このブログのオリジナルコンテンツ一覧
全記事タイトル一覧

セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた完(転載禁止)

前回の話

俺は、すぐに始まった二人の2回目のセックスを聞きながら、狂ったようにオナニーを続けていた。麻衣子は、どういうつもりでこの音声を聞かせているのだろう? 本当に、しばらく帰ってこないつもりなのだろうか? 俺は、動揺しながらも右手の動きを止められずにいる。

『すごいね。もうカチカチだね』
麻衣子は、嬉しそうに言う。
「麻衣子だからだよ。麻衣子となら、何回でも出来るし」
健也くんは、きっぱりと言い切る。最初の頃のおどおどした感じはまるでなくなっていて、男らしい感じになってきている。


『嬉しいな……。健也、もう来て……』
麻衣子は、本当に嬉しそうに言う。俺は、麻衣子は俺が聞いていることを知っているのかな? と、疑念を感じていた。向こうからかかってきたので、わざと俺に聞かせているんだとは思う。でも、間違ってかかってしまったという可能性もあるのかな? とも思っていた。

「どの格好が良い?」
『座ったヤツ。キスしながらしたい』
麻衣子は、興奮した声で言う。俺は、対面座位でセックスをする麻衣子を想像しながら、オナニーを続けた。

『あぁんっ、気持ちいい。健也、本当に気持ちいいよ』
麻衣子は、本当に気持ちよさそうな声をあげている。俺は、音声だけではなく、映像を見たいと思っていた。麻衣子は、動画を撮ってくると言うような書き置きを残していた。

「本当に愛してる?」
健也くんはそんな質問をする。
『愛してるよ。健也は?』
麻衣子も、甘えた声で質問する。健也くんが愛してると答えると、会話がなくなる。

でも、耳を澄ますと、荒い息遣いとうめくような声が聞こえてくる。対面座位でキスをしながらセックスをする麻衣子……。俺は、それを想像して胸が苦しくなるほどの嫉妬を感じながら、もうイキそうになっていた。

『イッちゃうっ、健也、イクっ! 愛してるっ!』
麻衣子は、叫ぶように言う。すると、いきなり通話が終わってしまった。俺は、慌ててスマホに手を伸ばす。そして、散々迷ったあげく、麻衣子に電話した。でも、電源が入っていないと言うメッセージが流れるだけで、繋がらない。

ずっと通話状態で放置したので、バッテリー切れを起こした? 俺は、なぜこんなタイミングで? と、思いながらも、興奮が収まらず、前に麻衣子が隠し撮りしてくれた動画を見始めた。
麻衣子が、健也くんとセックスをする姿……そして、中に出された場面で、俺はイッてしまった……。射精を終えると、俺は急に冷静な気持ちも戻ってきた。今日、本当に戻ってこないのだろうか? 泊まってくるのだろうか?

心配でモヤモヤしたまま、なかなか眠れずに過ごしていた。今頃、まだセックスをしているのだろうか? そんなことを想像したまま、気がついたら寝ていた。

朝になると、やっぱり麻衣子はいない。本当に泊まったんだ……。俺は、絶望的な気持ちになる。今日は、帰ってくるのだろうか? 心配でなにも考えられなくなってしまう。

なんとなくスマホを見ると、麻衣子からメッセージが来ている。慌てて確認すると、短い動画が添付されていた。寝ている健也くん。寝顔が無邪気な感じだ。すると、カメラが回転し、麻衣子の身体を映し始める。麻衣子は、全裸だ。そして、体中に精液みたいなものが飛び散っている。

カメラは、さらに麻衣子の下腹部の方を映し出し、拡がった膣口から垂れ流れる精液まで映し始めた。それは、どんどん溢れてくるような感じだ。すると、カメラが一気に動き、麻衣子の顔のアップになる。麻衣子がニコッと微笑んだところで、動画は終わった……。

俺は、麻衣子がなにを考えているのかわからなくなってしまった。挑発? 興奮させるため? 俺は、わからないままメッセージを送った。でも、返信はない。

そのまま、なにもないまま夕方になってしまった。まるっきり、引きこもりになったように家から出なかった俺……。心配しながらも、興奮する俺もいる。

ただ、結局この日も麻衣子は帰ってこなかった。俺は、絶望的な気持ちになりながらも、やっぱり麻衣子の隠し撮りした動画を見てオナニーをしてしまった……。

麻衣子は、それから4日後に帰ってきた。と言うよりも、帰宅したら麻衣子がすでにいた。
『秋則さん、お帰りなさい。寂しかった?』
麻衣子は、夕ご飯を用意しながら声をかけてきた。俺は、思わず麻衣子に駆け寄り抱きしめた。
『ゴメンね。寂しかったみたいだね。私も会いたかったよ』
麻衣子は、そんな風に言う。本当に会いたかったという感じはする。
俺は、どこにいたのか質問した。
『知ってるでしょ? 健也くんのところだよ。プチ同棲してたんだ』
麻衣子は、悪びれる様子もなく言う。俺は、言いたいことが頭をぐるぐる回るが、結局言葉に詰まってしまう。

