徹底的に仕込まれた。仕込まれる前の私は、ただペロペロと単調に舐めるだけのクンニしか出来ない男だった。それが今は、希の指導のおかげで、焦らしたり緩急をつけたりするテクニックを身につけた。

『良かったな。アンタのチンポじゃもう感じないけど、舐めるのがうまければまだセックス出来るな』
希は、気持ちよさそうな顔をしながら言う。私は夢中で舐め続け、希の甘い声を聞いているうちに我慢出来なくなってしまった。
「希ちゃん、入れてもいい?」
『ん? どうぞ』
希は、気のない返事をする。私は、それでも嬉しくて夢中で希の膣にペニスを挿入した。そして、すぐに腰を振り始める私。
『あれ? 入った?』
希は、腰を振っている私にそんな言葉をかけてくる。私は、情けない気持ちで悲しくなるが、その言葉にも興奮してしまう。
「希ちゃん、気持ち良くない?」
『うん。全然奥まで届かないしな。あぁ、もう一回あのチンポ欲しいなぁ』
希は、私が必死で腰を振っているのに、涼しい顔でそんな事を言う。本当に、少しも快感を感じていないような顔だ。でも、いくらサイズに差があるからと言って、まったく感じないなんてあるのだろうか? 私をいじめるために、わざとそんな事を言っているのではないか? そんな風に思ってしまう。

「ゴ、ゴメン。頑張るから」
私はそう言って、腰の振り方を強くした。でも、希はまったく変化がない。

『気持ちよさそうにあえいでるな。アンタに見られてたら、あの女優さんみたいに感じるのかな?』
希は、必死で腰を振る私を見もせず、テレビ画面を見ながら言う。画面の中では、夫の目の前でバックで犯され、泣きそうな顔であえぎ狂う女優さんが映っている。

「し、したいの? 希ちゃんも、あんな風にしたいの?」
私は、興奮と快感でおかしくなりそうになりながら聞いた。
『したいねぇ。でも、アンタがいないところでしたいかな? 気が散るし』
希は、つれなく言う。私は、希が他の男にバックで犯されている姿を想像してしまっていた。巨根に犯され、泣きそうな顔であえぐ希。私に向かって、”あなた、ごめんなさい。このおチンポ気持ち良いのぉッ! イッてもいいですか!?”と、言っている姿を想像してしまった。

それを想像した途端、私は爆発的に射精してしまった。ほとんど前触れもなく、自分でも驚くようなタイミングでイッてしまった。
『え? イッた? 早すぎ』
希は、驚いた顔で言う。小馬鹿にしたようなニュアンスもある言い方だ。でも、私はただ小さくなって謝る事しか出来なかった。

そして、シャワーを浴びに行く希。私はビデオを停止して股間をティッシュで綺麗にする。しばらくすると、希がパジャマ姿で戻ってきた。
「希ちゃん、本当にしてくれるの?」
私は、興奮で声が震えるのを感じながら言った。
『え? 何を?』
キョトンとした顔で答える希。
「その……。目の前で他の男と……エッチを……」
『ふ〜ん。射精しても変わらないんだ。本気なんだ……。イイよ。じゃあ、段取りしとく』
希は、ほとんど無表情でそんな風に答えると、さっさと布団に潜り込んで寝てしまった。私は、怒らせてしまったのかな? と、不安な気持ちになった。でも、希が巨根にあえぐ姿を見てみたいという気持ちを消す事が出来なかった……。

『あなた、起きて、朝だよ』
希にそんな風に起こされ、私は寝ぼけながらベッドから抜け出す。リビングに入ると、味噌汁のいい匂いが漂ってくる。
『いっぱい食べてね』
優しい笑みで私に言ってくる希。昨日の夜の事がウソのように、清楚で優しい希になっている。
私は、挨拶をしながら席に着き、朝食を食べ始めた。昔はひどかった彼女の料理も、本当に美味しくなってきた。美味しいよと言うと、
『ありがとう。今日もお仕事頑張ってね』
と、優しい笑みを浮かべながら言ってくれる。夜とのギャップが大きくて、どちらが本当の希の姿なのだろう? と、疑問に思ってしまう。でも、そんな生活も楽しいなと思う私もいる。

