エッチで萌えた体験談厳選ブログ

オリジナルの体験談の他、寝取られ、人妻などエッチな体験談を紹介します

☆絶叫マゾヒスト 苦痛快楽 奥様はマゾ


では、奥様には胸丈の甘王丸出しの拘束服を着せてみましょう。
マスクも被らず・・・
手は後手に・・・
窓際に立たせてみます。。。
ま・・・そうはいってもね・・・



人妻奴隷調教クラブ
打たれるたびに美しく…。優しい夫。満たされた生活。それでも本当の自分を探し求める人妻・あきが、辿り着いたのは完全会員制の秘密クラブ。男に囲まれ、イくときは「ありがとうございます」と謝辞を強制され、脚が痙攣するほどの潮を吹き、イッてもイッても終わらない快感だけが脳裏を支配する。せつなげにチ●ポを哀願するあき。隠されたマゾ性を露わにして淫猥な世界に身をゆだねる調教奴隷夫人の隠された一日!全4編収録。



両想いだった幼馴染が、DQNのチ○ポ中毒になっちゃうまで
ユウとスミレは、幼馴染の同級生。
傍から見ると夫婦のような2人だが、付き合っている訳ではない。
お互いに意識し合いながらも、なかなか想いを伝えられない二人…。
そんなある日、スミレは親友の千里に連れられてカラオケ店へ。
案内された部屋には見知らぬDQN男・リクが待ち受けていた…。


私が望むのは「執行」であり「調教」ではないのですけれど、実験として興味を持ちました。
SM的性行為は私が行きたいところへ行くための手段であり
そこは「ある種の絶望」が導く場所であり そこへ行くことでしか得られない感覚と、
そこでしか会えないモノがあるのですね。
それを得るための執行者はやはり必要です。
[ 2016/12/09 22:18 ] お知らせ | TB(-) | CM(-)

寝取られ体験談 寝取られだけの姉妹ブログ

エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
[ 2016/12/09 22:18 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)

※二番でも良いと言って結婚した嫁と

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。

麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。


麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。
[ 2016/12/09 20:00 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

※強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8

前回の話

ラブホテルの玄関で、入室してすぐに中出しをされてしまった美里。私は、それを見ながらパンツの中で精を漏らしてしまった。
『なんでイッてるんだよ。ホントにド変態になったもんだな』
美里が、冷たい目で私を見ながら言う。美里は、膝までショーツを下ろしたまま、床にへたり込むように座っている。腰が抜けてしまったようだ。

そして、アソコからはついさっき悠斗に注がれた精液が流れ出ていた。当たり前のように中に出されてしまった美里。最近、子作りを始めようと言っていたのに、私ではなく悠斗に注がれてしまっている。妊娠してしまったらという不安がよぎる。
[ 2016/12/09 19:40 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

短大生の妹(処女)との温泉旅行2

「麗佳、パンツ下ろすね。腰上げてくれる?」

ゆっくりパンティ脱がして・・・。
毛は綺麗に手入れされてたよ。
かなり剃っていた。
[ 2016/12/09 17:43 ] 近親体験談 | TB(-) | CM(-)

短大生の妹(処女)との温泉旅行1

つい2週間前の話です。
妹のロストバージンの話をします。

相手は兄貴の俺。
リアルに記憶に残ってる。
全部覚えてる。
[ 2016/12/09 15:43 ] 近親体験談 | TB(-) | CM(-)

俺の部屋で下着姿でうろつく姉は、エッチが好きすぎてゴメンと言ってきた

都内で一人暮らしをしてた俺の部屋に、部屋を借りるまでの約束で姉が転がり込んできたのがきっかけだった。

7畳の1K住まいに姉とふたり。しかも実家感覚で暮らしてやがるから、山本梓に似た姉がシャワー上りに下着姿でくつろぎやがる。もう、目の毒。そりゃ性欲もつのるってもんですよ。
[ 2016/12/09 12:12 ] 近親体験談 | TB(-) | CM(-)

僕、お姉ちゃん大好き病で死んじゃうかもしれない!