『夕ご飯出来てるよ。まずは食べようよ』
麻衣子は、俺を促す。そして、夕食が始まった。麻衣子は、6日も家を空けたとは思えないほど普通の感じだ。
『洗濯とかもしてくれたんだ。ありがとうね』
麻衣子は、楽しそうだ。俺は、どんな生活をしていたのか質問する。
『どんなって、普通の同棲だよ。健也くん、元気だから毎日クタクタになっちゃった』
麻衣子は、そんな風に言う。俺は、沢山セックスをしたのかと質問した。
『うん。起きてる間はずっとしてた感じだよ。食べるときも、トイレ行くときもずっと』
麻衣子は、そんな風に言う。俺は、どうして今日帰ってきたのかと聞いた。
『さすがに疲れちゃったし、秋則さんにも会いたくなったから』
麻衣子は、真面目な顔で言う。
「彼のところには、戻るの?」
俺が質問すると、
『うん。明日からまた行ってくるね。ダメ?』
と、挑発するようななんとも言えない表情で言った。俺は、すぐにそんなのはダメだと言う。
『本当に? 本当にダメだと思ってるの?』
麻衣子はそんな風に言いながら、テーブルの向こうから脚で俺の股間を踏むように押してきた。俺は、思わずうめく。
『カチカチになってるよ? 本当は、ダメだなんて思ってないんじゃない?』
麻衣子は、俺の股間をなで回すように踏みながら言う。

『これで見られるようにしてあげるよ? どう?』
麻衣子は、ラックから箱を取り出して机の上に置く。それは、見守りカメラという商品だった。俺は、どういうことかと質問する。すると、麻衣子はこれを健也くんの家にこっそり設置し、俺が自宅で見られるようにするという。俺は、同棲している麻衣子の様子を想像し、嫉妬と興奮で言葉が出てこなくなった。

『じゃあ、決まりだね。ご飯食べたら、動画見ながらしようね。ちゃんと撮ってきたから』
麻衣子は、良い笑顔で言う。俺は、完全に彼女にコントロールされてしまっているなと思いながらも、黙ってうなずいた。

俺は、ドキドキしながら食事を続ける。麻衣子は、意味ありげな笑みを浮かべながら俺を見つめている。そして、食事を終えると、すぐに寝室に向かった。

麻衣子は、慣れた動きでテレビにポータブルビデオ型のカメラからSDカードを抜くと、テレビに刺した。そして、動画が始まる。

動画が始まると、そのタイミングで健也くんが部屋に入ってくる。彼は全裸だ。そのペニスは勃起していないようで垂れ下がっている。
麻衣子はやはり全裸で画面の隅に映っているが、二人は仲良くソファに寝転がった。健也くんが後ろで、前に麻衣子が寝転がる感じだ。

そして、二人はテレビを見始める。何かの映画を見ているような感じだ。二人は、全裸のままで寄り添うように抱き合っている。
「入れるよ」
健也くんは、そんな風に言うと後ろからペニスを挿入したみたいだ。
『あぅん、エッチ』
麻衣子は、テレビ画面を見つめたまま可愛らしい声を漏らす。二人は、そんな風に繋がりながらもテレビ画面を見つめている。

しばらく、動きもなく画面を見入っていた二人。俺は、映画を見ながら繋がっている二人を見て、言いようのない不安を感じていた。

ついこの前までは、おどおどしていた健也くん。どちらかというと、麻衣子が痴女のように迫っていたイメージだ。それが今は、長く同棲している恋人同士のような雰囲気だ。

そのまま、30分近く映画を見続ける二人。ずっと、ハメたままだ……。すると、動きが出てくる。麻衣子が、微妙に腰をくねらせるように動かし始めた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた3(転載禁止)

前回の話

麻衣子は、全身を精液まみれにしたまま健也くんを見つめている。顔にも胸にも、お腹にもたっぷりと精液がかかっている。そんな姿で、熱っぽい目で健也くんを見つめる麻衣子……。俺は、呆然としながらそれを見つめていた。

すると、俺の下になっている麻衣子が、
『ねぇ、また固くなってるよ。続けてしちゃう?』
と、嬉しそうに言ってくる。俺は、自分が射精したばかりなのに完全に勃起していることに驚いていた。そして、麻衣子が俺の下から抜け出していく。そのまま俺とポジションを変えると、騎乗位の体勢で挿入してしまった。


『たまには私がするね』
そんな風に言いながら、腰をゆっくりと動かす麻衣子。快感に声が漏れてしまう。
『フフ。可愛い声。もっと気持ち良くなってね』
麻衣子は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。そして、画面の中では、健也くんがあらためて麻衣子の中に挿入していた。射精直後なのに、勃起したままの大きなペニス。それが、完全に麻衣子の中に入っている。

『すごく真剣に見てるね。イヤじゃないの?』
麻衣子は、うわずった声で質問してくる。俺は、腰を動かしながら質問してきた麻衣子に、
「イヤじゃない。すごく……興奮してる」
と、絞り出すように答えた。実際、どうしてこんなに興奮するのかわからない。でも、麻衣子が他の男とセックスをしていると思うと、怖いくらいに興奮してしまう。
『変なの。でも、私にとっても良かったかな? だって、健也くんのすごく気持ち良かったし』
麻衣子は、からかうように言う。俺は、嫉妬を感じながらも、さらに勃起が強くなった気がした。