その日の夜、希は笑顔で話しかけてきた。
『土曜日に、ウチに来てもらう事になったからね』
私は、希の言っている言葉の意味が理解出来ず、ポカンとしてしまった。
「誰が?」
そんな風に質問する私に、
『巨根の彼だよ』
と、いじわるな顔で希が言った。


そして土曜日、落ち着きのない私に、
『緊張してる? でも、ここはガチガチじゃん』
と、私のペニスをズボンごと握りながら言う希。昼間なのに、清楚で優しい顔ではなく、サディスティックな女王様の顔だ。
「本当に来るの? 大丈夫なの?」
私は、今さら不安になってしまった。希が他の男の巨根で乱れる姿を見たいのは確かだ。でも、自宅に呼ぶなんてあまりにもハイリスクだと思う。それをネタに、脅されたり揺すられたりしないのだろうか? 私は、ただ不安だった。


すると、インターフォンが鳴った。ビクッとして動けない私を尻目に、希が対応する。
『来たよ〜』
嬉しそうに言いながら、玄関に向かう希。ウキウキしているのが伝わってくる。
そして、玄関の方で話し声がして、すぐにリビングに二人で入ってきた。
「お、お邪魔します。今日は、よろしくお願いします」
緊張した顔で挨拶をしてきた男は、まだ男の子と言ってもいいくらいの若さだった。
「えっ? キ、キミが? 年はいくつなの?」
私は、思わず聞いてしまった。勝手なイメージで、イケメンの会社員の青年をイメージしていた私は、目の前の若すぎる彼に驚いてしまっていた。

「は、はい。18歳です」
緊張気味に答える彼は、一応、淫行条例はクリアしている年齢のようだ。
『なに緊張してんだよ。大丈夫って言っただろ? コイツ、ただの寝取られマゾだから』
希は、彼に笑顔で言う。
「はい。でも、本当なんですか? 希さんが他の男に抱かれるのを見たいんですか?」
彼は、真っ直ぐな目で私に質問する。まだ、すれていない純粋な目に見える。「あ、あぁ、そうだよ」
私は、そう言うのがやっとだった。

『だろ? じゃあ、始めるか』
希はそう言って、彼にキスをした。私は、あまりにいきなり始まったプレイに、完全に固まってしまった。希は、私に見せつけるように彼とキスをする。他の男とキスをしながらも、視線だけは私にむけ続ける。まるっきり、あのビデオそのものの行動だ。私は、ショックを受けながらも、目をそらす事が出来ない。そして、すでに破裂しそうなほどに勃起してしまっていた。

『な? アイツ、勃起してるだろ?』
希が一旦キスをやめて彼に言う。彼は私の股間を見て、驚いた顔になる。
「ホントなんですね。ビックリしました」
彼は、希にそんな事を言う。
『安心した? じゃあ、好きにしていいから』
希はそう言って、なにもせずに直立した。すると、彼はすぐに希の唇を奪う。そして、舌を差し込んでかき混ぜるような動きをする。でも、見ていてそれほど滑らかではない。必死でキスをしているという感じだ。

私は、やっと落ち着いて彼を観察し始めた。身長は175cm程度で痩せ型、それなりに整った顔をしているが、服装とか髪型が垢抜けない。モテるタイプには見えない。少しオタクっぽく見えるような身なりだ。
そんな彼が、必死で希にキスをしている。私は、不思議な気持ちだった。目の前で、自分の妻が他の男とキスをしている。私は、強いショックを受けていた。でも、今までに感じた事のない興奮を感じてしまっている。

希は、ほとんど棒立ちでキスを受けている。でも、受け身的で積極的な感じではない。そして、不安そうな目で私を見続けている。私は、ビックリしてしまった。さっきまでの積極的でサディスティックな感じが消えてしまっている。

彼は、希にキスをしながら服の上から胸を揉み始めた。すると、希は眉間にシワを寄せるような顔になる。困っているような、罪悪感を感じているような顔だ。私は、そんな希の姿を見てドキドキしてしまった。そして、申し訳ない気持ちになってしまった。