不思議だけど、僕はお姉ちゃんにしか自然に勃起できない。僕はお姉ちゃん以外の女の人に対しては、「無理にでも興奮しなきゃいけないのかな・・・?」 という息苦しさと義務感を感じちゃう・・・でも、お姉ちゃんの下腹部をじっと見つめてるとおまたがむくむくしちゃう、僕はなんていけない子なんだって思ったら、お姉ちゃんも冗談交じりに「○○ちゃんの子供ほしいな~♪」ってすごいいい笑顔で僕をいじるの。わーん!!
[ 2016/12/08 22:00 ] 近親体験談 | TB(-) | CM(-)

※嫁は昔、ヤクザとキメセク中毒だった

今日は、息子の10歳の誕生日だった。
子作りを開始して、なかなか授かれず、5年もかかって出来た息子なので、目に入れても痛くないほど可愛くて、少し甘やかし気味かも知れない。
そんな息子の10歳の誕生日なので、良くないとは思いながらも、学校を休ませて、ディズ○ーランドで一日過ごしていた。
もちろん、私も仕事を休んで…… とは言っても、自営業なので、そこはかなり融通が利く。仕事は、プロダクトデザインの事務所を経営していて、たまたま私のデザインした大手企業の商品が、ワールドビジネスサテライトに取り上げられるくらいヒットして、ありがたいことに毎年事務所の業績も右肩上がりが続いている。
[ 2016/12/08 20:07 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

宗教の修行中の俺に、エロガーターで堕落しませんか? と聞いてきた23歳OL

某宗教の修行中、俺が勤める所に散策に来てた女性と付き合ったことがある(隠れて)。

当時相手は23歳、洋服の販売員をしていて色白で目が大きく、にっこりした笑顔とストレートのロングヘアが上品だった。

が、しかし、昼は貞淑、夜は売春婦てなくらいスイッチが入るとエロエロ。
[ 2016/12/08 12:30 ] OLや働く女性との体験 | TB(-) | CM(-)

万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完【ブロマガ】

前回の話

あの一件以来、まゆさんは俺の部屋によく遊びに来るようになった。まゆさんが万引きしたのを目撃したことで始まった関係だったのに、今では彼女の方が積極的に俺とのセックスを望んでいるような感じだ。

そして、驚くようなことも聞かされた。それは、俺が最初にまゆさんを脅すような行動を取ったときに、怖くなかったのかと聞いたときのことだ。
『怖くなかったよ。ゾクゾクしちゃった。あんなに上手く行くとは思ってなかったし』
まゆさんは、イタズラっぽい笑みを浮かべて答えた。俺は、うまく行ったという言葉の意味がわからず、どういうこと? と、質問した。

『お店で、圭くんがいるの気がついたから、わざと圭君に見られるように万引きしたんだよ。襲ってくれるかな? って期待しながらね』
まゆさんは、そんな事を言う。俺は、まさかと思い、ウソだと言ってしまった。

『ううん。ホントだよ。それに、万引きもしてないんだよ。あれ、空箱だったんだよ。家で使ってるのがなくなっちゃったから、同じの買おうと思って箱を持ってったんだ』
「えっ? でも、2〜3個入れてたでしょ?」
『一回だけじゃ、圭くん見逃しちゃうかもなって思って、同じ箱で何回かやってみたんだよ』
「で、でも、俺が部屋に入ったとき、机の上に6個くらいあったじゃないですか!」
『ふふ。全部空のヤツだよ。圭くん来るかなぁって思って、スタンバイしてたんだw』
俺は、死ぬほどビックリしていた。確かに、まゆさんが万引きするなんて、あまりにもイメージと違うなと思っていた。だからこそ、ショックを受けた俺は、まゆさんにレ〇プまがいの行動を取った。それが、全部フェイクだったなんて、とても信じられない。

俺は、ショックで言葉をなくしていた。
『でも、圭くんが部屋に上がり込んできたときは、ゾクゾクしちゃったよ。それだけで、軽くイッちゃったんだよ♡』
まゆさんは、妖艶な顔で言う。俺は、手の平の上で弄ばれていたんだなと思いながらも、それはそれでいいかと思った。