画面の中の麻衣子は、相変わらず精液まみれだ。でも、とろけた顔であえぎ始めている。健也くんは、さっきよりもかなりスムーズな動きで腰を振っている。短時間で、驚くほど上達したのがわかる。
『ホント気持ちいいわ。こんな風にされちゃったら、もう旦那と出来なくなっちゃうよ』
麻衣子は、とろけた声のまま言う。
「え? どういう意味ですか?」
健也くんは、不思議そうに質問する。
『キミとする方が、ずっと気持ちいいって事よ』
麻衣子は、年上のお姉さんの言い方で言う。
「本当ですか!? すごく嬉しいです!」
健也くんは、素直に喜ぶ。俺は、悔しいと感じながらも、サイズの差が明らかだなと諦めの感情も持っていた。そして、俺は麻衣子に質問した。

「大きいと、そんなに気持ちいいの?」
俺は、劣等感を感じていた。
『うん。今まで知らなかったけど、奥の突き当たりにギュッてされると、頭真っ白になっちゃうんだ』
麻衣子は、少し恥ずかしそうに答えた。俺は、なにも言えずに固まっていた。麻衣子は、さらに言葉を続ける。
『秋則さんのじゃ、ちょっと届かないみたいだね。こうやっても無理かな?』
そんなことを言いながらグイグイと腰を押しつけてくる。軽く痛みを感じるほど押しつけてくる麻衣子……。でも、俺のペニスはどこかに突き当たる感じもない。
『無理か……。でも、仕方ないよね。人それぞれだもんね。私だって貧乳だし』
麻衣子は、そんな言い方をする。俺は、申し訳ない気持ちと、悔しい気持ちで心が波立つのを感じていた。

画面の中では、健也くんが腰を振りながら麻衣子に質問をしている。
「ここですか? ここに押しつける感じですか?」
『そう、そこ、うぅっ、もっと強くて良いわ。うぅあっ、そう、気持ちいいっ』
麻衣子は、レクチャーをしながらどんどん高まっていく。本当に気持ちよさそうな声をあげている。健也くんは、腰を押しつけるようにしながら腰を振り続けていく。
「もっと感じて下さい。旦那さんとするより、いっぱい気持ちよくなって下さいっ」
健也くんは、そんなことを言いながら夢中で腰を振り続ける。麻衣子は、まだ顔に精液が付着したままの状態で、嬉しそうにしている。

すると、健也くんが麻衣子にキスをした。自分の精液まみれの麻衣子に、構わずにキスをする彼。麻衣子も、嬉しそうに舌を絡めている。それにあわせるように、麻衣子が身体を倒し、俺にキスをしてきた。荒い息遣いで舌を突っ込んでくる麻衣子……。俺は、夢中で舌を絡めていく。

しばらく激しくキスをした後、麻衣子が顔を離し、
『キスしてても画面に夢中なんだね』
と、いたずらっぽく言った。俺は、慌てて麻衣子に視線を送り、ゴメンと謝った。
『良いよ。この後、もっとすごくなっちゃうから。怒らないでね』
麻衣子は、いたずらっぽく言うと、俺の上からどいた。そして、画面を注視している俺の乳首を舐め、ペニスを手でしごいてくれる。画面の中では麻衣子が他の男のペニスで見たこともないほど乱れている。それなのに、俺はこんな風に手コキをしてもらっている……。複雑な気持ちになるが、快感は増すばかりだ。

「麻衣子さん、好きです。僕、ずっと好きでした」
健也くんは、真剣な口調で言いながら腰を振り続ける。麻衣子は、嬉しそうな顔で、
『私もよ。好きよ』
と、答える。俺は、その言葉に強い焦燥感を感じていた。健也くんは、何度も好きだと口にする。そして、何度もキスをする。その度に、麻衣子はさらにとろけた顔になっていき、自分からもキスを繰り返す。

俺は、思わず手コキしている麻衣子を見た。でも、麻衣子は妖しく微笑むだけで、なにも言ってくれない。俺は、不安な気持ちのまま画面に視線を戻した。

『あっ、うぅっ、も、もうダメぇ、奥、ああっ、おかしくなっちゃう。健也くん、好きっ、好きっ』
麻衣子は、とろけた声で叫ぶ。そして、麻衣子は健也くんにしがみつくようになっていく。腕を回して力一杯抱きつき、両脚まで絡めるような動きをしている。

健也くんは、さらに腰の動きを速くしていく。
「もっと感じてっ! イッて下さいっ! 僕ので狂って下さいっ!」
健也くんは、感情のこもった口調で言う。
『も、もう狂ってるっ、イ、イクっ、イッちゃうっ! すごいのっ、こんなの初めてっ! 好きっ! 健也くん、好きっ! イッてっ! 一緒にイッてっ!』
麻衣子は、やっぱり感情のこもった声で叫ぶ。本当に愛し合ってる二人という風に見えてしまう。