しばらくすると、彼は希の服を脱がせ始めた。ぎこちない動きでブラウスのボタンを外していく。すると、希はすぐに上半身ブラジャーだけの姿になった。
希は、脱がされている間もずっと私を見つめていた。泣きそうにも見えるような、不安いっぱいの顔で。
男の子は、ブラジャーのホックに手をかけた。でも、なかなか上手く外せない。彼は、諦めてブラを下にずり下げるようにした。すると、希の胸があらわになる。ブラで下から持ち上げたような格好になっているので、小ぶりな胸がいつもより大きく見える。男の子は、希の胸があらわになると、むしゃぶりつくように吸い付いた。そして、荒々しく乳房を揉みながら乳首を舐めていく。

『ヒィ、うぅ……イヤァ……』
希は、泣きそうな顔で声を漏らす。男の子は、必死で希の胸をむしゃぶり続ける。
『ダメ、うぅ……あっ、うぅ……。見ないで……』
希は、私にそんな言葉を漏らす。でも、私は目をそらす事が出来ず凝視し続けた。希は胸を責められ、弱々しいあえぎ声を漏らし続ける。そして、時折、『見ないで……ダメ……』
と、泣きそうな声で言う。

男の子は、希の胸を揉んでいた手を外し、スカートの中に手を突っ込んだ。
『ダメっ! ヒィあぁ、あなた、イヤァ……』
希は、スカートの中をまさぐられたまま、泣きそうな顔で言う。身をよじるようにして逃れようとしながら、私を見続ける希。
男の子は、希の胸を舐めながら、スカートの中の手を動かし始める。
『うぅ、うぅあっ、あっ、ダメぇ、ヒィあぁ、あなた、声……出ちゃう……』
希は、泣きそうな声で言いながら身をくねらせる。でも、逃れようとしている感じではなく、快感に身をよじっているような姿に見える。

「希さん、すごく濡れてるみたいです」
男の子は、希のスカートの中をまさぐりながらそんな事を言う。
『そ、そんなこと……あなた、違うの、違うの……』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果【ブロマガ】

『ハァ? なに言ってんの? 悪性のウィルスに脳でも冒されたのか?』
妻の希がキレ気味に言う。というか、キレている……。
「い、いや、そういうのも刺激があるんじゃないかなぁってさ……」
私がビビりながら言い訳をすると、
『刺激が欲しいなら、今すぐくれてやるけど?』
そう言って、ケンシロウみたいに指をボキボキ鳴らす希。趣味でキックボクシングをしている彼女がそれをすると、まったく冗談には見えない。

「ごめんなさい。もう言いません」
私は、諦めて謝った。
『わかったならいいよ。でも、どうした? なんの影響受けた?』
希は、まだ怒っているみたいで、口調が荒い。元ヤンの希は、今でもたまに言葉づかいが汚くなることがある。でも、今の彼女の見た目は、元ヤンというのがウソのように清楚系だ。肩までの髪も真っ黒だし、肌の色も抜けるように白い。昔の写真を見せてもらうと、金髪で色黒のギャル系ヤンキーそのものだ。

「うん……。ネットのサイト見て……」
『へぇ、そんなの見てるんだw』
希がバカにしたように言う。
「ごめん」
『別に謝らなくてもいいよ。男がそういうの見るのは本能だろ? どんなサイトだよ、見せてみろよ』
希が好奇心に目を光らせながら言う。
私は、言われるままにタブレット端末を手に取り、ブックマークから寝取られ系のサイトを表示した。
『へぇ、動画とかなじゃないんだ。使える寝取られサイト? 変な名前』
と言いながらも、結構熱心に読み始める希。
『動画とかは見ないのか?』
まだ口の悪いモードのまま聞いてくる。私は、ブックマークで動画のページを表示した。
『なんだこれ、うちの妻を犯して下さい? ハァ? バカじゃねーの?』
タイトルを見て吐き捨てるように言う希。でも、そのまま再生した。
急に始まったAV鑑賞会。私は、ドキドキしながら希の様子をうかがった。
『可愛い女優さんだな。こういうのが好みなのか?』
希はそんな事を聞いてくる。画面の中には、可愛らしい系の女優さんが映っている。可愛いと言うよりも、ロリっぽいと言ってもいいくらいのあどけないルックスだ。それに引き換え、希は美人系だ。落ち着いているので大人っぽく見える。希は27歳で、まだ若いと言えば若い。私は3つ上の30歳だが、こんな感じで尻に敷かれて、さらにその上踏みつけられているような感じだ。