『ねぇ、今日はまたあれやってくれる?』
まゆさんは、トロンとした顔で言う。
「エッ? あれですか? ホント、好きなんですね。わかりました」
『ふふ。じゃあ、待ってるね〜』
そう言って、まゆさんは俺の部屋から自分の部屋に移動した。関係を深めていく中で、まゆさんはレ〇プ願望のあるドMだということが分かった。それで、そういうプレイをよくするようになった。最近では、俺のことを圭くんと名前で呼ぶほど仲良くなったのに、プレイは犯されるようなプレイを望む。でも、俺も嫌いじゃない。


俺は、ドキドキしながら部屋を出た。そして、隣の部屋のドアをノックする。すると、ドアの向こうから、
『はぁい。どちら様ですか?』
と、声がする。俺は、
「こんにちは。隣の松田です」
と、声をかける。すると、ドアがガチャッと開き、
『あら? どうしたの?』
と、まゆさんがキョトンとした顔で聞いてきた。まゆさんは、可愛いウサギのキャラクターのエプロンを着けて、可愛らしい若奥様という感じだ。
「すみません、醤油を切らしちゃって。少し貸してくれませんか?」
俺は、過去のプレイで何度も繰り返してきたセリフを言う。
『あら、大変ね。良いわよ。ちょっと待っててね』
そう言って、部屋の奥に戻っていくまゆさん。俺は、そっと靴を脱ぎ、彼女の後を追う。

そして、キッチンに到着するのと同時くらいに、後ろからまゆさんに抱きついた。
『あっ! ど、どうしたの!? 松田君、なにしてるの!?』
まゆさんは、必要以上に大きなリアクションでそんな事を言う。そして、身体をよじって逃れようとする。俺は、後ろからガシッと抱きしめたまま、
「大きな声出すな! 黙ってれば、殴ったりしないから!」
と言った。そして俺は、そんなことを言いながらまゆさんの胸を揉み始めた。エプロン越しにも大きいというのが分かるサイズだ。俺は、それをかなり強めに揉んでいく。それこそ、握りつぶすような感じで揉んでいく。
『うぅっ! ダメっ! 松田君、落ちついてっ! こんなのダメよ、私、人妻なのよ!』
まゆさんは、そんな事を泣きそうな顔で言う。俺がこのプレイが上手くなってきたように、まゆさんもこの犯される若妻の演技が凄く上手になってきた。
「まゆさんが悪いんだ! いつも、エッチな格好で誘惑するから! この胸が悪いんだ!」
俺はそんなことを言いながら、彼女のエプロンはそのままで、内側のシャツだけまくり上げるようにした。すると、シャツがかなり上の方にズレていき、ぱっと見、裸エプロンのような感じになる。俺は、かなり興奮しながら、エプロン越しにまゆさんの巨乳を揉み続けた。

『イヤァ、ダメっ、お願い、冷静になって! 今なら、何もなかったことにしてあげるからっ!』
まゆさんは、迫真の演技を続ける。やっていて、演技なのか本気なのか分からなくなってきてしまう。

俺は、強引にエプロンの中に手を突っ込み、直に胸を揉み始めた。相変わらずの柔らかさと、手に余るほどの大きさ。俺は、夢中で揉みしだいていく。そして、乳首もつまみ始めた。
『うぅあっ、ダメっ! つまんじゃダメぇ、お願い! もう止めてっ!』
泣き声のような声で言うまゆさん。
「うるさいっ! 乳首こんなにカチカチじゃないかっ! 犯されてるのに、感じてるじゃないか!」
『違うっ、違うの、うぅッあぁ、や、止めて、乳首ダメぇ』
まゆさんは、泣きそうな声で叫びながらも、甘い声に変わりつつある。つまんだ乳首はカチカチで、まゆさんが相当な興奮状態にいるのが分かる。
「ウソだっ! 興奮してるんだろ! この、ヤリマン! 人妻のくせに、淫乱すぎるだろ!」
俺は、必死で言葉責めもしていく。何回やってもいまいち慣れないプレイだが、まゆさんの興奮っぷりを見ると、つい頑張ろうと思ってしまう。