「あぁ、ダメだ、イキそう。出ちゃいます」
健也くんは、余裕のない声でうめくように言う。俺は、ドキドキして喉がカラカラになっていく。彼は、コンドームをつけていない。さっきは、かろうじて外に出していた。でも、彼はスパートをかけるような動きをしていて、抜く気配はない。
麻衣子の両脚も、まだ絡みついたままだ。
『イッてっ! 好きっ! 好きっ! 健也、好きっ!』
麻衣子は、泣きそうな声で叫ぶ。
「麻衣子、好きだっ! 中に出すからっ!」
彼はそう言って麻衣子にキスをする。激しく絡み合う舌。そして、激しくなる動き。

すると、手コキしてくれている麻衣子が、
『秋則さんもイッちゃいそう。興奮してる? こんなの見て、興奮してるの?』
と、イジワルな口調で言う。俺は、ゴメンと謝りながらも、画面から目が離せないでいる。

麻衣子の両脚は、さらに健也くんに絡みついていく。まるで、外に出すのを許さないと言っているような感じだ。中に出して欲しい……そんな気持ちが伝わってくる。

そして、ひときわ健也くんの腰の動きが速くなると、次の瞬間身体を震わせた。それにあわせるように、麻衣子は彼にしがみついたままのけ反り、身体をガクガクッと震わせた……。俺は、中に出されてしまった麻衣子を見ながら、あっけなくイッてしまった。

『わっ、すごいっ、飛んだ』
麻衣子は、驚いた声をあげる。俺の射精した精液は、驚くほど勢いよく飛び散り、俺の胸や首筋まで汚している。画面の中では、繋がったままキスを続ける二人が映っている。二人ともイッたのに、むさぼるようなキスを続けているようだ。

麻衣子は、俺のお腹や胸の精液を舐めてすすり取り始める。そして、そのまま飲んでくれた。
『味って、違うんだね。秋則さんの方が、薄い味かな?』
麻衣子は、日本酒の飲み比べのようなことを言った。俺は、精液の味でも負けてしまったのかな? と、呆然としていた。

画面の中の二人は、見つめ合って微笑んでいる。
「麻衣子、好きだ。愛してる」
健也くんは、そんな風に言う。本気で言っているような、真剣な口調だ。
『照れちゃうよ。恥ずかしい……』
麻衣子は、まるで少女のような仕草で言う。健也くんは、真剣な顔で麻衣子を見つめ、
「愛してる」
と、言った。すると、少し間があった後、
『愛してる』
と、麻衣子も言った。

俺は、不安な気持ちで麻衣子を見た。すると、麻衣子は俺の耳元で、
『秋則さんのことも愛してる』
と、いたずらっぽく言った。動画は、イチャイチャする二人を撮し続ける。俺は、不安と興奮でなぜだか泣きそうな気持ちになってしまった。

動画は、しばらくして唐突に終わった。操作した感じはないので、バッテリー切れだったのか、メモリーがいっぱいになったのだと思う。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた2(転載禁止)

前回の話

麻衣子は、ズボン越しに俺のチンポを握りながら、今まで見せた事のないような妖艶な笑みを浮かべている。俺は、思わず言葉を失ってしまっていた。画面の中の麻衣子も、健也くんのチンポを握っている。
麻衣子の小さな手だと、余計に彼のモノは太くて長い感じがする。
『どうして欲しい?』
画面の中の麻衣子は、本当に楽しそうな感じだ。

「えっと、その……舐めて欲しいです」
遠慮がちに言う健也くん。麻衣子は、いいよと言った後、すぐに彼のチンポを舐め始めてしまった。カリ首の周辺を舐め回し、大きく口を開けて飲み込んでいく。健也くんは、気持ちよさそうなうめき声をあげながら、
「気持ちいいです。めっちゃ気持ちいい」
と、感激した様子で言う。童貞の彼には、刺激が強すぎるのかもしれない。俺は、麻衣子が他の男のチンポをフェラチオしている姿を見ているのに、イヤな感情がわいてこない。ただただ、強い興奮が俺を支配している。自分でも、どうしてそうなるのかわからない。

すると、俺のチンポを握っている麻衣子が、
『どうしてこんなになってるの? 私が他の人のおちんちんくわえてるのに、興奮するなんておかしくない?』
と、不思議そうに言う。ただ、怒っている感じではなく、本当に疑問に感じているという雰囲気だ。俺は、自分でもわからないけど興奮してしまうと答えた。

『じゃあ、もっと興奮させちゃうね』
麻衣子は、楽しそうに言う。画面の中では、麻衣子が頭を前後に激しく降りながらフェラチオしている。
「すごいです。ヤバい、気持ち良すぎる」
彼は、あまり余裕のない声で言う。本当に、射精しそうな感じになっているみたいだ。
『どうする? 一回出しちゃう?』
麻衣子は、風俗嬢のようなことを言う。
「は、はい。その……飲んでもらっても良いですか?」
健也くんは、緊張した口調でリクエストした。
『え? 飲むって、精液を?』
麻衣子は、驚いた口調だ。俺は、慌てて横の麻衣子を見た。麻衣子は、ニヤニヤしながら俺を見つめるだけで、何も言ってくれない。