「そんな事ないよ。希ちゃんみたいな美人が好きだよ」
私は、本心でそう言った。
『フン。女房を他人に抱かせようとしてるヤツが、なに言ってんだか』
吐き捨てるように言う。私がさっき、”他の男とセックスしてみない?”と言ったことが、よほどムカついたようだ。

画面の中では、旦那の目の前で他の男に胸を揉まれ始めた女優さんの、戸惑った顔がアップになっている。
『こんな風にしたいんだ?』
希があきれたように聞く。
「う、うん。ごめん。もう言わないから」
私は、ビビり倒していた。

『なんでこの旦那は止めないんだよ。アホか』
AVに向かってダメ出しをする希。本気で腹を立てているような感じだ。
「だって、AVだし……」
私が当たり前のことを言うと、
『あぁ、そっか。でも、こういう性癖の男、増えてるんだろ?』
希は、あきれたように言う。実際、希の言う通りだ。寝取られ系のサイトは、驚くほど沢山ある。そして、写真投稿サイトも星の数ほどだ。

私は、熱心に見続ける希からタブレットを取り上げ、そういった投稿系のサイトを表示した。
『なんだこれ……。これって、本物の夫婦なの?』
希は、本当に驚いた顔で聞いてくる。確かに、大勢の男性に妻を抱かせ、それを旦那が撮影するとか、奥さんのイヤラシい写真を投稿して、抱きたい男性を募集するなんて、予備知識がなければ理解不能だと思う。私も最初はそうだった。でも、そんな状況を自分に置き換えたとき、信じられない程の興奮を感じてしまった私は、常に希が寝取られることばかり考えるようになってしまった。

『なんでこんなになってるんだよ。私とするときよりも固くなってるじゃん』
希は、いきなり私のペニスを握ってそう言った。私は、慌てて逃れようとしたが、希がかなり強く握っているので抵抗できない。
『脱いで見せてみろよ』
希は命令口調で言う。こんな希は、久しぶりだ。希は、結婚以降はどんどんソフトになってきて、優しい雰囲気になっていた。最近知り合った人には、美人で上品な奥さんで羨ましいと言われるくらいだ。

それが、昔に戻ったみたいに命令口調で指示をしてくる。私は、正直びびっていたが、それ以上にゾクゾクするような興奮も感じていた。

言われた通りに下半身裸になる私。確かに、私のペニスは血管が浮き出るほどに勃起している。希は、私のペニスを撫でるように触り、手の平についた我慢汁を見せてくる。
『なんだこれ。私とするときよりも、興奮してるって事か?』
「うぅ……ごめん」
『謝れって言ってねーよ。興奮してるのかどうなのかって聞いてるだろ? もしもーし、聞こえてますか!?』
イライラいた様子でキレ気味に言う希。
「してる! ごめん、興奮してる!」
私は、素直に謝った。
『ハァ……。まぁ、人の性癖にケチつける気はないけど、妄想だけにしとけよな』
希は、意外と優しい声で言った。

この日は、これで終わりだった。次の朝、目が覚めると横に希はいなかった。慌ててリビングに行くと、朝食を作っていた。いつも通りの朝だ。
『おはよう。もうすぐ出来るからね〜』
希は、昨日のキレっぷりがウソのように、優しい笑顔で言う。昨日のキレた顔からのギャップで、本当に美しく見える。私のようなごくごく普通の男と、よく結婚してくれたなと思うくらいだ。

「あ、ありがとう。コーヒー淹れるね」
私が言うと、
『いいよ、私が淹れるって! 座ってて』
と、優しく言ってくれる。可愛らしいゾウのイラストのエプロンをした希。昔ギャル系ヤンキーだったのが、信じられない。前腕にある根性焼きの痕さえなければ、本当に何かの間違いじゃないのかなと思う。でも、根性焼きの痕も、薬がいいのか最近ではほとんど目立たなくなっている。医学の進歩は凄いなと思う。

そして、二人での食事が始まった。まだ子供はいないが、そろそろ結婚して3年経つので、そろそろかな? と思っているところだ。
『美味しい?』
希が、少し心配そうに聞いてくる。確かに、昔は料理がとんでもなく下手で、まずくて食べられたものではなかった。でも、意外に真面目な性格の彼女は、メキメキと上達し、今では美味しいと断言できるほどになった。