『違うっ! そんなんじゃないのっ! お願い、私には主人がいるの、止めてっ! お願いよぉ、許して下さいっ!』
まゆさんは、涙すら流し始めている。
俺は、ここで本当に苦手なんだけど、まゆさんを俺に向き直らせて、頬をビンタした。パチンと軽いけど乾いた音が響く。
『ひぃっ、ごめんなさいっ! ぶたないで!』
怯えた目で俺を見るまゆさん。でも、始めにビンタしろと言って来たのは彼女だ。俺は、女性の顔を殴るのにはかなりの抵抗がある。でも、まゆさんは俺にビンタをされた途端、身体をビクビクッと震わせて、とろけきった顔になった。

顔を叩かれてイクなんて、初めは冗談かと思った。でも、まゆさんは、そんな激しいプレイを望んでいる。
俺は、殴られて頬を赤くしながら俺を見つめるまゆさんを見て、罪悪感を感じた。でも、怯えたような顔になって、涙までこぼしているまゆさんを見て、猛烈に欲情してしまった。

俺はズボンとパンツを下ろすと、限界までいきり立ち、血管がうねるのがわかるほどになっているペニスを誇示した。まゆさんは、怯えた目で俺のペニスを見て、
『あぁ、そんな……許して……』
と、力なくささやく。
「ほら、くわえろ」
俺は、ゾクゾクしながら命令した。
『そんなの無理よ、許して……』
まゆさんは、震える声で言う。まゆさんの演技があまりにも真に迫っているので、俺もプレイなのかリアルなのかが曖昧になってくる。

俺は、もう一度彼女の頬をビンタした。乾いた音が響き、
『ヒィッ、ぶ、ぶたないで……』
と、怯えた顔で言うまゆさん。でも、顔はビックリするくらいにとろけている。

「だったら、黙ってしゃぶれよ」
俺は、興奮で多少震える声で言った。すると、まゆさんが泣き顔のまま近づいてきて、俺のペニスをおずおずと握り始めた。そして、意を決したように顔を近づけていく。まくれ上がったシャツに、乱れたエプロン。若妻の陵辱場面という感じだ。
そしてまゆさんは、口を開けて俺のものをくわえ始めた。でも、くわえたまま固まったように動かないまゆさん。俺は、
「ほら、ちゃんとやれよ! 旦那にしてるみたいにやれって!」
と、強い口調で命令した。すると、まゆさんはビクッと身体を震わせ、舌を使い始めた。まゆさんには、すでに何度もフェラをしてもらっているが、こうやって無理矢理させるようなシチュエーションは、興奮も快感も大きくなる。

まゆさんは、涙をこぼしながらフェラを続けてくれる。俺は、自分にこんなに残虐な心があるのを知らなかった。泣きながらフェラするまゆさんを見て、信じられないくらいに興奮してしまった。

しばらくすると、一生懸命フェラするまゆさんの頭に手を置き、髪を鷲づかみにした。そして、そのまま乱暴に前後に動かし、
「おらっ、もっと気合い入れてやれよ!」
と、命令した。まゆさんは、涙目のままうなずき、頭を前後に動かし始めた。そして、舌もカリ首あたりに絡みついてくる。俺は、最高の快感と征服欲を満たされ、本当に気分が良かった。

そしてさらに、俺は両手でまゆさんの頭をホールドし、腰を突き入れてまゆさんの喉を犯し始めた。顔を真っ赤にして、えずき始めたまゆさん。俺は、かまわずにまゆさんの喉奥を犯しつづける。まゆさんとこのプレイをするようになるまでは、イラマチオなんて興味もなかったし、したいとも思わなかった。
でも、実際にまゆさんに対してやってみると、征服欲を刺激され、とても興奮するのが分かった。俺は、思い切りまゆさんの頭を引きつけるようにして、俺のペニスを根元までまゆさんの口の中に押し込んだ。先っぽが喉の奥に当たるのを感じるが、かまわずにまゆさんの頭をホールドし続ける。

まゆさんの顔がみるみる真っ赤になっていき、えずくように咳き込む。でも、俺はかまわずに腰を振り始めた。まゆさんの喉奥を犯すようにしながら腰を振る俺。
『ウゥンッー! ウゥオゥッ!』
まゆさんは、嘔吐しそうな声でうめきながら、涙目で俺を見つめる。一瞬、やり過ぎたか? と思うが、エプロンに浮いた乳首が、これ以上ないくらいに勃起しているのを見て、さらに激しく腰を振ってみた。