俺は、麻衣子に飲んでもらうどころか、口の中に射精した事すらない。
「ダメですか?」
弱々しい声で言う健也くん。
『良いよ。飲んであげる。今まで、一回も飲んだ事ないから飲んでみたい』
麻衣子は、そんな風に言った。俺は、麻衣子の初めてを奪われてしまう……そんな危機感で、胸がドキドキしていた。
「嬉しいです! めっちゃ嬉しいです!」
健也くんは、本当に嬉しそうに言う。麻衣子は、妖艶な笑みを浮かべると、再び彼のペニスをくわえてしまった。そして、さっきよりも激しくフェラチオを始める。俺にしてくれるときよりも、激しいフェラチオに見える。すると、麻衣子は俺のズボンとパンツを降ろし、むき出しになったチンポをくわえてきた。画面の中の麻衣子と同じように、激しいフェラチオをしている。俺は、現実と映像がリンクし、不思議な感覚になっていた。

画面と交互に見比べながら見ていると、チンポの大きさがまるで違う事に気がつく。画面の中の麻衣子は、目一杯口を大きく開けているが、リアルの麻衣子はそうでもない……。

画面の中の健也くんが、余裕のない声で、
「出そうです。麻衣子さん、出ます」
と、告げると、麻衣子はさらに動きを速くした。そして、彼はうめきながら麻衣子の口の中に射精を始めた……。射精は驚くほど長く続いている。

射精が終わると、麻衣子は健也くんの目の前に顔を持って行き、見せつけるようにして飲んでしまった。
『いっぱい出たね。ごちそうさま』
麻衣子は、精液を飲んだのに、顔をしかめる事もなく微笑んでいる。健也くんは、感激したような顔で、
「ありがとうございます! 嬉しいです!」
と、言う。本当に嬉しそうだ。でも、俺はショックを受けていた。すると、俺のチンポをくわえていた麻衣子が、
『もっと固くなった。本当に興奮しちゃうんだね。寝取られ性癖ってヤツなの?』
と、不思議そうな顔で聞いてくる。俺は、今まで自覚がなかっただけで、寝取られ性癖なんだと思う。でも、麻衣子にはわからないと答えた。
『そうなんだ』
麻衣子は、ニヤニヤしながら言う。すると、画面の中の麻衣子に、健也くんがキスをし始めた。慌てて顔を背ける麻衣子。
『ま、まだ口に残ってるよ。うがいしてくるね』
慌てて言う麻衣子。でも、健也くんは強引にキスを続ける。自分の精液が残る麻衣子の口に、気にする事もなく舌を突っ込む彼。抵抗していた麻衣子も次第に抵抗を緩め、自分からも舌を絡め始めた。俺は、そんな二人の姿を見て、あっけなく射精してしまった。

『ん~』
麻衣子は俺に口内射精を受け、嬉しそうにうめく。そして、俺の目の前に顔を持ってくると、口を開けて中を見せてきた。自分でも驚くほど沢山出てしまった精液を見て、どうするつもりだろう? と、ドキドキしていた。麻衣子は、いたずらっぽい顔で口を閉じると、そのまま喉を大げさに動かして飲み干してくれた。

『いっぱいだね。秋則さん、興奮しすぎだよ~』
楽しそうな麻衣子。すると、麻衣子は俺にキスをしてきた。俺は、思わず顔を背けてしまう。
『フフ。やっぱり、ヤダよね。自分の精液なんて、気持ち悪いよね』
麻衣子は、笑いながら言う。俺は、健也くんに負けた気持ちで落ち込んでしまった……。

画面の中では、二人はまだキスをしている。麻衣子は彼を抱きしめ、恋人同士のようなキスを続ける。荒い息遣いが聞こえてくるようだ。

「今度は、僕が舐めても良いですか?」
健也くんは、興奮した口調で質問する。画面の中の麻衣子が、
『舐めるって、どこを?』
と、質問する。健也くんは、質問には答えずに麻衣子の上に覆い被さった。そして、そのまま下腹部のあたりに顔を近づけていき、アソコを舐め始めてしまった。麻衣子は、抵抗すると思ったが抵抗をしない。
『んっ、んぅ、あっ、気持ちいい。上手よ、うぅっあっ』
麻衣子は、気持ちよさそうな声をあげながら、彼の頭をなでたりしている。健也くんは、そのまま夢中で麻衣子のアソコを舐め続けている。
『本当に、気持ちいいわ。上手よ。そこの皮、剥いて舐めてみて』
麻衣子は、恥ずかしそうな感じなのに、そんなリクエストまでする。健也くんは、指で麻衣子のクリトリスの皮を剥きながら、直接舌で刺激を始めた。
『アンッ、うぅっ、アンッ、あっ、気持ちいいっ、もっと強くっ、うぅあっ!』
麻衣子は、どんどん声を大きくしていく。ベッドの上で、なまめかしい声をあげながらシーツをグチャグチャにしていく麻衣子……。

俺は、このまま最後までしてしまうのだろうか? と、不安と期待でドキドキしていた。麻衣子が、
『真剣だね。そんなに興奮しちゃう? 私が秋則さんじゃない人に感じさせられてるのに、イヤじゃないの?』
と、聞いてくる。俺は、それに答える事が出来ず、ただただ画面の中の麻衣子を見つめていた。