「凄く美味しいよ。今日もありがとうね」
『へへ。よかった。いっぱい食べてね』
希は、昨日のことなどなかったように、優しい妻の顔を見せる。私は、汚い口調で命令されるのも好きなので、ちょっと物足りなさを感じるが、幸せだった。

「じゃあ、行ってくるね」
そう言って家を出ようとする私。
『忘れ物!』
そう言って引き留める希。なにかな? と思って振り返ると、キス待ちの顔で目を閉じている。私は、そっと唇に唇を合わせてキスをした。すると、彼女の舌が飛び込んできて、私の口の中をかき混ぜてくる。私が驚いて固まっていると、キスを解いた彼女が、
『今日は、エッチしようね♡』
と、甘えた顔で言ってきた。私は、元気よく”うん”と言って、家を出た。私は、昨日希に言ってしまったことを後悔していた。なぜあんなことを言ってしまったのだろう? そんな後悔をしながらも、朝の希の態度に安堵していた。昨日のキレっぷりだと、しばらく機嫌が悪くなるだろうなと覚悟していた。

私は、反省の意味も込めて、一日真剣に働いた。そして、午後3時過ぎに、希からメールが届いた。彼女が仕事中にメールをよこすなんて、滅多にない。私は、何かトラブルかな? と思いながら確認した。すると、仕事頑張ってねと言うことと、今夜は楽しみだねという内容だった。私はホッとしながらも、妙に優しい希に、逆に少し不安な気持ちになった。

そして仕事を終え、少し早めに帰宅すると、希は笑顔で出迎えてくれた。
『おかえり〜。お疲れ様! 夕ご飯出来てるよっ』
元気にそう言う希。可愛らしいペンギンのエプロン姿で髪をアップにしていると、調理実習の学生さんみたいだ。

私は疲れが消えていくのを感じながら、ダイニングテーブルに座った。そして、夕食を食べながら、今日の出来事なんかを話した。仕事の話なんて、たいして面白くもないと思うけど、希はちゃんと話を聞いてくれて、励ましたり応援したりしてくれる。過去はともかく、今は本当に良い嫁になったと思う。

『おかわりは? 沢山食べてね』
希は、いつも以上に沢山食べさせてくる。料理も、ニンニクの芽の肉炒めとかレバーや牡蠣で、いかにも精が付きそうなものばかりだ。希も、今晩のことを期待しているのかな? と思うと、私はもう興奮してしまった。

希とのセックスは、週に2〜3回程度ある。私もけして嫌いではないが、希の方が積極的だと思う。それとなく、希の方からサインを出してくる感じだ。今日みたいに、ストレートに誘ってくることは珍しいかもしれない。

そして、食事を終え、希が片付けをしている間に私が先に入浴し、寝室で希を待つような感じになる。テレビを見ながら待っていると、30分程度で彼女が入ってきた。希は、ランジェリー姿で入ってきて、すぐにベッドに潜り込んできた。黒のセクシーなランジェリー姿で抱きついてくる妻。スラッとし脚も、くびれたウェストもセクシーだ。胸が小ぶりなことを除けば、本当に良いスタイルをしていると思う。

「凄くセクシーだね。似合ってるよ」
私がそんな風に言うと、
『ありがとう。じゃあ、脱がせてあげるね』
希はそう言って、私のパジャマを脱がせ始める。あっという間に全裸にされた私。すでに勃起してしまっている。
『ニンニクが効いたかな? カチカチだね』
私のペニスを指で2〜3回弾きながら言う。
「でも、どうしたの? そんな下着、持ってたっけ?」
『持ってなかったよ』
ニヤニヤしながら言う希。
「買ったの?」
『違うよ』
「えっ? じゃあ、どうしたの?」
不思議に思って聞く私に、
『ないしょ〜。それよりも、してあげるね』
希はそんな事を言いながら、私のペニスを口にくわえた。そのまま、頭を振ってフェラチオを始める希。いつものことながら凄く上手だ。あっという間に、私の頭の中はセックスのことでいっぱいになってしまう。でも、下着のことも気になる。買ったわけではないというのはどういうことだろう?