まゆさんは、こんな風にされているのに、足を内股にしてギュッと力を入れながらモジモジしている。まるで、クリトリスに刺激を与えようとしているようだ。

俺は、そんなまゆさんの貪欲な姿を見て一気に限界が来てしまう。
「イクぞっ! 一滴もこぼすなよ!」
俺はそう言いながら、まゆさんの喉奥に射精をした。
『ううっー!』
まゆさんは、うめきながらも俺のザーメンを受け止め、なんとか吐くのはこらえた。

俺がペニスを抜くと、まゆさんの口の周りはよだれやよくわからない粘液みたいなものでドロドロになっていた。それでも、口の中のものをこぼさないようにしながら、怯えた目で俺を見つめるまゆさん。
「よし、口の中の見せてみろ」
なるべく冷たい口調で言う俺。まゆさんは、うなずいた後、口を大きく開け始めた。まゆさんの口の中は、出した俺でも引くくらいの大量のザーメンがプールを作っていた。
「よし、飲み込め」
俺が命令すると、まゆさんは怯えた目のまま飲み込んだ。飲み込みながら、身体をブルブルっと震わせたまゆさんは、怯えた顔から発情した牝のような顔に変わっていた。若妻が、自宅で旦那さん以外の男のザーメンを飲み込んでイク姿……。ゾクゾクしてしまう。

俺は、イッたばかりでも全く興奮が収まらず、まゆさんを強引に四つん這いにする。
『も、もう許して……』
震える声で言うまゆさん。でも、スカートがまくれ上がり、ショーツが丸見えになっていて、俺の興奮はより強くなる。俺は、そのままショーツに手をかけて、一気に引きずり下ろすようにした。
あらわになった真っ白なお尻。そして、真っ赤に充血したように開いたアソコ。そこは、したたるほど濡れていて、ふともものあたりまで光っている。

俺は、荒々しくまゆさんの腰のあたりを掴んで、まゆさんの粘液でドロドロのペニスを突き立てた。
『イヤァー! ダメっ! 抜いてっ、お願いっ!』
泣き叫ぶまゆさん。でも、まゆさんの膣は、俺のペニスをへし折りそうなほど強烈に締め付けてくる。
「なに言ってるんだよ、こんなに濡らしてw ホント、ド淫乱だな!」
俺は、非道い言葉を言いながら腰を振り始めた。
『うぅっ、あぁっ! ダメっ、抜いてっ! 赤ちゃん出来ちゃうっ! イヤァー!』
まゆさんは、必死の口調で叫ぶ。でも、叫ぶだけで逃れようとする気配もない。
「旦那にしてもらえてないんだろ? こんなに欲求不満溜めてw 俺が旦那の代わりに孕ませてやるよ!」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2016/12/07 22:41 ] 万引きしてる若妻さんは、お隣さんだった | TB(-) | CM(-)

後輩の嫁と不倫関係になり、あなたと呼ばれるようになってしまった

彼女の目的がなんなのか…なんとなくの想像が現実となったわけです。
彼女は私の後輩の奥さん。

奥さんと後輩はスポーツクラブで出会ったようですが、その時彼女はDV環境(旦那さんから暴力を受けていて愛などない家庭)の方で、独身の後輩と出会ったのです。
[ 2016/12/07 22:00 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

女の子同士で酔っ払って、成人映画館に行ったら

私は28歳のバツイチです。
先週の土曜日、親友の麻紀ちゃん(26歳)と二人でビアガーデンに行きました。
美味しい生を4、5杯も飲み、酔った勢いで、「成人映画を観てみたいな~」と都内の成人映画館に行きました。
[ 2016/12/07 20:06 ] 女同士での体験談 | TB(-) | CM(-)