『イキそう……イッちゃう、あぁ、気持ちいい。もっと舐めて。メチャクチャにして』
麻衣子は、うわずった声で言う。淫乱でマゾ……そんな感じがするリアクションだ。健也くんは、クリトリスの皮を指で剥いたまま、舌をメチャクチャに早く動かしている。ピチャクチョいうような、湿った音もどんどん大きくなっていく。

『イクっ! イクぅっ! イッちゃうっ! うぅあああっ!!』
麻衣子は、腰を浮かせるような格好になると、ガクガクッと太もものあたりを痙攣させた。

俺の隣の麻衣子が、俺のチンポを握りながら、
『興奮しすぎだよ。もうイッちゃうそうじゃん』
と、少しだけからかうような言い方をする。俺は、ドキッとしてしまっていた。確かに、射精したばかりとは思えないほどに勃起している。しかも、握られた事で射精感まで急激に高まっている。

画面の中では、口のあたりを手の甲で拭いながら、
「イッたんですか 気持ち良かったですか?」
と、興奮気味の声で言う健也くん。嬉しくて仕方ないという感じが伝わってくる。
『そうよ。童貞君にイカされちゃったわ。なんか、悔しいな』
麻衣子は、少しだけ悔しそうだ。でも、すぐにどちらからともなくキスを始めてしまった。麻衣子は、イカされた直後という事もあるのか、興奮気味で激しく舌を使っている。
康介くんも麻衣子の舌に舌を絡め、むさぼるようなキスを続ける。

「もう、入れても良いですか?」
健也くんは、切羽詰まったような声で言う。それにしても、どう見ても彼はイケメンだと思う。それなのに、なぜ童貞なのだろうか? そんな事を考えてしまう。

『本当に、良いの? 最初って大切だよ。こんなおばちゃんで良いの?』
麻衣子は、少し迷っているような口調で言う。年の差が10歳もあると、気になってしまうのかもしれない。
「麻衣子さんが良いんです! 俺、本当に麻衣子さんの事……」
彼は、熱心な口調で言う。
『フフ。ありがとう。でも、セックス直前の好きとか愛してるって言葉は、信用出来ないけどね~』
麻衣子は、おどけたように言う。そして、麻衣子は自分からキスをした。しばらくキスを続けた後、
『良いよ。来て』
と、麻衣子はうわずったような声で言う。
「は、はい。その……コンドームつけます」
健也くんは、緊張気味に言う。
『偉いね。そう言うの、ホント大事よ』
麻衣子は、感心したように言う。そして、彼はラブホテル備え付けのコンドームを装着し始めた。

『キツそうだね。サイズ、あってないみたい』
麻衣子は、驚いたような口調で言う。俺は、コンドームのサイズの事なんて気にした事がないので、麻衣子の言葉に驚いていた。

「平気です。ちょっと痛いけど、大丈夫です」
健也くんは、そんな風に言う。
『でも、これだとイケないんじゃないかな? 良いよ、外しても』
麻衣子は、あっさりと言う。
「えっ? 良いんですか? その……赤ちゃんとか」
健也くんは、戸惑った感じだ。
『たぶん、平気だよ。もうすぐ生理だし』
麻衣子は、そんな風に言う。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた(転載禁止)

「え? デート? そんなのダメに決まってるじゃん」
俺は、妻の麻衣子に慌てて言った。
『し、しないよ! しないに決まってるじゃん。ただ、そんなこと言われたって報告だよ』
麻衣子は、慌てて説明をする。俺は、その言葉にホッとした。麻衣子がパートしているファミレスは、大学生や高校生のバイトも多い。そんなバイトの高校生の男の子に、デートしてくれと言われたらしい。

俺は、てっきりデートをするという話だと思ってしまって、軽くパニクってしまった感じだ。
「麻衣子が人妻だって、知らないの?」
俺は、そんな質問をする。

『う、うん。知ってる……はずだけど。でも、デートしてって言うくらいだから、知らないのかもしれないね』
麻衣子は、あやふやな言い方をする。俺は、急にドキドキしてしまった。麻衣子は、結婚していることを隠している? 俺は、そうなのかと質問した。
『そんなわけないじゃん。だって、昼間にパートしてるおばちゃんなんて、みんな結婚してるって思われてるんじゃない?』
麻衣子は、そんな風に言う。麻衣子は、自分が結構美人で、年よりも若く見えることにあまり自覚がない。自己評価が低いわけでもないと思うが、若い男の子達から見ても、十分セックスの対象になっているはずだ。俺は、急に心配になってしまった。本人に自覚がないだけで、結構狙われているのではないか? それだけならまだしも、性欲の対象として見られているのではないか? そんなことを想像してしまった。

「なんて答えたの?」
俺は、高校生にデートに誘われ、麻衣子がどんな返答をしたのか気になってしまった。
『え? 冗談ばっかり言ってないで、ちゃんと仕事しなさいって』
麻衣子は、そんな説明をした。俺は、その答えに納得した。でも、麻衣子は話を続ける。
『でも、冗談じゃないんですって言われちゃって、ドキってしちゃったよ』
麻衣子は、恥ずかしそうに言う。俺は、その後はどうしたのか質問した。
『どうもしないよ。はいはいって言って、適当にあしらったよ』
俺は、その高校生のことをどう思っているのか聞いた。
『どうって、弟みたいな感じかな? よくからかわれたりするんだ。デートのことも、からかってるんだと思うよ』
麻衣子は、そんな風に言う。俺は、結構本気なんだと思うよと言った。でも、麻衣子は笑って、まさか~と、言うばかりだ。