希は、セクシーなランジェリー姿のまま、一生懸命にフェラチオをしてくれる。本当に気持ち良くて、微妙に射精感がわき上がってくる。私は、このままではイカされてしまいそうだと思い、体勢を入れ替えるようにして希に覆いかぶさった。
そして、彼女にキスをしながら胸を揉む。希も舌を絡ませてきながら、私のペニスを指で包み込むようにさすってくれる。私は、希のブラを外し、乳首に舌を這わせ始めた。希の小さな乳首は、すぐにカチカチになってくる。
『ンッ、気持ち良い……。あなた、気持ちいいよ』
希が私を見つめながら言う。でも、いつもと違って、何となく表情が硬い気がする。私は、不思議に思いながらも、夢中で希の乳首を舐め続けた。そして、そのまま下の方に移動していく。お腹やおへそにキスをしながら下腹部に移動していき、セクシーなショーツに手をかけた。そのままショーツを下に降ろしていく。すると、あるべきところにヘアがなかった。
「えっ? ど、どうしたの? 毛がないよ!」
私は、ビックリしてそんな風に言う。

『どう? 子供みたい?』
希は、私の質問に答えずに、逆に質問をしてくる。
「う、うん。いや、そうじゃなくて、どうしたの? 剃ったの?」
私は、かなり取り乱していたと思う。
『違うよ。剃ったんじゃないよ』
「どういうこと? なんでこんな?」
『剃られたんだよ』
「えっ? だ、誰に?」
『決まってるじゃん。エッチした相手にだよ』
「エ、エッチ!?」
私は、完全に声が裏返っていたと思う。

『うん。一緒にシャワー浴びたら、剃らせてって言うから』
希は、私の聞きたいこととはズレた返答をする。
「誰と? エッチって、セックスしたって事!?」
私は、パニックで声が大きくなる。
『そう。セックスした相手に』
希は、冗談を言っているような感じではない。私は、完全にパニックになっていた。
「えっ? セックスしたの? そんなのダメじゃん!!」
私は、ほとんど怒鳴っていたような感じだ。
『うるせーよ。オマエがしろって言ったんだろ!?』
希が、急に怖い声で怒鳴った。私は、一瞬でビビってしまい、
「ゴ、ゴメン……。でも、いつ? どこで?」
と、小さな声で聞いた。
『今日に決まってるじゃん。バカなの?』
希が、ニヤッと笑って言う。朝からさっきまでの優しい顔がウソのように、昔の顔が姿を見せている。

「でも……相手は? そんな人がいたの?」
私は、激しく動揺してしまっている。
『出会い系で探した。すぐ見つけられたよ。それが望みだったんだろ?』
希は、私のことを見つめながら言う。見つめると言うよりは、にらんでいると言っても良い感じだ。

「い、いや、それは……」
私は、本当なんだ、冗談ではないんだ……そう思って足が震え始めてしまった。
『久しぶりに他の男とセックスしたけど、気持ち良かったよ。最初っから、やたらと巨根アピールしてたけど、マジでデカかった』
希は、最近はほぼ使わなくなっていたような、汚い言葉づかいで言う。
「ど、どこでしたの?」
『え? ラブホテルだよ。道玄坂の』
昔、私ともよく行ったホテルのようだ……。

「そんな……ダメだよ……」
私は、自分がとんでもないことを言ってしまったんだなと、今さら気がついた。
『自分が言い出したことだろ? 情けないこと言うなよ。でも、本当に気持ち良かった。あんなにイカされちゃったの、初めてだし♡』
うっとりした顔で言う希。私は、頭を鈍器で殴られたみたいなショックを受けた。確かに、何度も希が他の男に抱かれる妄想はしたが、そんなものの比ではないくらいに、強くショックを受けた。

「……ダメだ……」
私は、なんと言って良いのか言葉が思い浮かばない。
『ダメ? なにが? こんなになってるのに、ダメも何もないだろ?』
希はそんな事を言いながら、私のペニスをギュッと握った。痛みを覚えるくらいに強く握る希。私は思わずうめいてしまった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめコミック
DLO-01 カレとの約束 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売
ブロマガ購読者数

現在243人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

アクセスランキング