スーパーで生姜焼きの作り方を買い物中の奥さんに聞いてみた結果

3ヶ月ほど前、一人暮らしを始めました。
引っ越したばかりの頃、安月給なので自炊する事にし近所のスーパーに買い物に行きました。
とりあえず米を買い、オカズはとにかく自分の好きなものを食べようと思い、生姜焼きを作る事にしました。
と言っても何を買っていいのか分からず、肉売り場の前で生姜焼き用の肉を探していたら、隣で肉を吟味している奥さんが居たので思い切ってどの肉を買ったらいいか聞いてみました。
[ 2016/12/07 17:10 ] 人妻や主婦との体験 | TB(-) | CM(-)

※バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3

前回の話

優美ちゃんは、完全に俺とのセックスにハマってしまったみたいで、なんでも言いなりになった。優美ちゃんの家庭を壊す気はないけど、優美ちゃんは、もうパパさんとのセックスでは物足りないと思ってしまっているようだ。

今日は大学が早めに終わったので、優美ちゃんのリクエスト通り、彼女の自宅を訪ねた。優美ちゃんの自宅は、結構大きめの一戸建てだ。渋谷区でこの規模の一戸建てだと、1億くらいするんじゃないのかな? と思う。

そんなセレブな家に、優美ちゃんは二回り近く年上のパパさんと二人暮らしだ。俺は、いつものように、宅配業者っぽい作業着を着て、彼女の家のインターフォンを鳴らした。
[ 2016/12/07 12:04 ] 人妻や主婦との体験 | TB(-) | CM(-)

夫の変わりに、夫の同僚達が二穴責めで慰めてくれました

4歳年上の夫は、まだ20歳の私を自慢したいのか、仲の良い同僚の佐藤さんと今井さんをよく家に連れてきて飲み会をします。
私も皆さんと一緒に飲んだりするのですが・・・。

「お前、こんなに若くてて可愛い嫁さんもらうなんて羨まし過ぎるぞ!」
「美沙ちゃん、こいつと別れたらオレのところに来いよ」

なんて言われて悪い気はしません。
[ 2016/12/06 22:00 ] 主婦や人妻の告白 | TB(-) | CM(-)

※年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と

毎年、家族4人で年末年始を長野のホテルですごしていて、今年も同じように過ごす予定だった。長野に嫁のおばあちゃんが住んでいることもあり、何となく恒例行事みたいになっていた。

ただ、今年はホテルを変えてみた。いつもは、駅に近い便利なリゾートホテルを利用していたけど、今回は軽井沢の駅からはちょっと遠い、秘境のリゾートみたいなところにした。


まだ息子二人が小学生なので、そっちの方が喜ぶかな? と思ったからだが、子供達は案の定大喜びだった。隣接した森みたいなところでツリークライミングや、馬に乗ったりも出来て、子供達は本当に喜んでいた。
[ 2016/12/06 20:10 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

乱交好きな夫婦ですが、かれこれ1000人を超えました

私40歳、妻34歳。
結婚して10年の記念に、私たち夫婦の過去を記します。
もし登場人物に心当たりがあった方、それはあなたかもしれません。
私達の出会いは14年前、某素人投稿誌の投稿マニアの方々との乱交集会でした。
[ 2016/12/06 17:30 ] 複数でした体験談 | TB(-) | CM(-)

※妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2

前回の話

私は、ベッドで寝たフリを続けた。すると、シャワーを浴びた明美が戻ってきた。
『パパ、そろそろ起きないと。朝ですよ〜』
と、声をかける明美。私は、少し寝ぼけたフリをしながら、おはようと挨拶をした。私は、寝ぼけたフリで挨拶をしながらも、ドキドキしていた。ついさっき、明美はアントンのペニスを想像しながらオナニーをしていた。シャワーの音でごまかしながらだったが、はっきりと聞こえてしまった。
[ 2016/12/06 12:28 ] 寝取られ寝取り体験 | TB(-) | CM(-)

結婚して16年、幸せな毎日なのに出会い系で不倫をした私

私は37才のごくごく普通の主婦です。
優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。
結婚して16年・・主人とのSEXは今でも 週1ペース。
でも そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなくそれどころか濡れることさえ困難な状態です。
[ 2016/12/04 22:00 ] 主婦や人妻の告白 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
おすすめ動画
おすすめコミック
【DMMコミック】同人:人妻とNTR下見旅行 SP/PC
【DMMコミック】同人:風俗で働き始めた妻の初めての客は…SP/PC