『だって、健也くん結構モテるんだよ。私みたいなおばちゃん、眼中にないよ』
新しい情報を告げる麻衣子。俺は、結構モテるという言葉に、イケメンの男子高校生をイメージしてしまった……。

ただ、この話はこれ以上盛り上がることもなく、次の休みにどこに行こうかとか、いつもの会話に戻ってしまう。でも、俺はモヤモヤしっぱなしだった。

その夜、俺は麻衣子に迫った。最近、めっきりと回数の減っていたセックスだけど、高校生の彼の話に嫉妬でもしたのか、猛烈に麻衣子を抱きたくなってしまっていた。
いつもよりも、荒々しいキスをしてしまう俺。強引に彼女を抱きしめながら、高校生のイケメンと楽しそうに話をしている麻衣子を想像していた。

『アン。どうしたの? なんか、ちょっと怖いよ』
麻衣子は、そんな風に言いながらも、どこか嬉しそうだ。俺は、何も言わずに彼女にキスを続け、パジャマの上から胸を揉み始める。最近、彼女に感じたことのなかった執着心が、ムクムクと大きくなっていくのを感じる。
『秋則さん、どうしたの? もしかして、気にしてる?』
麻衣子は、少し楽しそうに言う。俺は、そんなことはないと答えた。すると、麻衣子はクルンと体勢を変え、俺の上に乗っかる。そして、パジャマのズボンの上から股間を握ってきた。
『カチカチ~。興奮してるんだね。それって、焼きもち?』
麻衣子は、本当に嬉しそうに言う。俺は、そんなことはないと否定するばかりだ。でも、麻衣子は本当に嬉しそうに俺のチンポを握ってくる。

『まだ、焼きもち焼いてくれる気持ちが残ってたんだね』
麻衣子は、からかうように言う。でも、俺はその言葉にドキッとしてしまった。確かに、最近彼女に無関心すぎたかもしれない。一緒にいるのが当たり前……そんな感覚になっていたのかもしれない。

俺は、ゴメンと短く謝った。
『あらら、今日は素直だね。話だけでこんなに焼きもち焼いてくれるなら、一回くらいデートしちゃおっかな?』
麻衣子は、そんなことを言う。俺は、そんなのダメだよとムキになってしまった。
『またまた~。身体はそうは言ってないみたいだよ』
麻衣子は、笑いながら俺のチンポを握る力を強くした。確かに、俺は完全に勃起している。完全というか、充填率120%という感じになっている。いつでも波動砲を撃てる状態だ。

『焼きもち焼いてくれて、嬉しい』
麻衣子は、急に真面目な顔でそう言うと、俺にキスをしてきた。そして、そのままむさぼるようにキスをし、セックスに移行した。ただ、挿入して1分も経たないくらいのタイミングでイッてしまった……。
いつも早漏気味だけど、ここまで早いのは初めてだ。俺は、恥ずかしさと申し訳なさで、ゴメンと謝った。
『ううん。嬉しいよ。そんなに興奮してくれたんだね。秋則さん、愛してる』
麻衣子は、上機嫌だ。こんなに上機嫌な彼女は、久しぶりに見る。

俺は、自分の中の嫉妬心や執着心に驚きながらも、麻衣子のことをより大切に思えるようになった気がした。
この日を境に、セックスの回数も増え、ラブラブな感じも増えた。ただ、麻衣子がセックス中に、やたらと嫉妬心をあおるようになってしまったりもした。

『今日も健也くんと一緒だったんだよ。今日気がついたんだけど、彼っていつも私のこと見てるみたい。もしかして、本当に気があるのかな?』
そんなことを言う麻衣子。俺は、嫉妬心が異常なほど高まっていくのを感じていた。そして、さらに嫉妬心をあおられ、堪えきれずに挿入すると、瞬殺で果ててしまった……。

そんなことを繰り返しているうちに、俺の中で本当にそれを見たいという気持ちが育ってしまった。俺は、会社帰りにこっそりと麻衣子が働くファミレスの前に行ってみた。
平日の夕方の時間帯は、まだそれほど混んでいない感じだ。制服を着た麻衣子の姿が見える。可愛らしい制服姿の麻衣子は、遠目には他のバイトと同じように、学生に見える。もうすぐ30歳には見えない感じだ。

しばらく麻衣子が働く姿を盗み見していると、若い男性が麻衣子に話しかけるのが見えた。離れているのでディティールまではわからないが、なかなかイケメンの気がする。
麻衣子は、笑いながら話をしている。楽しそうに笑いながら話をする麻衣子……。他の男と楽しそうに会話をする姿は、俺を猛烈に嫉妬させた。でも、嫉妬しながらも、俺のチンポはガチガチレベルに勃起してしまっている。

俺は、しばらく麻衣子が彼と一緒に楽しそうに働く姿を見ていた。そして、モヤモヤした気持ちで帰宅した。今日は、俺が夕食を作る日だ。俺は、夕ご飯を作りながら楽しそうにしていた麻衣子を思い出し、イライラしてしまっていた。でも、イライラしながらも、勃起が収まらないことに自分の事ながら驚いていた。

そして、いつもの時間に麻衣子は帰っていた。
『ただいま~。ゴメンね、お待たせ』
麻衣子は、笑顔で食卓に着く。そして、食事を始める。俺は、今日は彼はいたの? と、自分から話を振ってみた。
『え? 健也くん? いたよ。気になっちゃうの?』
麻衣子は、ニヤリとしながら言う。俺は、別にと言ってごまかすが、麻衣子は、
『今日も、楽しくお話とかしたよ。またデートに誘われちゃった』
と、いたずらっぽく言う。俺は、してみたら? と、言ってみた。
『え? いいの?』
麻衣子は、俺が思っていたのとはまったく違うリアクションを取ってきた。でも、言い出した手前、今さらダメとも言えない。
「別に良いよ。たまにはそういうのも良いんじゃない?」
俺は、ドキドキしながらそう言った。麻衣子は、
『心配じゃない?』
と、聞いてくる。俺は、別に心配していないと答えた。
『そっか。じゃあ、ちょっとだけデートしちゃうね』
麻衣子は、笑顔でそう言った。

俺は、この後の時間はずっと脇汗をかいたままだった。極度の緊張なのか心配なのかわからないが、汗が止まらない。そして、勃起も……。

数日が経ち、朝会社に向かう俺に、
『じゃあ、今日はゴメンね。少しだけ遊んでくるね』
と、申し訳なさそうに言う麻衣子。俺は、楽しんできてと言いながらも、本当にデートしちゃうんだなと動揺していた。あくまで、俺の嫉妬心を煽るために言っているだけ……だと思っていた。実際には、デートなんてしないと思っていた……。

俺は、まったく落ち着かない気持ちのまま働いた。いつもよりも、時間が過ぎるのが遅い気がしながらもなるべく麻衣子のことを考えないように働き続けた。

そして、夕方になると、今日は残業をせずに早めに帰宅した。
『おかえり~。あれ? 今日は早かったね』
麻衣子はもう帰ってきていて、食事準備も終えている。俺は、麻衣子と同じように早かったねと言った。

『だって、お昼一緒に食べて買い物しただけだから。でも、外で職場の人と会うのって、変な感じだったよ』
麻衣子は、そんな説明をする。考えてみれば、こんなものだと思う。俺は、麻衣子がキスをしたりセックスをしてしまったりすることばかり想像していたが、初デートでそうなることは少ないはずだ。
俺は、なぜか少し拍子抜けした感じになりながら、楽しかった? と、質問した。
『うん。なんか、新鮮だったよ。心配した?』
麻衣子は、笑顔で聞いてくる。俺は、別にと答えて食事を始めた。本当は、もっといろいろと質問したかったが、なんとなく聞けないまま食事を続ける。そして、風呂に入ったり片付けをした後、ベッドに入った。

『本当は、もっと聞きたいんじゃないの?』
麻衣子は、いたずらっぽく質問してくる。俺は、意地を張って別にと答える。
『またまた~。ここは聞きたいって言ってるみたいですが』
ふざけた口調でそう言って、無造作に俺のチンポを掴んできた。俺は思わずうめいてしまった。
『こんなに固くしといて、聞きたくないはないんじゃない?』
麻衣子は、いたずらっぽく言う。俺は、黙ってうなずいてしまった。
麻衣子は、
『健也くん、ずっと私のこと褒めてくれるんだ。あんなに褒められたら、本当に私のこと好きなのかな? って、思っちゃうよね』
と、少しはにかみながら言う。俺は、どんな風に褒められたのかと聞いた。
『可愛いとか、スタイルが良いとか。全然そんなことないのにね。あっ、あと、すごく健也くんの好みの顔なんだって。一目惚れしたって言われちゃった』
麻衣子は、俺のチンポを微妙にしごきながら言う。俺は、嫉妬や興奮で我慢出来ず、彼女に抱きついてキスをした。
『フフ。興奮してる。焼きもち焼いてるの?』
嬉しそうな麻衣子。俺は、彼女にコントロールされてしまっているなと思いながらも、興奮を抑えられない。そして、愛撫するのもそこそこに、パジャマを剥ぎ取るように脱がせ、慌ただしくコンドームを装着して挿入した。
『アァンッ、カチカチ。すごく興奮してるね。私もだよ』
麻衣子は、うわずった声で言いながら、嬉しそうにキスをしてくる。俺は、なにもなかったのかと質問した。
『なにもって?』
麻衣子は、小悪魔の笑みを浮かべながら言う。俺は、手をつないだりキスをしたりと言った。
『手はつないだよ。健也くん、すごく手に汗かいてて可愛かったな』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

アクセスランキング

プロフィール

管理人:萌え体験好き
オリジナルの体験談は、転載する時には必ず本文の最後にリンクをつけて下さい。

検索フォーム

ブログランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:ここだけのオリジナルストーリーです。

寝取られ系のモノが多くなります。
淡い恋心を抱いていた幼馴染みとの話や、幼馴染みが他の男に抱かれてしまう話、友達の恋人との切ない話等々です。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。


月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者マガブロ一覧
http://hmoeta.com/blog-entry-5355.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>